top  >  【新築】渋谷/目黒  >  【この専有面積でL字バルコニー×L字キッチン】ルジェンテ目黒5階40平米5,030万円【坪単価417万円】

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)

【この専有面積でL字バルコニー×L字キッチン】ルジェンテ目黒5階40平米5,030万円【坪単価417万円】
2017-01-03

続けて、ルジェンテ目黒。

設計は小野田建築設計事務所、施工は松尾工務店で今秋竣工済の完成売りとなります。
ルジェンテシリーズは完成売りが基本戦略であり、ここも例外ではありません。

小規模物件ですので、そこまで特徴のあるデザインが採用されているわけではありませんが、前回の記事でも述べたように小規模物件のわりにはバルコニーがしっかりと確保されているプランも少なくない物件で、そのバルコニーのガラス手摺と外壁タイルのコントラストが美しく感じますね。

全戸角住戸で全方位に住戸を設けている分、どちらの方角から見てもそれなりの外観デザインにはなっています(全戸南向きの物件の北側は共用廊下(外廊下)で殺風景なデザインとなるケースも少なくない)。

当物件は全方位に住戸を設けたことで無理なく内廊下設計と出来ていますし、ルジェンテシリーズの中でも一位二位を争うぐらい高級感を意識した物件とも言えるでしょう。

内廊下を採用しているにもかかわらず管理費は279円/㎡とリーズナブルな水準と出来ているのも好材料ですね。空調のみで冷暖房はないということなのだと思いますが。

前回のルジェンテ目黒

公式ホームページ
IMG_9682[1]
お部屋は40㎡にわずかに満たない1LDK、南東角住戸です。この階だとまだ前建の影響が幾分ありそうですが、日照は問題ないですし、前回の南西角住戸同様に目黒通りの喧噪の影響を受けないなかなか贅沢なポジションということになります。

ちなみに、当物件は全戸角住戸で約半数の住戸は目黒通り側を向いているのでそちらのプランを紹介しようかと思ったのですが、このプランがかなり特長的だったのでこちらをご紹介することにしました。

このプランはやはり前回の記事で書いたようにわずかに40㎡に満たないという点は非常に残念に感じてしまうのですが、この専有面積のプランとしては非常に珍しいワイドスパンを実現し、かつ、L字の大きなバルコニーが採用されているのが凄いです。

流石に南面に奥行を持たせることは難しかったようですが、南面条件(日照条件)の良いこのポジションの「ワイドスパン×ワイドバルコニー」とは本当に贅沢過ぎる設計と言えます。
似たポジションにある近隣のリビオ目黒ザ・プレイスは全戸南向きという設計でしたが、こちらは全方位に住戸を設けたことで南向き住戸がワイドスパンと出来ており、このプランの希少性に拍車をかけているというわけです。

柱の食い込みをもう少しなんとかして欲しかった感はありますが、玄関廊下も上手にコンパクトに纏まったプランですし、間取り重視派・都心でも日照重視派の方必見のプランであるのは間違いないでしょう。

やはりスパンのわりに地味な開口部と際だった梁の存在感は残念ではあるのですが、L字形のオープンキッチンは空間的な広がりを生み出してくれていますし、希少性の高いプランですね。

坪単価は417万円。近い面積帯の北側住戸に比べ5%程度高い設定となっているようです。グロスでは5,000万円を越えますしけしてお安い水準ではありませんが、贅沢なポジション、かつ、希少性の高いプランであることを考えると納得できる水準でしょう。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんが、食洗機、キッチン天板の天然石仕様(Bタイプは袖壁及び洗面台天板も天然石)、ミストサウナ、トイレ手洗い器など、特別な高級感のあるものは見当たらないものの違和感のないものにはなっています。
これら以外に良水工房も採用されていますね。

駐車場は、全6台で身障者用1台を除いた5台が機械式です。

【意匠に限れば竹中の年か】2017年ちょっと気になるマンション【野村不動産編】 | topページへ戻る | 【全戸角住戸×全戸ワイドスパン】ルジェンテ目黒6階59平米6,930万円【坪単価390万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る