top  >  【新築】横浜/川崎  >  【全戸60㎡台中盤とは・・・】シティハウス武蔵小杉ガーデン1階64平米4,788万円【坪単価246万円】

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)

【全戸60㎡台中盤とは・・・】シティハウス武蔵小杉ガーデン1階64平米4,788万円【坪単価246万円】
2017-01-07

続けて、シティハウス武蔵小杉ガーデン。

設計・施工は住友不動産シスコンです。出ましたねシスコン!
シスコンについてはシティハウス中目黒ステーションコートの記事でも言及していますが、今後はシスコン施工のスミフ物件がどんどん増えていくのでしょうね。

当物件は総戸数33戸というスケールしかないですし、マンション名の「ガーデン」は基本的に市ノ坪緑道の緑を意味しており、敷地内に胸を張れるようなガーデンがあるわけではないのですが、総戸数33戸ながら2層吹抜のエントランスを実現しているのは大きな特長の1つと言えるでしょう。

面積的には総戸数33戸なりのこじんまりとした印象のあるものではあるのですが、緑道に面した気持ちの良いポジションですし、線路沿いであることを感じさせません。

また、打ちっ放しとレンガ調のタイルを仕様した外観デザインは近年のスミフさんの十八番と言えるものでたくさんのスミフ物件を見ている者からすると意外性こそありませんが、近隣の既存物件・他社物件にはないデザイン性の高いものと言って良いでしょう。
バルコニーの縦格子手摺も昨今のスミフ物件で見かけるタイプのものです。

前回のシティハウス武蔵小杉ガーデン

公式ホームページ
IMG_9687[1]
お部屋は64㎡の3LDK、東向き中住戸です。1階住戸ながら専用庭がないのは残念ではあるのですが、テラスの先は市ノ坪緑道ですし東方向及び南東方向から日照を得ることのできるポジションです。
中住戸であれば線路の影響はかなり小さくなるでしょうし、日照時間が短めなことを除けばかなり環境的な魅力の大きい住戸と言えそうですね。

間取り的には物件内で最も専有面積の小さい紛れもない狭小プランということになります。柱はほぼアウトフレーム化されている点には好感が持てますが、専有面積のわりには廊下が短いわけではなく、3LDKとしてはかなりギリギリという印象があります。

LDはなんとか10畳確保していますし、収納も専有面積のわりにはかなり充実させることが出来ているのは立派だと思うのですが、やはりLDは入口付近のデッドスペースが大きめですし、もう1~2畳ぐらいは欲しかったですね。印象的にも65㎡未満の3LDKはかなり小さい気がしてしまいますし、ここまで面積を絞りたいのは結局デベロッパーが単価高で売り切りたいだけのことですので、もう少し「購入者ライクな戦略」をとってしかるべきかなと。

そんなギリギリの3LDKではありますが、1階住戸ならではの床下収納があるのは良いですし、さらに玄関の下足スペースをかなり大きめの設計とし、無理なくベビーカー等を置けるような大きさにしている点は評価出来ますね。

坪単価は246万円。先ほどの上層階の南の角住戸が268万円であったことを考えるとやはり単価差が小さい印象があります。前述のように限界まで面積を絞って「グロス価格を下げつつも単価は下げない戦略」に他ならず、66~67㎡でこの価格(坪単価にすると240万円弱)を目指して欲しかったですね。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板などの高級感のある仕様もありませんが、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンターと単価・スケールなりの違和感のないものにはなっています。

管理費は274円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしにしては高めの水準という印象ですが、総戸数33戸でスケールメリットに欠けますし、インターネット料金を含んでのものなので許容範囲内ではあるでしょう。
駐車場は全14台で身障者用1台を含む2台が平置、残りの12台が機械式となります。

間取り総集編2016①(柱に特長のあるプラン編) | topページへ戻る | 【相変わらずの狭小プランだがL字バルコニーは意外】シティハウス武蔵小杉ガーデン6階68平米5,488万円【坪単価268万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る