top  >  【新築】江東/台東/墨田  >  【小ぶりだが完全アウトフレームの三方角住戸】ルフォンリブレ蔵前2階36㎡3,390万円【坪単価311万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【小ぶりだが完全アウトフレームの三方角住戸】ルフォンリブレ蔵前2階36㎡3,390万円【坪単価311万円】
2017-05-19

続けて、ルフォンリブレ蔵前。

設計は環境デザイン研究室、施工は木内建設です。環境デザイン研究室は兄弟物件のルフォン浅草橋ではデザイン監修のみでしたが、こちらはデザイン監修に加え設計も行っています。

兄弟物件ということで共通点を感じる部分もあるのですが、浅草橋がこれまでの環境デザイン研究室らしさを強く感じる物件であるのに対して、こちら蔵前はエントランスホールなどにこれまでとはちょっと違った雰囲気を感じる部分がありますね。

また、逆T字型の敷地形状を活かし、敷地南西部のメインエントランスの他、敷地北側春日通り沿いにもサブエントランスを設け、そのサブエントランスのデザインにも手を抜いていないあたりにも魅力を感じることのできる物件です。

春日通り沿いであることも影響してか、浅草橋とは異なり内廊下設計が採用されていますし、設計面の工夫を随所に感じることのできる物件でもあるでしょう。

前回のルフォンリブレ蔵前

公式ホームページ
IMG_1158[1]
お部屋は36㎡の1LDK、南西角住戸です。南側は接道していないので至近距離で視界を塞がれますが、西側は幅員8mの三桂通りなので低層階でも前建までの距離はそれなりに確保出来ています。また、敷地内西側はメインエントランスがあり、奥行のあるアプローチとなっているので、その分さらに前建までの距離が確保されていることとなります。

間取り的に敷地形状に沿って北西面がえぐられたような形状となっているので、玄関位置に少々難があるのですが(水回りのプライバシー面に難があります)、廊下はむしろ短い方と言えるぐらいでしかないですし、柱が完全にアウトフレーム化されているので、専有面積から受ける印象以上の有効面積を確保出来ているのは間違いないでしょう。

三方角住戸ゆえにいずれの居室も二面採光と出来ているのも素晴らしいですし、西面の幅のある開口部に加え、奥行のあるフルバルコニーなどこういった小規模物件ではなかなか見ることの出来ない魅力が詰まったプランです。

やはり方立ては大き目ですが、ベッドルームの引き戸を開くと広がりのある空間と出来ますし、なかなかツボを押さえた好設計ですね。

収納も専有面積のわりに豊かですし、浴室も1216でなく1317なのも良い材料です。

坪単価は311万円。先ほど紹介した物件内で最も条件の良い部類となる上層階南東角と大差のない水準となっています。ただ、専有面積が全く異なりますし、40㎡台の1LDKならまだしも30㎡台中盤の1LDKで、1LDKとしてかなり面積を絞った形にはなるのでこのような単価設定になるのはやむを得ない部分はあるでしょうね…。

設備仕様面は、兄弟物件であるルフォン浅草橋と同じとなるようで、ディスポーザーはないながらも食洗器、ミストサウナ、天然石のキッチン天板、トイレ手洗器など単価的に違和感のないものがそろっています。

管理費は382円/㎡。当物件の最大のネックはここでしょうね。小規模ながら内廊下を採用していることもあるのか管理費が高いことで知られるパークリュクスなどに匹敵する水準となっています。特に50~60㎡台のプランにとってはグロスのランニングコストがかなり高額となるので注意が必要でしょうね。

駐車場は1台のみで平置となります。

2017年4月の首都圏マンション発売戸数 | topページへ戻る | 【半分超が30㎡台のコンパクトレジデンスだが間取りに見所あり】ルフォンリブレ蔵前12階68㎡6,490万円【坪単価317万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る