top  >  各賞発表  >  【金賞は東建とスミフの2物件】2016年デザイン部門①

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

【金賞は東建とスミフの2物件】2016年デザイン部門①
2016-12-28

本日は2016年デザイン部門の発表となります。
(※念のため再度言いますが、モモレジの独断と偏見のみで受賞物件を決めております(笑)。対象となる物件は2016年において(おそらく)第1期を行った物件で、モモレジが知っている物件です(汗)。)

今年はスムログでデザインをテーマに定期的に投稿をさせていただいておりますし、以前よりはマンションのデザインに興味を持ってくれる方が増えていたらいいな~と思っています。

マンションは立地が全てなどと仰る方も中にはいますが、断じてそのようなことはありません。ご自身で住む場合にデザインが全く気にならないのであればそれはそれで問題ないかと思いますが、デザインを気にする方が一定数存在している以上はリセールや賃貸に出す場合にも少なからず影響するのは当然のことですね。
デザインが築年数をカバーする、つまり、デザインが普遍的かつ優れていることで実際の築年数よりも新しく見えるということも往々にしてありますので、たくさんのマンションを見ることでそういった目を養うことも大切かと思います。

さて・・・、今年も昨年同様かなり悩みました・・・。
悩んだ末に各賞共に物件数が少々多くなっていますが、ご了承下さい。

昨年同様でやはり高額物件は多少厳しめの評価とした上で選考しております。。。

【金賞】(順不同)
ブリリアタワー上野池之端
シティテラス横濱長津田

【銀賞】(順不同)
ディアナコート美しが丘
ディアナコート浜田山

【銅賞】(順不同)
プレイスヴィラ喜多見
パークホームズ吉祥寺北グランヴィラ

【金賞】はブリリアタワー上野池之端シティテラス横濱長津田の2物件です。この2物件は甲乙つけ難かったので2つを金賞としたまでで特段共通点があるわけではありません。

しいて言うならば、どちらもガラス面と豊かな植栽との調和が取れており、普遍的な美しさを感じるというところが共通しているでしょうか。

ブリリアタワー上野池之端は総戸数361戸とタワマンとしてはそこまでスケールのある物件ではないですし、不忍池の絶景が望める貴重なポジションということを考えればデザイン面でそこまで頑張る必要はなかったとも言えるのですが、理由はどうあれ不忍池を望む複数のタワマンの中でもNo.1と言える秀でたデザインになっていると思います。

2層吹抜のガラス面の大きなエントランスホール、約3,000㎡の敷地面積の約65%を空地にすることで実現した敷地北側の水盤のある大きなガーデンスクエア(公開空地)、深みのあるブルー(ロイヤルブルー???)のカーペットを用いたスカイラウンジ、明るめのトーンで高級感のある内廊下、と全てにおいてセンスが良く、かつ、この地に似合う普遍的なデザインになっているのではないでしょうか。

シティテラス横濱長津田は言わずと知れたスミフさんの大規模物件シティテラスシリーズの1つであり、シティテラスシリーズは「スケール×ガラスウォール(基本的にはガラス手摺)」という組み合わせで他社物件とは異なる迫力と透明感を最大限に引き出すのが基本戦略なのですが、この物件はそこにさらなるプラスαを加えたことで唯一無二と言える素晴らしいデザインになっていると思います。

上層部はガラスウォールやガラスマリオンが透明感を醸しだしていますが、その一方で中低層部にオリーブグリーンの窓枠と天然石を豊富にあしらったことで深みと重厚感がプラスされており、非常に個性的で高級感のあるデザインになっています。

スミフさんの物件は他社に比べ植栽の密度が少ないことが少なくないですが、当物件はエントランス前の豊かな緑に加え、敷地周囲の緑も豊富ですし、シティテラス随一と言って良いパフォーマンスではないでしょうか。
横浜市市街地環境設計制度の適用を受け、住環境や景観に配慮したからこそこのような質の高いものが実現した可能性が高いですね。

次の記事に続きます。

【銀賞は「ディアナ」、銅賞は「ヴィラ」】2016年デザイン部門② | topページへ戻る | 【いずれの物件の間取りも本当に美しい】2016年間取り部門②

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る