top  >  【賃貸版】  >  【このスペースはどう使うべきなのか???】プライムメゾン白金台タワー3階26平米135,000円【坪賃料17,151円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【このスペースはどう使うべきなのか???】プライムメゾン白金台タワー3階26平米135,000円【坪賃料17,151円】
2017-01-12

もう1件、プライムメゾン白金台タワーで行きます。
当物件には私も初めてみるタイプの間取りが存在しており、間取り好きの方は必見です。

設計・施工は竹中工務店です。
エントランス周りの瀟洒な共用部には「さすが竹中」と感じる部分もあるのですが、全体的に開口部の制限された淡泊な外観デザイン、前回の記事で書いたような柱の食い込みが顕著なプランなどを見る限り、やはり賃貸グレードと言わざるを得ないですね。

20㎡台のワンルームタイプを中心とすることなく、30~80㎡台の幅で均等にプランニングした物件であればもう少し高級感のある物件に仕上げるという方向性もあったのではないかと思いますが、1LDK・2LDKが数えるほどしかない(賃料20万円を越える住戸が数えるほどしかない)このプランニングでは内廊下に高級感を望むのも難しいですし、仕方ないのでしょう。

前回の記事で書いたように、首都高沿いではありますがなかなか珍しい立地のタワーなので、高グレードの分譲マンションが見たかったという思いも少なからずありますね。
竹中が力を入れたらさぞかし素敵な物件になっていただろうに・・・。

前回のプライムメゾン白金台タワー

外観
IMG_9743[1]
お部屋は26㎡の1R、東向き中住戸です。東側は7階建のエスティメゾン白金台があるので、低層階は近い距離で視界を塞がれるポジションとなります。ただ、首都高などは反対側となるので、西向き住戸とは対照的な静かな環境を享受できるというメリットはあるでしょう。

さて、その初めてみる間取りがこちらです。
初めてみた時は私も「?」になりました・・・。

なんなんだこの広大な玄関下足スペースは・・・。
間取り図の誤りでもなんでもなく実際にこのスペースは框などもないフラットな下足スペースであり、最近の分譲マンションのプランでたまに見かけるような「土間」を意識した空間となるようです。

これだけの空間がありながらシューズボックスがかなり小さいのはいかがなものかと思いますし、洗濯機置場が設置されているのもある意味中途半端な印象がありますが(生活感が出てしまうので)、趣味のスペースなどとして使うことができるであろう面白い空間ではあるでしょう。

まぁ、この玄関前の空間にトイレや洗面所などを効率的に配置することが出来ていればベッドルームは10畳超だったでしょうし、冷静に考えて本当にこのようなプランを提案するメリットがあったのかどうかは疑問だったりもしますが、総戸数220戸の大半がこのぐらいの面積帯のプランですし、その中の1つにこういった風変わりな提案があるのは悪くないでしょう。

坪賃料は17,151円。立地はもちろんのこと、それなりのスケール感を有することでコンシェルジュサービスを導入出来た「高級賃貸タワーレジデンス」という位置付けなので視界抜けのない低層階でもかなり高額な水準となっています。視界抜けが得られ眺望的な魅力のある16階(17階以上は専有面積の広いプランで構成されている)でも坪賃料は19,000円程度であり、低層階と高層階の賃料差は大きくはありません(このような賃料設定となるのが普通であることから一般的に投資賃貸は低層が有利と言われているということです)。

ただ、竣工から半年以上経過しても未だかなりの数の空室があるようですし、全体的に少々割高な印象がありますね。
ワンルームで2人住まいはきついですし、13~15万円のワンルームのニーズって結構少ないのでは???
裕福かつ地方在住の親を持つ都内の大学に通う女子大生とかかね???

設備仕様は、ディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様などの高級感もないいわゆる賃貸仕様ですが、先ほどご紹介した一部の高額住戸にはビルトインエアコンが搭載されていたりと多少なりとも高級感を意識している部分が見られます。

【東京駅徒歩9分でこの賃料】京橋レジデンス2階43平米169,000円【坪賃料12,879円】 | topページへ戻る | 【分譲だったらどんなマンションになってたかなぁ】プライムメゾン白金台タワー23階80平米550,000円【坪賃料22,631円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る