top  >  【新築】横浜/川崎  >  【サザビーリーグによる秀逸な外観デザイン】ザ・パークハウス宮前平2階77平米5,218万円【坪単価225万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【サザビーリーグによる秀逸な外観デザイン】ザ・パークハウス宮前平2階77平米5,218万円【坪単価225万円】
2017-02-03

続けて、ザ・パークハウス宮前平。

設計・施工は木内建設です。
当サイト内の検索窓に「ザ・パークハウス 木内建設」と入れていただければ一目瞭然のように木内建設施工のザ・パークハウスは多く関係の深い両社となります。

物件の階建・スケールからすると他デベだったら長谷工による設計・施工だったような気がしますが、三菱さんゆえのノン長谷工なのかなと。
当物件と近いスケール感のザ・パークハウス亀戸は長谷工施工でしたし、そもそも長谷工が悪いというつもりは毛頭なく単純に事実を事実として述べているだけです(読者の方であれば良くお分かりいただいているかと思います)。

当物件の最大の特長は前回の記事で述べた通り「物件自体のスケール感」と「定期借地権で販売単価が抑えられたがゆえに実現したワンランク上のゆとりあるプランニング」だと思うのですが、サザビーリーグによるデザイン性の高さも大きな特長の1つだと思いますね。

ザ・パークハウス二子玉川ガーデンザ・パークハウス東日本橋、さらには総合地所とのJVであったザ・プレミアスカイ品川中延など三菱さんは「共用部デザイン」にサザビーリーグを起用していたのですが、ここは「外観デザイン」もサザビーリーグが監修しているようです。
アーキサイトメビウスがデザイン監修するディアナコートを彷彿させるような色味の高級感のある外壁タイル、木調ルーバーが美しい2層吹抜のエントランスはとても素晴らしい出来で、この起用は大成功と言って良いのではないでしょうか。

建築基準法上の地下住戸をたくさん設計した物件でエントランスフロアも地下になっているところに残念な部分がないと言えば嘘にはなりますが、そこを逆手にとったエントランス周りの造りはとても素敵で高級感のあるものです。

またランドスケープデザイン監修には(株)サカタのタネを起用しており、比較的緑豊かなランドプランとなっているのも評価できる点の1つでしょうか。

前回のザ・パークハウス宮前平

公式ホームページ
IMG_9904[1]
お部屋はウエストウイングの77㎡の3LDK、西向き中住戸です。部屋番号は20×号室ですが、前述の通り当物件は地下住戸が存在しているので建築基準法上は1階住戸ということになります。ただ、道路を挟んだ西側は大きな駐車場となっているので、実質1階住戸でも日照は得られますし、イーストウイングの低層階よりは大分条件が良いということになるでしょう。

間取り的にはこのウエストウイングだけでなくイーストウイングでも沢山設計されている77㎡弱のプランとなります。サウスウイングは日照面に優れていることから80㎡超が数多く設計されていますが、ウエストとイーストはこの面積が中心になるということです。

ただそれでも一般のさらなる単価高の所有権物件に比べるとゆとりある専有面積が確保出来ていると言え、定期借地権×三菱ブランドの相乗効果によりこの面積帯が実現した形でしょうね。そこいらへんの中小デベの場合はブランド力(安心感)に乏しいこともありそもそも定期借地権での分譲が簡単ではないですし、所有権に比べいくら単価を抑えることが出来るとは言え、このようなグロス価格帯での販売はまず不可能なのです。

プランは一般的な田の字ベースの横長リビングプランですし、奥行(玄関からバルコニーまでの距離)のあるプランということで廊下が少々長い印象は拭えませんが、この奥行がありながらバルコニー側だけでなく共用廊下側の柱もほぼアウトフレーム化出来ているのは評価できる点です。

見ての通りかなり柱間隔が長く出来ているんですね。戸境壁を乾式壁でなく湿式壁としたこともこのような柱間隔を実現出来た要因の1つでしょうか。

廊下はやや長めでLDの入口付近の実質的な廊下部分もやや大きめではありますが、居室畳数及び収納は77㎡という昨今の中住戸では珍しい専有面積を確保出来たがゆえなのは間違いないところでしょう。

前回の記事で書いたように当物件は連窓サッシが導入されていないのが非常に残念ではあるのですが、こういった横長リビングプランの開口部であれば連窓サッシ云々は関係ないと言えますね。そういう見方はどうかとも思いますけれども・・・。

坪単価は225万円。イーストウイングの同階住戸は前建の影響が大きいためさらに1割程度安いようですし、日照条件に優れたサウスウイングと比べると単価差が小さい印象があります。西向きでも地下住戸はさらに1割程度安くなりお値段がグンと変わってくるのですが、地上階になると全体採算を考えた場合に下げづらい面があるということでしょう(平均専有面積が大きくこの単価でもグロスの嵩みが馬鹿にならず、上限単価に限界がある)。

管理費は199円/㎡。外廊下ですがディスポーザー付ですし、総戸数100戸超のスケールメリットが活かされた好水準でしょう。前回の記事で書いた通り月額地代はかなり安くなる可能性がありますし(もともと155円/㎡なので結構安いですけどね)、定借物件としては珍しいほどランニングコストが抑えられている点に好感の持てる物件です。

駐車場は全42台で身障者用を除き機械式となります。

【617戸になって夢が近づいた???】品川イーストシティタワー25階70平米8,080万円(予定)【坪単価約381万円】 | topページへ戻る | 【駅近に限らずエリアでは珍しいスケールある物件】ザ・パークハウス宮前平87平米6,888万円【坪単価262万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る