top  >  【新築】江東/台東/墨田  >  【低層階でもリバービュー】プラウド清澄白河リバーサイド88㎡8,859万円【坪単価333万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【低層階でもリバービュー】プラウド清澄白河リバーサイド88㎡8,859万円【坪単価333万円】
2017-03-19

プラウド清澄白河リバーサイド。

清澄白河駅徒歩7分(都営線。東京メトロは徒歩8分)、水天宮前駅徒歩9分、浜町駅及び森下駅徒歩12分、人形町駅徒歩15分、門前仲町駅徒歩16分の15階建総戸数111戸のレジデンスです。

プラウド門前仲町ディアージュに続いてほぼ隅田川沿いとなる物件でスケール・階建も近似した物件にはなるのですが、こちらの物件は隅田川テラスとこの物件のメイン敷地との間にある小さな敷地も当物件の所有地となるので(タイムズ24と提携し時間貸駐車場として運営。次の記事で詳細)、隅田川との間に第三者所有地を挟んでいた門仲とは異なり低層階住戸でもリバーサイド感が強い物件となります。
物件名に「リバーサイド」を名付けるだけのことはあるでしょう。

門仲同様でモロに隅田川リバービューが享受できるのは隅田川側の角住戸のみにはなりますが、南西方向(当物件は全戸南西向き)の前建(高さは当物件の4~5階相当)までの距離は約50mも確保できており、中層階以上の多くの住戸からパーシャル隅田川ビューが望めるはずです。

駅近でこそありませんが、隅田川リバービュー物件としてはわりと駅に近い方と言えますし(対岸の浜町駅や東日本橋駅を最寄りとするリバービュー物件は駅に近いですが、それ以外の隅田川沿いのエリアとなると駅徒歩5分圏内は少ないです。そもそもリバービュー物件自体が多くはありませんが…)、広大な清澄公園及び清澄庭園までは徒歩2分というポジションであることも大きな魅力の1つとなるでしょう。

一方で清洲橋通りとコンクリート工場に挟まれた準工業地域(用途地域)感の満載の環境は非常に悩ましくもあるでしょうが、利便性の高いポジションであることを考えると今後周辺環境が良くなることはあっても悪くなることはないと考えにくいため長期的な視野でみればリスクは少な目な物件という印象もありますね。

むろん隅田川の対岸ながら水天宮前駅まで徒歩10分圏内となるのも大きな長所でしょう。ちなみに、プラウド門前仲町ディアージュやパークホームズ清澄白河は隅田川大橋(上部は首都高)、こちらは清洲橋を渡ってという形になるのでルートは大分異なりますね。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2017-3-15_13-4-38_No-00.jpg
お部屋は88㎡の4LDK、西角住戸です。低層階にはなりますが、前述の通り低層階でも隅田川が望める貴重なポジションに位置した角住戸で半永久的にリバービューが保たれる可能性が高いでしょう(管理組合の決議でパーキングアネックスの土地が売却されてしまうようなことも絶対にないとは言い切れませんが…)。

間取り的には14~15階は90~100㎡台が数多くプランニングされていますが、13階以下に限れば最も専有面積の広いプランとなっており、それだけでも物件内で条件の良いポジションに位置しているということが分かるというものです。

プラウド門前仲町ディアージュの隅田川側の高層階角住戸はもっとインパクトのあるコの字FIXサッシを採用していたことを考えると、この物件の幅があるとは言えないコーナーサッシは少なからず残念に感じてしまう部分があるのですが、フルバルコニーの田の字プラン中心の物件内においては特長あるタイプということになります。

ただ基本的には、北西側に洋室4室が並んだオーソドックス感も強いタイプで、奥行(玄関から南西バルコニーまでの距離)が結構あるので廊下は少々長めですし、奥行2mのバルコニーに面している居室が少ないのもちょっと残念に感じますね。

一方、水回りはかなり特長のあるもので魅力の大きいものです。
キッチンからバルコニーに出られる設計となっているのもよいですが、それだけでなくキッチンと洗面所もつながっているので洗面所からバルコニーへの動線も非常にスムーズとなります。
バルコニーに洗濯物を干したい方にとってはこれ以上ないぐらい魅力的なプランかもしれません。

キッチンに5.2畳という珍しいほどの広さを確保したことも影響したのか、LDだけだと11.4畳しかなく、かつ、洋室に設置された衣装収納も少々心許ない設計となっているプランではあるのですが、1620の浴室や広めの洗面所などは悪くないですし、何を重視するかによって評価の分かれるプランではないでしょうか。

LDのコーナーサッシの梁は大部分が空中に外出しされていますし、2次元的にも柱の食い込みをほとんど排除している点も評価出来ます。

坪単価は333万円。低層階の中住戸は坪単価300万円を切るぐらいからの水準となっていることからも分かるように当角住戸は低層階でもリバーサイドであることがしっかりと反映された水準ということにはなります(こちら側ならコンクリ工場の影響も少なく、そのあたりも価格に反映されているのでしょう)。ただ、低層階でここまで日照及びリバービューを享受できる住戸というのは非常に限られますし、低層階が好みだけど視界条件や日照を重視したい方にとっては魅力ある物件と言えそうですね。

【平置駐車場34台×時間貸駐車場運営】プラウド清澄白河リバーサイド7階75㎡7,009万円【坪単価307万円】 | topページへ戻る | 【適度な専有面積の2LDK】ジオ新宿若松町3階55㎡5,960万円【坪単価358万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る