top  >  【新築】品川/大田  >  【とにかく稀なプラン】エステムプラザ蒲田タカラブネ6階55平米5,380万円【坪単価322万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【とにかく稀なプラン】エステムプラザ蒲田タカラブネ6階55平米5,380万円【坪単価322万円】
2017-01-05

エステムプラザ蒲田タカラブネ。

蒲田駅徒歩8分、蓮沼駅徒歩9分、京急蒲田駅徒歩18分の7階建総戸数63戸のレジデンスです。

日商エステムのエステムプラザシリーズを紹介するのはエステムプラザ芝公園以来でしょうか。エステムプラザ芝公園もそうであったようにこのシリーズは基本的に「投資マンション」ではあるのですが、上層階にはいわゆるワンルームタイプではない1LDK~2LDKがあることも少なくありませんし、日商エステムさんは投資マンションデベロッパーの中では間取りに気を使っている印象がありますね。

当物件は駅近というわけではありませんが、徒歩10分圏内で2駅、しかも最寄駅が蒲田駅というのはかなり利便性が高いと言えますし、蒲田駅の利便性を享受しながらもかなり落ち着いた住宅街の中にある物件というのはかなり珍しく、希少性があると言えるでしょう。

実際、蒲田駅の北西側は多摩堤通り沿いにはそこそこマンションがありますが、そこから北側に行くと戸建・アパート中心のエリアとなってしまうのでマンションは少なく、まして、このぐらいのスケールのある物件となると本当に珍しいですね。

設計・施工は福子工務店で今夏竣工の完成売りとなります。
デザイン監修はインターデザインを起用し、どちらかというと地味な色味の外観ではあるのですが、山水画を意識したというモノトーングラデーションを採用し、4色のタイルを用いているのでそれなりに味わい深いものとなるでしょう。

ところで・・・この物件はなぜにマンション名に「TAKARABUNE」ってついているの???
形が船っぽいからなの???

公式ホームページ
IMG_9685[1]
お部屋は55㎡の2DK、北向き中住戸です。周囲は前述の通り戸建等の低層住宅が中心となるので抜群の視界抜けが享受できるポジションとなります。北向きですが、7階建の6階でかなり奥行のあるルーバルがあるプランなのでルーバルに出れば太陽を浴びることが出来ますね。

さて、この物件は前述のように立地にも結構特徴があるのですが、この物件を取り上げようと思った最大の理由はこのプランです。

専有面積55㎡に対してルーバルが73㎡と見ての通りルーバルの方が大きいのも凄いと思うのですが、それ以上に凄いと思うのが、廊下の全面に施された開口部ですね。ルーバルなので建築基準法上の関係で足元のサッシの立ち上がりは床上10~20cmほどにはなりますが、北側全面に掃き出し窓のようなサッシ高のある開口部が採用されているのが凄すぎるプランです。

55㎡あれば通常は2LDKとすることが可能なはずで、このプランは「LDK」と呼べるような広さのある空間が設計出来ていないのは非常に残念ではあるのですが、この開放感の高い廊下はちょっと凄いなと。

まぁ、南向きでないのでこの廊下周りは縁側のように和める空間とはならず冬場は寒そうではあるのですが、本当に個性的なプランですね。

坪単価は322万円。20㎡台の1Kタイプは物件内で特に条件の良いポジションでなくともこういった単価水準なので差はありませんが、40㎡台の1LDK+Sに比べると1割程度は単価高の設定となっており、物件内では貴重なプランとなることが価格にそのまま反映されているということにはなるでしょう。
ただ、73㎡のルーバルがあるので、そのルーバルの使い道に自信のある方なら・・・。

設備仕様面は、ワンルーム中心の投資マンションですのでディスポーザーはありませんし、食洗機や水回りの天然石天板仕様なども当然ながら存在していません。ただ、このプランのトイレは手洗い器がついており、いわゆる実需の分譲マンションに多少なりとも近づけようとする意図はあるようです。

管理費は392円/㎡。ディスポーザーはないものの一応内廊下(ホテルライクが謳われていますが、いわゆるカーペット敷のものではなく単に外気から閉ざされているだけという印象)ですし、20㎡台中心、最大でも50㎡台の総戸数63戸ながらコンシェルジュサービスが採用されているだけあって高いですね。
駐車場は全5台でいずれも平置となります。

【かなり優秀な63㎡】クオス新川崎夢見ヶ崎公園2階63平米3,990万円【坪単価208万円】 | topページへ戻る | 【際どい立地だからこその末長!凄い間取りが盛りだくさん】2017年ちょっと気になるマンション【末長組編】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る