top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【ランドプランは淡泊だが四方接道のアーキサイトデザイン】アトラス白金高輪2階62平米7,790万円【坪単価418万円】

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

【ランドプランは淡泊だが四方接道のアーキサイトデザイン】アトラス白金高輪2階62平米7,790万円【坪単価418万円】
2017-03-01

もう1件、アトラス白金高輪。

設計はアーキサイトメビウス、施工は安藤・間です。

アトラス押上桜花テラスアトラス三軒茶屋、そして昨年のマンション番付で横綱となったワンアベニュー一番町文人通り(名前からは分かりづらいですが旭化成の物件)もデザインしたアーキサイトメビウスによるデザインはやはり見所があります。

当物件は総戸数72戸(30~50㎡台もわりとある)とそれほどスケール感があるわけではありませんが、二層吹き抜けで見映えのするエントランスが設計されていますし、内廊下やグランドラウンジの照明計画あたりにもアーキサイトらしい上品さ、センスの良さと言ったものを感じることが出来ますね。

外観は坪単価500万円前後中心の価格設定からすると淡白に移りますし、戸境壁が乾式だらけなのも残念ではありますが・・・。

また、四方接道の立地条件は当物件の魅力の1つですが、南西側以外はかなり細い道路、かつ、空地率も約35%と低めのランドプランなので開放感(敷地のゆとり)は感じにくいかもしれません。車寄せもないですし、植栽もちょっと寂しい印象がありますね。

なお、ゼネコンについては昨今は余程の高額物件でもなければこのスケールでスーゼネが起用されることはないですし、準大手と言える安藤・間の起用は評価して良いのではないでしょうか。

前回のアトラス白金高輪

公式ホームページ
IMG_0282[1]
お部屋は60平方超の2LDK、北西向き中住戸です。日照は西日が中心にはなってしまいますが、正面方向は戸建などの低層建物、そしてその先は龍源寺なので低層階でも圧迫感などはなくまずまずの条件です。

間取り的には内廊下物件でよく見かけるナロースパン気味の2LDKとなります。外廊下物件ではこのスパンでも共用廊下側に窓を設けることで全室に開口部が設計できますが、内廊下物件ではこのプランのように一室が行灯部屋となるというわけです。

当物件は全方位に住戸を設計したことで多くのプランでワイドスパンが確保できており、当プランは物件内では地味なものにはなるのですが、一般的な内廊下物件との比較においては「至極普通で標準的」なプランと言えるでしょう。

IMG_0281[1]
当物件は総戸数72戸ながらプランバリエーションは実に34もあり中にはこんな超々ワイドスパンもあるので、物件内では少なからず見劣りしてはしまいますけども・・・。
このプランは80㎡弱とそこまで大きなものではないのですが、玄関が2つあってウォークスルークローゼットで繋がってるって凄いです。面白すぎ(笑)。

話を戻してこのプランは60㎡超と2LDKにしてはそこそこの広さがあるのに浴室が1418でなく1317である点も残念に感じます。
ただその一方で居室畳数は十分確保出来てますし、収納もかなり充実しているのは評価出来る点でしょう。

坪単価は418万円。日照がそこまで重視されるような広さではないので南向きでないことは特に気にならず、プラウド芝公園の低層階(南向き)などと比べてもほどほどの水準にはなっている印象はあるのですが、坪単価400万円弱からあったパークリュクス白金高輪の低層階と比べると若干高くはなりますね。

設備仕様面はディスポーザーに食洗機、ミストサウナ、フィオレストーンのキッチン天板、トイレ手洗いカウンター、LDビルトインエアコンと単価なりのものになっています。

管理費は331円。内廊下、かつ、ディスポーザー付、しかも総戸数72戸でコンシェルジュサービスが付いてこの単価であればリーズナブルな水準と言えるでしょう。内廊下は冷暖房付かね???

駐車場は全13台で機械式です。総戸数からすると附置率は低めですが30~50㎡台もそこそこありますので許容範囲ではあるのでしょうか。

【崖上から見ると2階建】バースシティ東五反田4階56平米6,990万円【坪単価410万円】 | topページへ戻る | 【この立地でも当たり前のように500万円超】アトラス白金高輪5階79平米12,560万円【坪単価526万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る