top  >  【新築】品川/大田  >  【長谷工タワマンでは貴重な間取りと高いデザイン性】品川イーストシティタワー10階67平米6,880万円(予定)【坪単価約337万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【長谷工タワマンでは貴重な間取りと高いデザイン性】品川イーストシティタワー10階67平米6,880万円(予定)【坪単価約337万円】
2017-02-04

続けて、品川イーストシティタワー。

設計・施工は長谷工ですが、タワーですし当然に二重床が採用されています(関西圏はタワーでも直床多いけどもね)。シティテラスの方も同じ長谷工で二重床ですし当然ですね。

さて、長谷工設計・施工のタワーというと先日のプライムパークス品川シーサイドザ・タワーの記事で詳しく書いたような特徴を持っているケースが多いのですが、この物件はスミフさんの物件ですので長谷工感は薄いものとなっています。

タワーなのにスミフさんお得意のダイレクトウィンドウが採用されておらずフルバルコニーとなっているあたりは長谷工感なのか?とも思ったりもするのですが、最上階の一面(バルコニーの外側)にガラスウォールを配置したことでかなり見映えのするデザインとなっていますし、スミフさんの近年のタワマンは東京ベイシティタワーしかりシティタワー武蔵小杉しかりでダイレクトウィンドウを多用した「外壁の目立つ構造だと吹きつけが少々悲しい」感じに映るので、フルバルコニーデザインはむしろ良いと言う見方も出来ます。

当物件のサッシはタワマンとしては多くなく、かつ、シティテラス品川イーストとは異なる黒縁のサッシが採用されており、その締まった色味も外観デザインに好影響を与えてくれていると思いますね。

タワーはシティテラスとはことなり内廊下設計ですし、前回の記事で書いたようにシティテラス品川イーストの駅徒歩3分のエントランスからずっと1階部分の共用廊下(内廊下)を歩いてタワー内まで入れるというのもラグジュアリー感があって良いでしょうね。雨の日は駅徒歩3分ながら屋根のないペデストリアンデッキのプライムパークス品川シーサイドとあんまり変わらないとも言えなくもない・・・。

共用施設はタワーには20階にスカイラウンジ、2階にゲストルームがあるだけですが、シティテラスにはパーティールーム、フィットネスルーム、キッズルーム、があり、相互利用が可能なので合わせると大規模物件らしいそれなりの共用施設となります。シティテラス居住者にとってもタワーのラウンジ及びゲストルームは非常に意味のあるものでしょう。

タワーの管理費は348円/㎡とかなり高額ですが、コンシェルジュサービスや各階ゴミ置場もありますのでこのぐらいの水準になるのは珍しいことではないですね。

前回の品川イーストシティタワー

公式ホームページ
IMG_9896[1]
お部屋は67㎡の3LDK、西向き中住戸です。全戸西向きのシティテラス品川イーストがそうであるように京浜運河沿いで前建までの距離が十分に確保され、低層階でも天王洲アイル駅周辺の美しい水辺ビューが望めるポジションとなります。

間取り的には当物件はフルバルコニー設計なので前述のシティタワー武蔵小杉や東京ベイシティタワーのようなダイレクトウィンドウこそありませんが、フルバルコニー、かつ、柱もほぼアウトフレーム化したことで専有面積以上の使い勝手のあるプランと言って良いでしょう。

専有面積のわりには結構豊かな廊下を確保しているので居室畳数は確保しづらいはずなのですが、LDはギリギリでも10畳確保出来ていますし(入口付近のデッドスペースもない)、洋室2の引き戸を開けるとLDと一体感が非常に高いプランニングとなっている点も大きく評価できる点です。

シティテラス品川イーストの全戸で採用されている奥行のあるテラスバルコニーほどではありませんが、最大2mの奥行が確保された大きなバルコニーも空間的な広がりを生み出してくれるでしょうし、70㎡近い使い勝手のあるプランと言えると思います。

また、収納も専有面積のわりには充実している印象です。

坪単価は予定価格で約337万円。高層階でも350万円に満たない程度の予定でシティテラス品川イースト同様に階に関わらず運河ビューが享受出来るため階差が小さくなっていますね。まぁ、スミフ物件は売れ行き次第で価格が動きますので、今後はどうなるかは分かりませんが・・・。
天王洲アイル駅周辺の品川区アドレスのタワマンはラグナタワーしかりサンウッド品川天王洲タワーしかりで中古市場においてはワールドシティタワーズなどを初めとした港区港南アドレス(品川駅徒歩圏)のタワマンに比べると随分安い水準で取引されていることを考えるとこの高額な価格水準ではまだまだという見方もあるでしょうが、周辺エリアのタワマンはどちらのアドレスでも築10~15年以上が経過してきているので、その期間の適正減価を加味するとこの単価水準は現実的な水準と言えるの面もあるでしょう。このエリアの免震構造タワマンはサンウッド品川天王洲タワーぐらいで免震構造のマンションが少ないですしね。

設備仕様面は、ディスポーザーに食洗機、キッチンの天然石天板仕様、タイル貼の廊下など、単価なりのものにはなっています。
駐車場は全92台で建物内のタワーパーキングとなりますが、他にシティテラス品川イースト敷地内の平置3台、タワーパーキング7台及び身障者用1台がシティテラス品川イーストとの共有となるようです。

【駅徒歩7分×駒沢五輪公園徒歩3分】プラウド目黒東が丘2階85平米10,780万円【坪単価418万円】 | topページへ戻る | 【617戸になって夢が近づいた???】品川イーストシティタワー25階70平米8,080万円(予定)【坪単価約381万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る