top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【69~77㎡は多くが2LDK】プラウド芝公園3階69平米9,540万円【坪単価455万円】

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)

【69~77㎡は多くが2LDK】プラウド芝公園3階69平米9,540万円【坪単価455万円】
2017-02-01

続けて、プラウド芝公園。

設計・施工は木内建設です。
総戸数51戸ということで小ぶりな物件の印象があるかもしれませんが、最低でも69㎡を確保した物件ですので、数字以上のスケール感があります。

敷地面積は1,000㎡ちょっとにはなりますが、南面道路からエントランスまで距離を設けたことで奥行のあるエントランスアプローチが実現出来ていますし、敷地北側に施されるプライベートガーデンもそれなりのスケールがあってこそのものです(完全に住棟の背後という位置になるので日照は皆無でエントランスラウンジからの借景を楽しむ程度にはなるかと思いますが・・・)。

また、当物件の大きな特長の1つがいわゆる2戸1エレベーターですね。総戸数51戸で2基のエレベーターを採用し、共用廊下を2つに分断したので、1フロア4戸中(最上階除く)2戸が角住戸、それ以外の2戸も両面バルコニー住戸とすることが出来ています。

全戸南向きの物件ですので、共用廊下は外廊下となっていても何らおかしくなかったとは思いますが、当初はこの価格よりもさらに高額となる予定だったようですし、価格帯なりの高級感を意識した設計にはなっているということでしょう。
ちなみに、内廊下は冷暖房が完備されていることをしっかりアピールしています。スケール感に欠ける物件だと余程の高額物件でない限りランニングコストを考慮し冷暖房を完備しているケースは少ないですから(空調のみ)、完備している物件はここのようにしっかりとアピールすべきでしょうね。

前回のプラウド芝公園

公式ホームページ
IMG_9830[1]
お部屋は70㎡弱の2LDK、南向き中住戸です。敷地南側は前述のように道路まである程度距離が設けられていますし、道路の向かいもそれほど高い建物があるわけではないので低層階でも日照は得られるでしょう。

間取り的には、先ほどの角住戸ほどではないもののやはり近年のマンションでは珍しいゆとりある2LDKということになります。前述のように2戸1エレベーター×内廊下設計を採用したことで中住戸ながら両面バルコニーが実現した物件です。

せっかく両面バルコニーにしたわりにはバルコニーもベッドルーム1の開口部も小さいのが玉に瑕ですが、眼下には前述のプライベートガーデンが望めますし、理にかなったプランニングではあるでしょうね。

また、単に内廊下にしただけでなく玄関位置がしっかりと深くなるような位置にまで共用廊下が設計されているのが素晴らしいですね。
そのおかげで玄関廊下は非常にコンパクトに纏めることが出来ており、無駄な面積が非常に少ないプランです。

先ほどの南西角と比べると南面の開口部が地味なプランではありますが、居室畳数に大差はないですし、7㎡近い面積差があるとは思えないですね・・・。

このプランでも専有面積に占める居室畳数割合は70.6%((12.7畳+3.3畳+7.2畳+7.0畳)×1.62㎡【※】÷69.3㎡)と水準的にはごくごく一般的というか中住戸としてはむしろ低いぐらいではあるんですけれどもね。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

ウォークスルークローゼットは人が通り抜けるスペースが必要な分、収納力はあるとは言えませんが、あることで回遊動線が生まれますし空間を広く感じることが出来るはずです。

坪単価は455万円。低層階ではありますが、南面条件は悪くないので先ほどの角住戸と大差のない水準となっています。やはり2LDKとしてはかなり広いプランとなるのでグロスは十分に立派ではありますが・・・。

管理費は349円/㎡。2戸1エレベーター、内廊下、かつ、ディスポーザー付でこの単価であれば悪くないでしょう。平均専有面積が大きく戸数以上のスケール感があるがゆえであり、納得の水準です。

駐車場は全19台で身障者用1台(平置)を除き機械式となります。

【新ブランド「グラン」に注目!】ヴェレーナグラン鎌倉大船2階98平米5,980万円【坪単価202万円】 | topページへ戻る | 【地味かもしれませんが実は貴重な属性の物件】プラウド芝公園6階76平米10,770万円【坪単価466万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る