top  >  各賞発表  >  【今年は第1期は好調でもその後伸び悩む物件が多かった】2016年販売部門②

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)

【今年は第1期は好調でもその後伸び悩む物件が多かった】2016年販売部門②
2016-12-25

2016年販売部門の続きとなります。

【銀賞】はザ・ガーデンズ東京王子ブリリアタワー上野池之端グレーシアタワー二俣川の大規模3物件となります。

※年間の販売戸数で言えばパークタワー新川崎パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンタワーズウエストも同水準ですが、パークタワー新川崎は本年度に分譲開始された物件ではありませんし、パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンは昨年にイーストを分譲しているため本年は選考対象から除いています。

ザ・ガーデンズ東京王子とグレーシアタワー二俣川は第1期は即日完売でこそありませんでしたが、315戸・380戸というこのマンションの売れ行きの悪い2016年において出色の数字を記録しており、本年のマンション業界における話題性・存在感という意味でも際立つ存在でした。
グレーシアタワー二俣川は事業協力者住戸を除いた全分譲住戸が400戸でしたのであっという間に完売していればこちらが金賞だったと思うのですが、第1期開始直前に相鉄の直通運転の延期が発表されたことでその後の販売に水を差された格好となりました(デベロッパーが相鉄不動産なのでそうなるのを分かっていた上での直前の発表だったのだと思いますが)。

一方、ブリリアタワー上野池之端の第1期1次は187戸と思いの外インパクトがありませんでしたが、即日完売させましたし、6月の第1期以来約半年間で全分譲戸数327分の316戸を供給していますので、このぐらいの評価をして良いでしょう。
こちらもグレーシアタワー同様にもっと早く完売するかと思いましたが、市況の冷え込みの影響もモロに受けた感がありますね。西向き(不忍池とは反対側)住戸の価格設定はかなり現実的(絶妙)でしたし、デザイン性が非常に高い共用部などを考えると少々意外ですらありました。柱の食い込みの目立つ間取りの影響もあるのかねぇ・・・。

【銅賞】は、インプレスト文京東大前ブリリア品川戸越耀邸グリーンホームズ南葛西Ⅵプラウド大泉学園の4物件です。前の3物件は第1期を即日完売、プラウド大泉学園は即日完売でこそないものの総戸数26戸を全戸一括供給させたことが受賞理由となります。
中でもブリリア品川戸越耀邸は事業協力者住戸が15戸あったために総分譲戸数はたった25戸ではありましたが、全戸一括供給した上で即日完売させている唯一の物件ということになると思います(たぶん)。
平均1.8倍、最高4倍と倍率的には大したことはないのですが、「耀邸」という名の通り共用部も専有部も「光(照明)」に拘った物件で小規模物件なりにその企画にも見所がありました。

また、インプレスト文京東大前の第1期は40分の20戸と戸数自体は大したことはありませんでしたが、平均2.3倍・最高12倍という本年では出色の数字を記録しています。8月にこの素晴らしい数字の第1期を行いながらも未だ完売していない状況が不可思議ですらあるのですが、20戸で平均2.3倍、つまり20戸に対して46組の登録が入り、その中に少なくとも12倍があるということから一部の住戸にかなり偏ってしまったということなのでしょうね。人気がバラけてさえいれば1期の供給が総戸数の5割、かつ、平均倍率が2倍超なら直ぐに全戸完売するはずです。この地(学区)であれば40㎡台の1LDKなどは作らずにもっとゆとりある専有面積にしていればあっという間に完売していたのかもしれません。
敷地形状を活かした奥行のあるエントランスアプローチは絶品でした。

そして、グリーンホームズ南葛西Ⅵ(総分譲戸数77戸)の第1期は40戸で平均1.125倍・最高2倍であり、数字的には受賞するような物件ではないのですが、エリア内には同時期分譲となる競合物件も多い中、地場デベロッパーとして価格に値ごろ感を出し、早期にそれなりの数の販売につなげた姿勢は評価するに値するものと考えました。
デベロッパーはトヨダ地所さんです。

最後、全戸一括供給となったプラウド大泉学園は総戸数26戸という小スケールの好立地物件なので、野村さんならば当然の結果という感じではあるのですが、市況の冷え込みで野村プラウドとは言え苦戦している物件も少なくない中、この物件は好立地のわりに現実的なお値段設定としており、その販売戦略も全戸一括供給に繋がったと見ています。
この物件は野村さんとしては結構珍しい完成売りということになりますし、人件費等を最小限にして早期に捌いてしまおうという意図もあったのかもしれません。スミフさんなどとは対極にある好感の持てる販売戦略ですね。

なお、首都圏の物件ではないので対象外ではあるのですが、全国的に見れば本年のNo.1はリバーガーデン福島木漏れ日の丘でしょうね。上半期に全国No.1となる340戸を供給、その後も2街区の第1期で100戸を即日完売させるなど好調を保っています。近畿圏は首都圏に比べ契約率も高水準で推移している影響もあるかと思いますが、うめきたの再開発の恩恵を受けることも出来そうな距離感ながら非常に目に優しい良心的な価格設定に加え、緑豊かな広大なガーデンも素晴らしいと感じる物件です。

【金賞は都下の個性的なあの物件】2016年管理費部門① | topページへ戻る | 【今年の金賞は小ぶりな物件】2016年販売部門①

このページのtopに戻る

コメント:

プラウド国立マークスも小規模で野村不動産らしく早期完売してました。ここもモモレジさん入れてくれるかなぁーと思ってましたが予想が外れました(笑)都下部門では間違いなく金賞です。

コメントの編集

Re: タイトルなし

いつもコメント有難うございます!

私のことをよくお分かりで(笑)
プラウド国立マークスは入れようかどうかかなり迷いました・・・。
スケールこそありませんが、立地は素晴らしいですし、エントランス前の設えにも見応えのある物件でしたよね。

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る