top  >  【新築】葛飾/江戸川/足立  >  【エリア内では珍しい両面バルコニー、柱位置も素晴らしい】シティテラス平井3階83㎡5,900万円【坪単価235万円】

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

【エリア内では珍しい両面バルコニー、柱位置も素晴らしい】シティテラス平井3階83㎡5,900万円【坪単価235万円】
2017-05-14

シティテラス平井。

約2年前に一度紹介し、約1年前に完成済の物件なのですが、スミフさんの大規模物件ということでまだまだ絶賛分譲中です。
以前ご紹介したのは中住戸の1室のみで角住戸はご紹介していなかったということもあるので今回は角住戸をご紹介してみようかと思います。

中住戸はいわゆるスミフ田の字で単調な印象もありますが、この角住戸は結構いい感じのプランとなっているのです。

この物件が販売している間に都下や外周区では市況の悪化により相場に陰りが出てきている状況で、価格で勝負しないスミフ物件は余計にオススメしにくい感じではあるのですが、間取り面に関して言えばこの角住戸はかなり良く出来ていて魅力が高いというのも今回ご紹介した理由の1つではありますね。

前回のシティテラス平井

公式ホームページ
IMG_0826[1]
お部屋はテラスAの83㎡の4LDK、西角住戸です。低層階なので視界抜けが得られる感じではないですし、方角的に荒川は望みづらい感じではあるのですが、南西は3階建の戸建てで日照面は何ら問題なく低層階にしては条件の良いポジションです。

さて、その肝心の間取りですが、まず両面バルコニー×柱のアウトフレームが素晴らしいと思います。南西と北西のバルコニーがつながっていないのは少し残念だったりもするのですが、実は西頂点部の柱がこの位置にあることこそがこのプランの大きなポイントの1つなのです。

こういった長谷工物件の角住戸というのは両面バルコニーとなっていることさえ珍しいのですが、そもそも両面にバルコニーがあっても北西面(妻側)は柱と柱を結ぶライン上に専有部があるのが普通であり、そのライン上にはガッツリ下がり天井(梁)が出ているケースが99%(注:モモレジの感覚調べ(笑))なんですね。

このプランはというと、洋室3~4に関しては窓際の下がり天がありはしますが、バルコニーのあるLD及び洋室1に関しては窓際に梁はなく、こういった長谷工物件では非常に珍しい良質な設計となっているというわけです。

80㎡台前半の4LDKということで4LDKとしてはけしてゆとりある面積を確保出来てはいませんが、玄関廊下を非常にうまく纏めることが出来たプランということもあり、居室畳数及び収納共に専有面積以上のものと出来ていると思いますし、バランス的にも申し分のないプランという印象ですね。

残念なのはリビングインの洗面浴室でしょうか。スミフさんの角住戸プランではもっとひどいものも少なくないので、これぐらいであればまだマシな方なのですが、LDのドア位置がかなり玄関寄りにあり、LD畳数を水増ししていることで洗面所もリビングインとなったような形です…。

洗面所の向かいに納戸があることも影響はしているでしょうが、この位置関係ならば洗面所はノンリビングインが望ましかったのではないでしょうか。4LDKで大人数の家族でお住まいになることが想定されるわけですし、リビングインは避けるのが無難だと思うんですよね。

坪単価は235万円。低層階とは言えかなり効率的な角住戸ですので中層階中住戸(テラスA)と同水準であることに違和感はありません。完成後1年以上経過したこの時期にこの単価で販売を続けていることに違和感がないと言えば嘘にはなりますが…。

ただ、以前の記事で書いているように160台の平置駐車場を設置できたことで、管理費が118円/㎡と非常にお安く出来ているのは当物件の大きな魅力の1つであり価格面をカバーしてくれる1つの材料にはなるでしょう。都内の物件の平均的な水準(220~230円)の半分程度であり、70~80㎡のプランで仮定すると月額にして8,000円程度の大きな差になってくるので、長く住むことを想定する場合には少なからずメリットとなってくるでしょう。

【貴重な保土ヶ谷駅徒歩2分】レガルテ保土ヶ谷ステーションアヴェニュー7階66㎡5,680万円【坪単価283万円】 | topページへ戻る | 【凄い形状、凄い開口部】ヴィルヴィオ葛西2階60㎡3,990万円【坪単価220万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る