top  >  【新築】埼玉県  >  【3LDK以上は全戸収納率10%超】ザ・パークハウス浦和岸町6階66平米5,558万円【坪単価277万円】

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

【3LDK以上は全戸収納率10%超】ザ・パークハウス浦和岸町6階66平米5,558万円【坪単価277万円】
2017-02-07

続けて、ザ・パークハウス浦和岸町。

設計はアルク設計事務所、施工は川口土木建築工業です。
川口土木建築工業は、三井さんや住友さんの物件も手がけることの多いゼネコンですが、中でも三菱物件の施工実績は多く高額どころで言うと昨年分譲されたザ・パークハウス築地入船なんかがありますね。

当物件のデザイン監修はJWA建築都市設計でピアース溝の口ディアナコート美しが丘など特に神奈川県のモリモト物件で力をいかんなく発揮している会社さんです。
ザ・パークハウスシリーズだとザ・パークハウス日本橋蛎殻町ザ・パークハウス赤坂レジデンスなどの実績がありますね。

当物件は外観デザインも含め、「モリモト×JWA」のときのようなインパクトには欠ける面は否めませんが、総戸数137戸というそれなりのスケールがあるがゆえのエントランスホール周りの豊かな空間設計に見所がありますし、四季の庭やエントランスホールの「曲線」を意識した設計も美しいですね。

当物件は前回の記事でも述べたように割烹千代田から敷地の一部を受け継いだからこそ実現したもので、かつての風景を踏襲するような趣のあるランドスケープを目指しているようです。良いことですね。

前回のザ・パークハウス浦和岸町

公式ホームページ
IMG_0032[1]
お部屋はウエストの66㎡の3LDK、西向き中住戸です。南西方向には12階建のパークホームズ浦和岸町サウスレジデンスがありますが、ほぼ真西向きとなるプランで中層階でも視界は良好です。

間取り的には先ほどの角住戸とは対照的にかなり面積を絞った感のあるプランニングですね。先ほどの角住戸以外だと70㎡そこそこの角住戸が主体となりますし、全体で言うと面積を絞った物件と言った方が適切かもしれませんね。

ただ、前回の記事で述べたように柱のアウトフレームには見所があります。どうせなら洋室2側の柱もアウトフレームしてくれよ・・・と思わなくはないですが、標準レベルは十分に越えた効率的なプランであるのは確かですね。

面積が小ぶりな分もあるでしょうが、縦横比は一般的な田の字プランよりも良好でワイドスパン傾向にあるので、奥行(玄関からバルコニーまでの距離)は短めに出来、廊下による面積消費も少なめで済んでいます。

廊下が短めな分、洗面所はリビングインですし、LDも入口付近のデッドスペースを含めてようやく10畳という広さなのでやはり専有面積なりの手狭感は不可避ですが、このプランも当然に収納率10%超を実現しており収納を充実させたからこそ居室畳数がこの水準になっていると考えるのが適切でしょう。

この専有面積であれば洋室3室全てに5畳超確保することなくもう少しLD畳数を重視してくれても良かったような気がしますが(洋室3の引き戸もやはり中途半端にしか開かないですし・・・)、そこいらへんは好みの問題でもあるでしょうか。

柱をアウトフレーム化したことで生み出せている玄関前のゆとりはむろん評価されるべきものですね。

坪単価は277万円。南東向きのイースト棟とは異なりこちらウエスト棟は西向きということで幾分単価が抑えられているようです。低層階は坪単価260万円程度からですし、平均で260万円ほどだったグローリオ浦和岸町ほどではありませんが、向きにこだわらなければまずまず目に優しい水準からあるようですね。

設備仕様面は、ディスポーザーに食洗機、クオーツストーンのキッチン天板、トイレ手洗いカウンター、ミストサウナと単価なりと思えるものがそろっています。

管理費は194円/㎡。外廊下ですがディスポーザーついていますし、先日ご紹介したばかりのザ・パークハウス宮前平同様で総戸数100戸超のスケールメリットがしっかりと活かされた水準と言えるでしょう。

駐車場は全78台で身障者用1台を除き機械式となります。

【サレジオ幼稚園の借景】ザ・パークハウス碑文谷一丁目3階80平米9,580万円【坪単価394万円】 | topページへ戻る | 【岸町アドレスの駅徒歩7分】ザ・パークハウス浦和岸町8階91平米8,518万円【坪単価310万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る