top  >  【新築】東海・関西  >  【異例の階高!全戸全居室床下収納】ドルチェヴィータ荒本駅前71平米3,199万円【坪単価149万円】

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)

【異例の階高!全戸全居室床下収納】ドルチェヴィータ荒本駅前71平米3,199万円【坪単価149万円】
2017-01-15

ドルチェヴィータ荒本駅前。

荒本駅徒歩1分の13階建総戸数84戸のレジデンスです。
私も土地勘ゼロ(すみません・・・)の東大阪市の近鉄けいはんな線荒本駅徒歩1分という立地条件で普通であれば取り上げることはない物件なのですが、のっぴきならない特長のある物件ということで取り上げることにしました。

デベロッパーは当ブログ初登場となる大阪エリアでの分譲が中心の信和不動産でいわゆる中小デベ物件ということにはなるのですが、施工は自社グループの信和建設でありその設計・施工面でかなりの特長を有した物件になります。

当物件にはルネス工法、つまり、階高を十分に確保することで梁を床下空間に配置することで室内から凹凸を無くすと共に、全居室に床下収納を確保するという非常に贅沢なスケルトンインフィルが採用されています。

床下空間は高さ約60cm、つまり、床下と床スラブの間に約60cmもの空間があるいわゆる二重床ということになるので、遮音性においても一般的な物件よりも高いパフォーマンスを持っていることとなります。室内から梁を排除したことでハイサッシを実現出来ていますし、まさにいいとこ取りの工法なのです。

デメリットらしいデメリットのないこの工法なのですが、当然ながらコストが嵩むため採用される物件が少ないということになります(ダイフクルネスが特許を持っており加盟したゼネコンがこの工法を用いることができる)。居室天井高は約2.5m、床下空間は約60cm、さらにスラブ厚もありますので、階高は約3.3mはあると思われタワマンではない中低層物件でこの階高は出色の存在なのは言うまでもありません。
当物件は13階建ですが、普通の物件の3m弱程度の階高であれば15階建が普通に建ちますからね・・・。

関西圏はそもそも直床が主流なので、単なる二重床でも差別化要因の1つにはなるところここまで贅沢な3次元構造を採用しているのが本当に凄いなと。

公式ホームページ
IMG_9751[1]
お部屋は70㎡超の3LDK、南角住戸です。当物件は全戸南西向きなので日照は西日が中心になるのですが、角住戸である当プランだけは一日中日照を得ることの出来るプレミアムなポジションと言えます。南側は首都高がガッツリ隣接しており騒音には事欠きませんが、南側がそういった条件ゆえに日照が半永久的に保証されるという側面もあります。

間取り的には専有面積上は小ぶりなタイプで関西圏なのに随分こじんまりとしたプランを採用しているなぁという印象は拭えないのですが、むろん床下収納及びロフトは専有面積にカウントされておりませんので、実質面積は遥かに大きいと考えて良いでしょう。

前述のように特に床下収納は全居室に存在しており(ピンク色の部分)、尋常じゃない収納力があります(LDにも床下収納がありますが、しっかりと床暖房もついています)。ざっくりカウントして20畳分ぐらいは床下収納があると思われるので㎡換算すると32㎡ぐらいは収納があるということになりますね。

むろん高さは約60cmなので普通の収納と同列に扱うことは出来ませんが、凄いですよね。
ってか、そんなに収納するものあります(笑)???
これだけ床下収納があっても普通の収納も結構充実しているのがまた凄いなと・・・。

坪単価は149万円。この物件から北方向にちょっと行ったところにあるセントシティ東大阪が2008年分譲(リーマンショック前のプチバブルの高騰の影響が残っている時期)で平均坪単価約160万円だったようなので、床下収納を除いて考えてもまずまずの水準ではないでしょうか。床下収納を加味するとかなりリーズナブルな水準と言えるでしょうね。この南の角住戸は高速等の影響があるため他のプランよりも幾分控えめな単価設定となっているようです。

管理費は119円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですし、関西圏の物件ということでやはりとってもリーブナブルですね。
当物件は月額500円で利用できる屋上菜園が43区画もあるのも1つの特長ですね。首都高沿いというのが少し残念ではありますが・・・。

【関電の代表作!必見の高層部設計】シエリアタワー千里中央97平米7,770万円【坪単価266万円】 | topページへ戻る | 【下足スペース及びLDサッシに注目】シティインデックス神田13階54平米6,940万円【坪単価426万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る