top  >  【新築】葛飾/江戸川/足立  >  【ここも鼠の市松模様】アーデル立石ワンズプレイス3階66㎡4,090万円【坪単価205万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【ここも鼠の市松模様】アーデル立石ワンズプレイス3階66㎡4,090万円【坪単価205万円】
2017-06-06

続けて、アーデル立石ワンズプレイス。

設計はイクスアーク都市設計、施工は新三平建設です。
新三平建設はオープンレジデンシアやクリオシリーズなどで実績豊富なゼネコンですね。単価水準からするとクリオの日本橋界隈の高額物件が代表作となるでしょうか。

そしてちょっとビックリしたのですが、外観デザインのエッセンスが先日ご紹介したばかりのザ・サンメゾン日本橋馬喰町とかなり被っています。
どちらも「銀鼠(サンメゾンは鳩羽鼠)」を基調色としたタイルを用い、かつ、表面に異なる加工を施したタイルを張り分けることで見る角度によって市松模様が浮かび上がるというものです。

同時期に分譲される物件ですしパクリということはなさそうですが、設計者も施工者も異なるのに同じコンセプトになるなんて凄いですね。
完成してみないと分からない部分もあるのですが、控えめな色味ながら芯のあるデザインというかどちらもかなり格好良い物件になるのではないかと思っています。

特にこちらはエリア的にデザイン性に富んだ物件は少なく、結構目立つ存在になることが予想されます。

前回のアーデル立石ワンズプレイス

公式ホームページ
IMG_1170[1]
お部屋は66㎡の3LDK、北西角住戸です。日当たりは当然ながら西日が中心にはなってしまうのですが、西側は道路の向かいに駐車場や戸建住宅が広がるエリアなので、視界は悪くなく、南東方向からも日照を得ることが出来そうです。

間取り的には南向き住戸でないこともあるのか結構面積を絞った感のあるものとなっています。ただ、廊下をかなり短めとした設計で先ほどのプランよりも柱の食い込みも少なく出来ているので有効面積の差は専有面積の差ほどはないものと思われます。

やはりLDは角位置ながら二面採光となっていないのが残念ですし、西側開口部も2つに分かれてしまっているあたりに物足りなさを感じたりもするのですが、専有面積のわりに収納はしっかり確保されている印象がありますし、居室畳数もLDが12.1畳も確保されているようにこの専有面積からすると比較的ゆとりある設計になっているように思います。

LDの入口付近のデッドスペースは若干大き目ではありますが、12畳超のLDは70㎡超(3LDK)でないとなかなか実現できないものですからね。

浴室は一般的な1418でなく1317なので小さくはなっていますが、洗面所はかなりゆとりがある方ですし、上手に纏めた印象のあるプランです。

坪単価は205万円。階が違うとはいえ、先ほどの住戸とほぼ同じ単価であり、日照面の差を考えると若干高く感じます。しかしながら面積差がかなりあるのでグロス価格は全く異なりますし、こちらの方がより効率性の高いプランなので、近年の建築コスト高騰などを加味するとこのぐらいの単価になるのは仕方ないところではあるでしょうか。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんし水回りの天然石天板仕様のような高級感のあるものも見あたりませんが、食洗機とスロップシンクはついています。
トイレは手洗いカウンターはなくキャビネットタイプとなりますね。

管理費は141円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、総戸数42戸はけして大きなスケールではありませんので、この水準と出来ているのは悪くないですね。アーデルレジデンス一之江は238円/㎡と高めでしたが、アーデル曳舟マークイーストはここと大差のないリーズナブルな水準でした。いずれも管理会社は三菱地所コミュニティですし、スケールも大差ないのですがその差はどこからくるのでしょう???

駐車場は全10台で身障者用1台を除き機械式となります。

【凄い間取り!!】インプレスト駒込染井4階80㎡9,890万円【坪単価407万円】 | topページへ戻る | 【再開発期待もある良好なポジション】アーデル立石ワンズプレイス2階75㎡4,620万円【坪単価204万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る