top  >  【新築】横浜/川崎  >  【単価からするとかなりグレード感のある設備仕様】ヴェレーナ西横浜パークフロント2階68㎡4,898万円【坪単価238万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【単価からするとかなりグレード感のある設備仕様】ヴェレーナ西横浜パークフロント2階68㎡4,898万円【坪単価238万円】
2017-06-18

続けて、ヴェレーナ西横浜パークフロント。

設計は設計工房デザインシステム一級建築士事務所、施工は丸彦渡辺建設で直床です。丸彦渡辺建設はオープンハウスのオープンレジデンシアシリーズなどの実績が目立つゼネコンですね。

デザインはヴェレーナユーロデザインでお馴染みのインターデザインの小寺氏です。
ヴェレーナグランはそもそもユーロデザインでないのでここでは比較しませんが、それ以外で昨今供給されたヴェレーナ横濱掃部山公園ヴェレーナシティ東京イーストガーデンズよりもユーロ色がやや強い印象を受けるデザインです。

そのため好みの問題はあると思うのですが、階段を数段上るエントランス周りにもそれなりの高級感を感じることが出来ますし、窓越しに社宮司公園の緑が望めるエントランスホールも魅力の1つと言えるでしょう。

前回のヴェレーナ西横浜パークフロント

公式ホームページ
IMG_1621[1]
お部屋は68㎡の3LDK、南向き中住戸です。低層階なので隣接南側の保育園の建物の影響は不可避ですが、2階建なので日照的には問題ないでしょう。

間取り的には70㎡に満たない3LDKということでやや小ぶりなものにはなりますが、オーソドックスな田の字プランを採用しており、廊下を短めに出来ているので居室畳数は全体的に大き目と出来ているように思います。

専有面積に占める居室畳数割合は72.3%((14.0畳+6.0畳+5.5畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷68.01㎡)で田の字中住戸なりの高い水準と出来ていますし、ビッグウォークインクローゼットがあってのこの水準ですので、専有面積のわりには有効面積が大きなプランと言って良いでしょうね。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

洗面所がかなりコンパクトな設計となってはいますが、70㎡に満たない3LDKで全てを満たすのは難しいので致し方ない部分と言えます。

ただ、共用廊下側の柱が一切アウトフレーム化されていないのはやはり残念ですね。
価格帯からすると珍しいことではないですが、70㎡未満のこの面積帯であれば少なからず柱をアウトフレーム化することでさらに有効面積を確保して欲しかったという印象があります。

坪単価は238万円。先ほどの同階南西角住戸よりも気持ち高い水準です。角住戸に80㎡前後の広さがありグロス価格が嵩んでいるのであれば中住戸に比べ単価が安くなるのは分からなくはないのですが、当物件の場合はそうでないばかりか、角住戸はパークビューとなることを考えると中住戸の単価設定に疑問の余地があるのです。

物件の平均坪単価としては、クリオ横濱天王町の平均坪単価250万円超、クリオ横濱浅間町の平均坪単価260万円超と大きな差のない水準となるのでしょう。横浜駅からは遠くはなりますが、「駅近×パークフロント」であることを考えると悪くない水準と言えそうです。昨今の市況の悪化も幾分考慮されてのものなのでしょうか。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんが、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンター、水回りの天然石天板仕様(トイレ手洗いカウンターまで!)、と掃部山公園同様のグレード感あるものとなっています。玄関床もタイルでなく大理石貼ですし、掃部山公園よりもさらに単価の安い物件であることを考えると珍しいほど高級感を意識した物件と言えるでしょう。
ヴェレーナグラン横濱井土ヶ谷とそこまで大きくは変わらないお値段なのに…。

管理費は200円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、総戸数40戸とけしてスケールある物件ではないので、違和感のない水準です。欲を言えばあと10~20円/㎡安くあって欲しかったとは思いますが。
駐車場は全12台で機械式中心となります。

【駅出口まで約10m×スカイツリー花火大会ビュー】ブラントン蔵前13階55㎡6,288万円【坪単価378万円】 | topページへ戻る | 【駅徒歩3分×パークフロント】ヴェレーナ西横浜パークフロント2階70㎡4,998万円【坪単価236万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る