top  >  【新築】東海・関西  >  【関電の代表作!必見の高層部設計】シエリアタワー千里中央97平米7,770万円【坪単価266万円】

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)

【関電の代表作!必見の高層部設計】シエリアタワー千里中央97平米7,770万円【坪単価266万円】
2017-01-16

シエリアタワー千里中央。

千里中央駅徒歩1分(北大阪急行線。モノレールは徒歩3分)の52階建総戸数552戸のタワーレジデンスです。、

あまり土地勘のないエリアの物件なので紹介しようかどうか迷った部分もあるのですが、この物件のパフォーマンスは本当に素晴らしく紹介せずにはいられませんでした。
関西圏の物件には興味がない方もぜひご覧いただきたい物件ですね。

同エリアではそこそこのスケール感のあるジオ千里中央ザ・レジデンスも分譲中で供給が一時的に多くなってはいますが、この物件は2009年築のザ・千里タワーに次ぐ千里中央駅では2本目の駅直結タワマンでそのザ・千里タワーをも上回る52階建総戸数552戸というスケールは当エリアのランドマークとして相応しい存在と言えるでしょう。
定期借地権物件(約70年)なのが少し残念ですけどね・・・。

デベロッパーは関電不動産開発と関西電力、つまり、事実上関電の単独PJとなるこちらの物件は昨年できた新ブランド「シエリア」の代表作の1つとなることが確実な物件です(販売代理に住商建物以下6社も起用しているあたりに若干の不安もありますが)。関電不動産はグランフロント大阪オーナーズタワーや阿波座ライズタワーズフラッグ46などJVでは数多くのタワマンにかかわってきましたが、新ブランドを立ち上げさらに不動産開発に力を注いで行く上での試金石となるのがこちらの物件と言っても過言ではないでしょう。
そのため、当然に質の高いものが提供されると踏んではいた反面、首都圏シエリア第1号物件となったシエリア湘南辻堂は総戸数352戸のわりには結構普通な印象もあり(エリア・価格的に仕方ないとは思いますが)、半信半疑な面もあったのですが、本当に見事な見所のある物件に仕上げてくれたと思います。

詳細は次の記事で述べますが、プレミアムフロア(42階以上)の共用施設も含めた設計面は必見です!

公式ホームページ
IMG_9759[1]
お部屋は97㎡の4LDK、南西角住戸です。15~29階のリーガルフロア(高層階のエグゼクティブ以下4段階あり下から2番目)のプランではありますが、中層階であっても南も西も視界抜けは抜群で、約70mの標高のある立地条件のタワーマンションからの眺めは階数以上の開放感があることでしょう。

間取り的には大阪市内、つまり都心部のタワマンでないということでさらに専有面積にゆとりを設けている印象があります。関西圏のタワマンはまだ首都圏(主に都内)ほどではないものの価格高騰の煽りを受けて首都圏同様に専有面積を絞る傾向(グロス価格を安くして売りやすくする)にありますが、この物件ではそのような傾向は見られず、全体的にゆとりを感じることのできるプランが多いですね。
※前出のザ・千里タワーは2007年頃から分譲され前回のプチバブルの影響を受けた高単価だったこともあり、この物件の方よりも平均専有面積が若干小さいみたいです。

ただ、間取りの詳細見ていくとタワマンの角住戸らしい専有部形状と玄関位置で廊下の長さ、廊下による面積消費が少々気になるプランになっています。
97㎡もあることを考えればこの程度の廊下の長さは共用範囲ではあると思うのですが、LD内の実質的な廊下部分も結構大きくなっている点には注意が必要でしょう。

事実上のLD空間がそこまで広くないことを考えると、リビングインの洋室2はLDと引き戸(ウォールドア)でつながった形が良かったのではないでしょうか。

また、LDのコーナーサッシのサッシ高は約2.1mとまずまずの水準である点は評価出来ますが、柱間隔が短めな分、タワマンのコーナーサッシにしては幅がいま一つなのがちょっと残念ですね。

その他、洗面所の入口が玄関に近くプライバシー面が今一つな反面、キッチンが2WAYとなっており動線面で優れているのは良いでしょう。

坪単価は266万円。真夏の西日が少々気になりますが、中層階とは言え日照及び眺望も抜群のポジションであるため全体平均の250万円ほどよりも高い値付けがなされています。前回のプチバブルの影響を受けたザ・千里タワーの平均坪単価270万円弱よりも1割程度は安価な価格設定ではありますが、その主な理由は当然ながら定期借地権物件だからでしょう。

定期借地権物件は所有権物件に比べ8~9割の単価水準となることが多く(地代の多寡にもよりますが個人的には8掛けぐらいが相当なのではないかと思っていますが現実問題そこまで安くなるケースはほとんどないですね・・・)、地代及び解体準備金の月額は194円/㎡とそこそこすることを考えるともう一声欲しかった感もあります。
ただ、現在のマンション相場は前回のプチバブル時の相場を遥かに超える高値で推移しており、この物件は8掛け(所有権で平均坪単価300万円)に近い水準という見方も出来るので、このご時世にしてはまずまずの水準なのかもしれません(関西圏の相場感にはあまり自信がないので話半分に聞いていただくぐらいが丁度良いかもしれません)。

【たくさんの窓付の内廊下×高層階は約9割が角住戸】シエリアタワー千里中央87平米7,000万円【坪単価267万円】 | topページへ戻る | 【異例の階高!全戸全居室床下収納】ドルチェヴィータ荒本駅前71平米3,199万円【坪単価149万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る