top  >  【新築】世田谷/杉並  >  【サンクレイドル初の世田谷物件】サンクレイドル学芸大学70平米8,298万円【坪単価391万円】

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)

【サンクレイドル初の世田谷物件】サンクレイドル学芸大学70平米8,298万円【坪単価391万円】
2017-02-21

サンクレイドル学芸大学。

学芸大学駅徒歩13分、駒沢大学駅徒歩16分の6階建総戸数30戸のレジデンスです。
厳密に言えば環七には面してはいないものの、ほぼ面していると言っても過言ではないポジションの物件となります。

近隣のプラウド学芸大学ぐらいのポジションであれば環七の影響は大分緩和されるでしょうが、隣接する野沢三丁目の交差点自体そこそこ交通量がありますし、環境面は期待しづらい立地かもしれません。

ただ、サンクレイドルシリーズとしてはこれまでにない立地の物件となるということで注目していた側面があるのも事実ですね。
サンクレイドルシリーズは23区内での分譲自体がそもそも少ないですし、あっても城北・城東エリアという感じで、この城西エリア(世田谷区。ちなみに環七の向かいは目黒区)での分譲は初めてとなると思います。

駅距離は少々ありますが徒歩圏ではありますし、価格帯なりの見所があるのか否かに注目したいですね。

公式ホームページ
IMG_9806[1]
お部屋は70㎡の3LDK、東角住戸です。敷地北東端に位置する住戸で野沢三丁目の交差点側ではあるものの環七からは最も奥まった位置にあり、開口部が環七方向を向いているわけではないのでそこまで影響はなさそうです。南東側道路の向かいは戸建中心なので低層階でも日照が得られるポジションとなります。

間取り的には最上階にあるルーバルプランの次に大きな面積が確保されており、環七との距離感・向きに配慮したプランニングを意識しているのは間違いないでしょう。環七に最も近いポジション、かつ、環七向き(南西)にも開口部のある南角住戸は、日照面から言え場最も優れていると言えますが、54㎡の2LDKとなっており、こちらよりもコンパクト設計となっています。

こちらも物件内では大きめとは言え、70㎡の3LDKですのでゆとりがあるとは言えませんが、玄関はクランクインでプライバシー面への配慮があるもののほぼ一直線となっており、そういった部分での面積消費は少なく全体として効率的なものと言えます。

柱の食い込みも少ないプランなので、専有面積のわりに有効面積はかなり大きく確保出来ているはずです。
専有面積に占める居室畳数割合は71.8%((12.0畳+2.9畳+6.2畳+5.5畳+4.5畳)×1.62㎡【※】÷70.21㎡)と田の字ベースの中住戸などと比べると少し低い水準にはなりますが、角住戸としては高めの水準ですし上々のものと言って良いでしょう。収納も標準的な水準は確保出来ていると思います。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

LDが角位置にない(二面採光ではない)のは少し残念だったりもしますが、隣接する洋室3の引き戸はかなり大きめに開け放てるタイプのものですのでLDと一体化して2LDK的に使うことも可能でしょうし、南東面の連窓サッシもなかなか良いですね。

坪単価は391万円。近隣物件は2013年のプラウド学芸大学が平均坪単価約335万円、2014年のザ・パークハウス学芸大学四季の杜が平均坪単価約365万円という水準であり、2013~2014年当時よりも相場は上昇しているとは言え、ブランド感や環七との距離感などを考えると少々高い印象があるのは否めません。まぁ、現状は近隣に目立ったライバル物件があるわけではないですし、次々と物件が供給されるようなエリアではないのでこういった価格帯になっているのかもしれませんが、同じぐらいの駅距離の碑文谷物件と大きな差のない価格設定というのはどうかなと・・・。

【結構駐車場があります】サンクレイドル学芸大学54平米5,948万円【坪単価366万円】 | topページへ戻る | 【フラット設計×玄関に洗濯機置場】ザ・パークワンズ品川戸越11階25平米2,820万円【坪単価373万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る