top  >  【新築】葛飾/江戸川/足立  >  【前庭・中庭・奥庭】ライオンズ一之江レジデンス68平米4,860万円【坪単価235万円】

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)

【前庭・中庭・奥庭】ライオンズ一之江レジデンス68平米4,860万円【坪単価235万円】
2017-02-22

続けて、ライオンズ一之江レジデンス。

設計は共同エンジニアリング、施工は川村工営です。
そして、デザイン監修にはウイ・アンド・エフヴィジョンが起用されています。

ウイ・アンド・エフヴィジョンは、最近はプレイスガーデン喜多見ザ・パークハウス練馬美術の森の三菱地所系の物件や海老名ザ・レジデンス(エリア内随一の高級感)などにも起用されており、分譲マンション業界で日に日に存在感が増してきている印象があります。
ライオンズシリーズで言うとライオンズ新小岩グランフォートの実績がある程度ですし、この物件もそこまでインパクトのあるデザインではないのですが、当物件は周辺環境に溶け込むようなデザインを目指しているということもあってこのような落ち着いたデザインとなっているのでしょう。

ランドプランはかなり見所のあるもので前庭・中庭・奥庭と3つの庭があるのが特徴的です。
エントランス横に施された前庭はこのスケールの物件としては評価できる大きさがあり、空間にゆとりを生み出してくれています。
また、敷地中央部付近に設けられた中庭と奥庭は3つの住棟に囲まれたポジションにはなりますが、4階建の低層建物なので時間帯によっては日照も得られますし、これがあるのとないのとでは外廊下の雰囲気も全然変わりますので、良い試みと言えるでしょう。

前回のライオンズ一之江レジデンス

公式ホームページ
IMG_0156[1]
お部屋は68㎡の3LDK、南東西の三方角住戸です。南側には南向きの棟が隣接しているので、いわゆる「南東角住戸」ではなく東と西の開口部がメインとなるのですが、西側には前述の奥庭が眼下に望めるポジションとなります。また、バルコニーのある東側は第三者の駐車場なので低層階でも視界抜けが得られますね。

間取り的にはやはり角住戸ということでピュアライトスタイルキッチンが採用されています。先ほども角住戸だっだので中住戸を紹介しようかとも思いましたが、このプランは玄関位置に特徴がありますし、これまでのライオンズ的にもエリア的にもかなり珍しいタイプということもありこちらを取り上げることとしました。

三方角住戸でやはりバルコニーは東面だけという設計なので、柱の食い込みによる面積消費が目立つというマイナス面もあるのですが、玄関を西側でなく北側に設計出来たことで共用廊下に面した居室をなくすことが出来ていますし、ほどほどの廊下の長さながら洋室2室をノンリビングインと出来ている点も魅力の1つと言えるのではないでしょうか。

ただその一方で、洗面所はかなり目立つ位置からのリビングインですし、洋室1がリビングインながら引き戸ではなく開き戸という形なのでリビングと一体利用したくとも出来ない形なのが少々残念に感じます。

リビングインでない独立した洋室を増やそうという意図があったのかもしれませんが、この玄関位置と専有部形状であればLDKを洋室2側(玄関側)に配置し、キッチン側にリビングインの洋室2を配置した方が良かったような気もしますね(バルコニーもキッチン位置に対応して反転させるということ)。
その方が廊下を短く出来るので有効面積も増えたはずです。

先ほどの角住戸とは打って変わってわりと大きさのあるバルコニーが確保出来ているのは好印象です。
収納はいくら何でも少なすぎかと思いますけれどもね・・・。

坪単価は235万円。いわゆる南東角や南西角ではないポジション、日照時間の短さなどを考えると強気な水準という印象です。ピュアライトスタイルキッチン等を採用したかなり個性的なプランはこのエリアでは非常に際立つ存在と言えますし、70㎡未満に面積を絞ったからこそこの単価水準が可能なのでしょうが、それらはコストに直結するものかと言うとそうではありませんので、もう少し目に優しい単価でこれを実現して欲しかったという思いはありますね。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんし、この価格帯の物件ですので水回りの天然石天板仕様などの高級感のある仕様もありません。食洗機こそついていますが、トイレ手洗いカウンターもあって欲しかったですね・・・。ただ、グリーンカーテンフック、大型給気口、換気機能付玄関ドアなど、パッシブデザインと言われるライオンズ物件ではお馴染みの各種設備仕様が備わっています。

管理費は229円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしで総戸数も48戸とそこそこのスケールがあるわりには高い印象です。
共用部には太陽光&蓄電池システムが搭載されているので電気料金も削減することが出来るでしょうし、200円/㎡を切っていてもおかしくない印象なのですが・・・。
駐車場は全17台で身障者用1台を除いた16台が機械式となります。

【西の鉄道系デベが気になる】2016年全国マンション市場動向②【不動産経済研究所発表】 | topページへ戻る | 【アーデルに続く江戸川区では貴重な4階建エリア】ライオンズ一之江レジデンス75平米5,590万円【坪単価247万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る