top  >  【新築】横浜/川崎  >  【2駅徒歩10分圏内×大岡川プロムナード至近】レ・ジェイド横濱花之木3階61㎡4,248万円【坪単価228万円】

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)

【2駅徒歩10分圏内×大岡川プロムナード至近】レ・ジェイド横濱花之木3階61㎡4,248万円【坪単価228万円】
2017-06-09

レ・ジェイド横濱花之木。

蒔田駅徒歩4分、南太田駅徒歩10分、井土ヶ谷駅徒歩14分の7階建総戸数69戸のレジデンスです。
ギリギリではありますが、2路線が徒歩10分圏内で利用できるポジションとなります。

また、道路の向かいに蒔田中学校のグラウンドを望む三方角地に誕生する物件で、駅徒歩4分という立地ながら鎌倉街道に面していないこの界隈では落ち着いたポジションというのも大きな魅力の1つかと思います。

春は桜並木が美しい大岡川プロムナードや蒔田公園にもほど近いポジションですし、幾分小ぶりなプランが多いもののファミリータイプ中心で総戸数69戸というスケール感があるのも好材料と言える物件です。

ここ1~2年の日本エスコンさんはレ・ジェイドシリーズを都内の好立地で次々と供給しているように、勢いを感じるデベロッパーです。当物件は、最寄駅の駅力は今一つで派手さはないものの、この界隈で良好なポジションですし、その立地に総戸数69戸というスケール感のある物件を供給するあたりにもやはりデベロッパーの勢いを感じることが出来るというものです。

設計は嘉環境設計、施工はNB建設です。NB建設はレ・ジェイド駒込レ・ジェイドヴェール駒込にも携わっていますが、もともと相鉄グループのゼネコンで都内よりも神奈川県内の実績が豊富ですね。

レ・ジェイドシリーズは結構デザイン性に富んだものを提供してくれることが多く、ここも横浜らしい赤レンガ倉庫の街並みをイメージしたブリック調タイルやガス灯を模した街灯など工夫が盛り込まれてはいるのですが、総戸数69戸というスケールからすると共用部は期待していたよりもインパクトが薄い印象があります。

また、建物の高さを出せるエリアではなく、空地率は約36%しかない物件なのでランドプラン的にも特筆すべき点はないのですが、三方角地ゆえの開放感があるのは良い材料と言えますね。

公式ホームページ
IMG_1269[1]
お部屋は60㎡超の3LDK、南西向き中住戸です。南西には前述の蒔田中学校のグラウンドがあるので、視界抜け及び日照共に抜群です。風向きによっては土埃の影響もあるでしょうが、それを上回る魅力のあるポジションでしょう。

当物件の3LDKは基本的に60㎡台ですし、中住戸は65㎡未満ばかりとはなるのですが、このプランは中住戸の中でも小さめのものとなります。

ただ、スパンで言えば、中住戸の中では最も確保されているタイプで、物件内では貴重なノン田の字ベースのものになりますね。外廊下物件でこのようなプランニングがなされることはかなり珍しいです。
※内廊下物件においては洋室2を行灯部屋としたようなものを頻繁に見かけます。

かなりの狭小3LDKだけあって当然に玄関廊下を一直線としたプランで無駄な面積を極力排除したプランニングとなっているのですが、廊下を短くすると同時に柱もほぼアウトフレーム化出来ているのは評価できると思います。

収納は少々心許ないですし、洗面室もギリギリの広さとなっているなど、専有面積なりの苦しさはどうしても感じてはしまいますが、この専有面積でLDを10畳確保出来ているのは立派と言えますし、居室形状も全体的にきれいなので3LDKとしての使い勝手は悪くないでしょう。
LD内のワーキングカウンターも気が利いています。

残念なのはバルコニー周りでしょうか。
南西面の条件が良いことを考えるともう少しバルコニーに奥行が欲しかったですし、連窓サッシを採用してくれていたらかなり開放感が違ったのになぁ…とも思ってしまいますが、それよりも何よりも順梁なのに最上階を除きガラス手摺でないのはどうしたことか…。

グラウンドの端には並木があるので、視線が気になるようなことはほどんどないと思いますし、非常に勿体なく感じますね。ガラス手摺とコンクリ手摺では採光面でかなり違いが出ます。

坪単価は228万円。田の字ベースのプランよりはワイドスパンである分、幾分高い単価設定となっているようです。井土ヶ谷駅徒歩7分のヴェレーナグラン横濱井土ヶ谷に近い単価設定ですが、ヴェレーナは70㎡台中心であるのに対してこちらは前述のように60㎡台が中心となるのでグロスではあまり競合していないように感じます。

設備仕様面は、水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンター(トイレはキャビネット型)などの高級感のあるものは見当たりませんが、総戸数69戸とそこまで大きな物件ではないのにディスポーザーがついている点に驚かされます。3LDK中心と言っても60㎡台ばかりですし、坪単価200万円台前半の物件ですので、大半のデベロッパーの場合はディスポーザーをつけないと思います。当物件は付けることで差別化を図っているのでしょう。
エリア内にはスケールある物件が少なくディスポーザーがついているものは非常に限られているので、どのくらいの方がその点を重視するかは別として確かな差別化要素になっているのは間違いないと言えます。

管理費は135円/㎡。外廊下ですがディスポーザー付でこの水準とは驚きです。管理も「巡回」ではなく「通勤」ですし、今年の管理費部門の有力候補となるでしょう。

2016年管理費ランキング

駐車場は全22台でカーシェア用1台(平置)を除いて機械式となります。



【ブランズシティと互角の単価水準】オープンレジデンシア久が原4階65㎡6,218万円【坪単価316万円】 | topページへ戻る | 【もっと高い販売価格を想定していたでろう共用部及び専有部】アネシア東京尾久2階66㎡4,370万円【坪単価220万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る