top  >  【新築】世田谷/杉並  >  【スミフ物件ながら普通の価格設定】シティテラス荻窪2階70平米6,498万円【坪単価307万円】

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)

【スミフ物件ながら普通の価格設定】シティテラス荻窪2階70平米6,498万円【坪単価307万円】
2017-01-02

続けて、シティテラス荻窪。

設計・施工は長谷工ですが、当然に二重床が採用されていますし、打ちっ放しとガラス手摺を多用したお馴染みのスミフ感漂う外観デザインとなっています。
同じ杉並区のシティテラス杉並方南町ほど個性的なデザインではなく敷地面積16,000㎡弱の総戸数225戸という数字からすると想定していたよりも特徴がない印象もなくはないのですが、エアーズコートとブリーズコートは敷地が公道で分断されており、1物件あたりの戸数は100戸・125戸に過ぎないので致し方ないところではあるでしょうね。

特段の共用施設などは設けられておりませんが、どちらの棟にも2層吹抜のエントランスが施されており、それなりの高級感の感じられる物件にはなっています。

また、環境創造型プロジェクトを謳っているだけあって豊かな緑が印象的な物件でもあります。
エアーズコートの敷地は正方形に近いもの、ブリーズコートの敷地は南北に長いものとなっているので、純粋な南向き住戸(他の棟により南側を塞がれない南向きという意味)は少ないのですが、敷地内向きの南向き住棟の南側には必ずプライベートガーデンを設計したことで前の棟との距離を十分に確保しつつ気持ちのよい景色を実現出来ていますし、四方接道の敷地周囲に豊かな植栽、さらには一部の住棟の屋上緑化も行うことでスミフ物件の中でもかなり緑が充実した物件になっていると思います。

当物件のポジションは善福寺川緑地にもほど近いポジションですし、周囲には豊かな自然が広がっていることを考えると、敷地内は「逆にもう少し都会的」でも良かったような気もしますが、共用施設は最低限にして少しでも販売部分(住戸部分)の面積を確保しようということなのでしょう・・・。

前回のシティテラス荻窪

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2016-12-27_10-39-48_No-00[1]
お部屋はエアーズコートの70㎡の3LDK、南向き中住戸です。やはりⅢ棟の住戸でプライベートガーデンの先にはⅡ棟がありますが、前回の記事で書いたように十分な距離が確保されているので圧迫感等はありません。この住戸は南西角住戸の隣に位置しており、南西向きのⅠ棟の影響もあるため、Ⅲ棟の住戸の中では条件が悪い方にはなりますが、日照的にはほとんど影響のないポジションです。

ちなみに、杉並の第一種低層住居専用地域にあるシティテラス西荻窪もプライベートガーデンが施されていましたが、プライベートガーデンを中央にして東向き住戸と西向き住戸が向かい合う(お見合い)という非常に珍しいランドプランが採用されていました。ここは普通に南向きですし、Ⅱ棟の共用廊下側とお見合いとなる無難な形なので条件的にはかなり恵まれていると思います。

先日のクレヴィア調布国領レジデンスの記事でも書きましたが、敷地内向きの南向き住戸は視界条件や日照条件が「同一物件内だけで完結している」というメリットが少なからずあると思います。
まぁ、ここのように周囲が第一種低層住居専用地域の物件の場合は「外向き」でも影響を受けることは少ないですが、内向きであることできれいなプライベートガーデンに面することが出来ていますし、外向きよりもさらに静かな環境が享受できるというメリットもあるでしょう。

さて、間取りですが、基本的コンセプトは先ほどの角住戸と変わらないためほとんど語ることはないですね。

角住戸よりは5㎡程度小さくなりますが、先ほどの角住戸よりも柱の食い込みが少ない点は良いですし、居室畳数を合計して比較しても1.9畳(約3㎡)しか異ならないため、柱の影響も考えると(柱の食い込み部分は畳数にカウントされている)使い勝手は大差ないと言えそうです。

先ほどの角住戸はかなり収納が充実していましたので、流石にそこの差は生じていますが、このプランでも標準的な水準以上の収納が確保されていますし、バランス的にも優れたプランと言えるでしょう。
この物件は総戸数225戸のうちほとんどがこの70㎡前後の田の字プランで構成されていますので、ベストを尽くしたプランニングになっているのは当然とも言えますけどね。

坪単価は307万円。スミフ物件とは思えない単価ですね。敷地内向きで南西向きのⅠ棟の影響もあるポジションということで物件内でも単価安の設定とはなっているとは思いますが、そういった条件の悪い住戸さえも「価格に妥協しない」のがここ数年のスミフさんだったわけで(残戸が少なくなるまでそういった住戸は販売せずに、残戸数が少なくなってから数少ないことを売りに「普通の価格(条件の悪さが反映されていない)」で売る)、シティタワー品川パークフロントの南向き住戸(パークフロントではなく、前建の影響も大きい)と同じで明らかにここ数年の強気過ぎる販売方針からの変更を強いられているようです。

設備仕様面は、ディスポーザーに食洗機、ミストサウナ、キッチン天板の天然石仕様、トイレ手洗いカウンターと単価的に違和感のないものとなっています。バルコニーにはスロップシンクもありますね。

管理費は225円/㎡。外廊下ですがディスポーザー付ですし、それなりにスケールメリットが効いた標準的な水準と言えるでしょうか。
駐車場はエアーズコートが49台、ブリーズコートが61台で平置と機械式がおおよそ半々程度になるようです。また、それに加えそれぞれ2台ずつの来客用駐車場が用意されているのは良いですね。総戸数100戸クラスで2台の来客用駐車場が用意されている物件は多くありません。



【全戸角住戸×全戸ワイドスパン】ルジェンテ目黒6階59平米6,930万円【坪単価390万円】 | topページへ戻る | 【大分目に優しい価格になりました】シティテラス荻窪75平米8,298万円【坪単価365万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る