top  >  【新築】横浜/川崎  >  【南向きは完全アウトフレーム】プレミスト上麻生3階67㎡4,928万円【坪単価242万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【南向きは完全アウトフレーム】プレミスト上麻生3階67㎡4,928万円【坪単価242万円】
2017-04-01

続けて、プレミスト上麻生。

設計は花岡都市建築設計、施工は青木あすなろ建設です。
花岡都市建築設計はプレミスト四谷プレミスト井荻など大和ハウス工業の物件の実績が多いです。また、青木あすなろ建設はそこそこ名の通ったゼネコンで高額物件プレミスト九段の実績があることを考えても、大和ハウスさん的にかなり力を入れていると言って良いのではないでしょうか。

さて本題のデザイン面に参ります。当物件のデザイン監修は前回の記事で述べた通り泣く子も黙る光井純氏であり、オープンレジデンシア南青山に光井純氏が起用されたのを知った時以上の衝撃がありましたし、そもそも「その結果」、つまり、この物件の純然たるデザインを見たときの衝撃の大きさったらなかったですね。

こういっちゃなんですがオプレジ南青山の光井デザインなんてこの物件の前では「無風」でしょう…。それぐらいこの物件のデザインは特徴あるものと言えますし、それこそ南青山にこの物件をデザインして欲しかったわ…。南青山とは周辺環境や物件スケールが全く異なるのでそれは無茶ってものですが(笑)。

当物件のメインエントランスは敷地北側グラウンドレベルとなる建築基準法上の地下3階部分にあるため、エレベーターで途中下車しない限りは凄まじいインパクトのある2層吹抜のエントランスホールを通る必要がないというのは残念な部分には違いありませんが、むろんエントランスホールはラウンジとしても機能するものとなっていますし、新百合ヶ丘駅方向(自転車だと約8分だそう)から帰ってきた場合にはこの2層吹抜の素敵なエントランスが「道路上から」出迎えてくれるわけです。道路上からだと余計に際立つエントランス天井部の雲をイメージしたというアート照明はとっても素敵でしょうね…。

私、来年8月の完成間際には絶対に見に行こうと固く心に誓いました…。これ以上、完成遅らせたりしないでね、大和さん…。

前回のプレミスト上麻生

公式ホームページ
IMG_0634[1]
お部屋は67㎡の3LDK、南向き中住戸となります。当物件は西向きと南向きの2棟構成でより丘上(敷地東側)に南向きの棟があります。南向きの棟がある部分は第一種低層住居専用地域であり建築基準法上3階建、かつ、3フロア構成なので、南向きの棟だけを見ると普通の第一種低層住居専用地域の物件ということになりますね。
南側も当然第一種低層住居専用地域で戸建中心となるので、低層階(1階)でも日照は得られますし、仮に計画道路が実現しても西向きの棟がその影響をシャットアウトしてくれるというメリットもあるでしょう。

間取り的には67㎡の3LDKということでこのエリアの物件としてはかなり面積を絞った印象がありますが、前回の記事で書いたように平均坪単価が2~3年前に比べ3割も上がっているのですからこのようにせざるを得ない部分はあるでしょうね。どんだけ土地を高く買ってんだ…っていう話でもありますが…。

ザ・パークハウス上麻生は平均専有面積で75㎡を超えていましたが、先行分譲中のクリオはここと同様で60㎡台の3LDKも少なくないプランニングでデベロッパーの苦労している様子が嫌が上にも伺えてしまう面積帯です。

ただ、クリオ同様に柱のアウトフレームがかなり重視された物件であり、特に南向きは3階建とうこともあり完全アウトフレームが実現出来ているのは素晴らしいですね。

専有面積に占める居室畳数割合は74.5%((11.1畳+3.4畳+6.0畳+5.5畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷67.41㎡)という数字からもかなり無駄のないプランを実現しているのは間違いないでしょう。廊下が短い上に収納を少なめにしたプランなので居室畳数は専有面積のわりにかなり大きめとすることが出来ています。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

また、洋室2の引き戸はわりと大きく開け放つことが出来るタイプなのでLDとの違和感のない一体利用も可能となります。

坪単価は242万円。先ほどの住戸よりも2フロア下でいわゆるグラウンドレベルの住戸にはなってはしまうのですが、日照が得られ、かつ、間取りにも無駄が少ないことが影響してか大きな差のない水準になっています。1階住戸でこの単価というのはザ・パークハウス上麻生の時代からすると正直全く想像できなかった水準で、デザインがいくら優れているとは言え本当にこの水準で完売できるのかちょっと心配になってしまったりもしますね。

設備仕様面は、総戸数73戸とそこそこのスケールある物件ですし、エリア最高水準の単価も後押ししたのかディスポーザーが搭載されています。それ以外に特筆すべきものは少ないですが、食洗機や酸素美泡湯がついているようです。

管理費は267円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザーを付けたことも影響しているのかわりと高めの水準になっています。
駐車場は全30台。敷地北側道路沿いで機械式中心となります。
ちなみに地下部分を活かすために当物件にはトランクルーム(700円/月)が21区画設けられています。

【SST隣接の超エコ物件】クリオ横濱綱島5階76㎡6,197万円【坪単価268万円】 | topページへ戻る | 【光井氏渾身のデザイン!】プレミスト上麻生5階79㎡5,968万円【坪単価249万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る