top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【またまた馬喰町駅が最寄り】ザ・サンメゾン日本橋馬喰町5階72㎡7,800万円台(予定)【坪単価358万円】

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

【またまた馬喰町駅が最寄り】ザ・サンメゾン日本橋馬喰町5階72㎡7,800万円台(予定)【坪単価358万円】
2017-05-28

ザ・サンメゾン日本橋馬喰町。

馬喰町駅徒歩2分、東日本橋駅及び馬喰横山駅徒歩4分、小伝馬町駅徒歩5分、人形町駅及び秋葉原駅徒歩12分、神田駅及び三越前駅徒歩14分の12階建総戸数22戸のレジデンスです。

1フロア2戸、敷地面積はわずか225㎡という小規模レジデンスであり、駅前に次々と小規模レジデンスが供給される馬喰町界隈でも小さい部類の物件ということになります。

ただ、その一方で駅近ながら江戸通りに面したポジションでないのは好材料でしょう。昨年以降に馬喰町駅を最寄りとして供給されたレフィール日本橋馬喰町グリーンパーク日本橋馬喰町オープンレジデンシア日本橋馬喰町ステーションサイドが江戸通り沿いであったことからも分かるようにこの界隈の供給は大通り沿いとなるのがほとんどなのです。

オープンレジデンシア日本橋横山町は一応は内に入ったポジションでしたが、サンウッド東日本橋フラッツも通り沿いでしたし、当物件のポジションはかなり落ち着いている方と言えそうです。

道路の向かいは千代田区東神田というポジションですので、人によっては惜しく感じたりもするのでしょうが、久松小学校が通学校となりますので、その比較的静かなポジションと相まって子育てファミリーにはニーズのありそうな物件とも言えるのかもしれませんね。

公式ホームページ
IMG_1086[1]
お部屋は72㎡の3LDK、北西及び南東の両面開口というかなり珍しいタイプとなります。
北西側は道路沿いとは言え、向かいの15階建のアデニウム東神田とお見合いになりますし、南東側も5階では前建を越えはしませんので、物件内では条件の良いポジションとは言えません。中層階以上であれば前建を超えてくるポジションとなり、日照も得やすくはなると思いますが・・・。

間取り的には小規模物件ならではという非常に珍しいタイプで敷地形状なりに試行錯誤している様子が伺えはするのですが、柱の食い込みが気にならないと言えば嘘になるでしょうね。

こういった小規模物件はそれなりのスケールのある物件に比べ柱を逃がすことが難しくなるのは常々書いている通りですし、日本橋界隈の物件はデベ・ゼネコンを問わずこういった設計が多くなるのも事実なのですが、当プランの柱の食い込みは中でも顕著な方であるのは否定できません。

収納配置に工夫があるので居室の凹凸はそこまで目立ちはしないのですが、6本もの柱が専有部に影響を与えており、面積消費は少なくないでしょうね。

登記面積(内法面積)は壁芯面積から5%程度小さくなるのが一般的なのですが(良質なプランだと3~4%)、当プランはもう少し大きくなりそうな印象があります。

玄関廊下はコンパクトにすることを心掛けているようでLD12.2畳など畳数表記自体は72㎡の3LDKとして違和感のない水準を確保出来ているのは悪くないのですが、玄関廊下をコンパクトにしたがゆえにトイレが玄関の正面にあったり、洗面所の入口が玄関にかなり近い位置にあったりと、ファミリーを想定した3LDKとしてはかなりプライバシー面の配慮に欠ける設計となっている点も気になる材料です。

収納は大きなものこそ少ないものの数はかなり豊富で、入口付近にモノを置きにくいウォークインクローゼットようなタイプがないので、使い方次第では悪くない印象があるのですが、このエリアの物件の中でもバルコニーはかなり小さい方ですし、かなりの小規模物件であるがゆえの設計面の難しさを感じずにはいられません。

坪単価は予定価格で約358万円。先日のクリオ日本橋久松町ほど立地に特殊性がない分、ほどほどの単価となっている印象はありますが、低層階はクリオ以上に囲まれ感のある立地ですし、ポジションなりの水準ということになるでしょう。

【外観も専有部もタイルに注目】ザ・サンメゾン日本橋馬喰町2階58㎡5,400万円【坪単価307万円】 | topページへ戻る | 【外廊下は仕方ないが駐車場は…】パークホームズ四谷ザ・レジデンス2階65㎡7,298万円(予定)【坪単価370万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る