top  >  【新築】横浜/川崎  >  【多摩川寄り×川崎駅西口徒歩圏】レ・ジェイド川崎2階85㎡5,398万円【坪単価210万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【多摩川寄り×川崎駅西口徒歩圏】レ・ジェイド川崎2階85㎡5,398万円【坪単価210万円】
2017-06-15

レ・ジェイド川崎。

京急川崎駅徒歩17分、川崎駅徒歩18分の7階建総戸数79戸のレジデンスです。
駅距離はかなりあるポジションですし、府中街道沿いのポジションにはなりますが、多摩川至近、かつ、敷地面積約2,300㎡の角地に誕生する物件ということで開放感はありそうですね。

クリオ川崎リバーサイド以来この周辺は分譲マンションが誕生していませんし、ファミリータイプ中心の総戸数79戸というそこそこのスケール感からも注目できる物件です。

当物件の少し北側では新日鉄×大成有楽の大規模レジデンスが予定されているので、それと比べると見劣りしてしまう部分もあるでしょうが、当物件の下部にはコンビニが入る予定とのことですし、1階に2つのラウンジを設けるなどスケール以上に共用部を充実させているのも日本エスコン(レ・ジェイド)さんらしいですね。

1階にカフェ(一般人も利用可。カフェスタッフがコンシェルジュサービスも兼務という驚きの物件)を備えたレ・ジェイド世田谷砧ほどのインパクトこそありませんが、同様に屋上テラスも備えていますし、多数の工夫が施された物件という印象です。
新日鉄×大成有楽のマンションも出来ればこのエリアの街並みはさらに良くなるでしょうし、多くの子育て世代が流入することで街の活性化もある程度望めるのではないでしょうか。

当物件から徒歩1~2分ほどの場所にはスーパー三和が一昨年にオープンしていますし、ラゾーナなどのある川崎駅西口エリアまでも十分に徒歩圏と言えるポジションなので買物利便性的にも申し分のないポジションとなります。

当物件は多摩川からは少し内に入っており、多摩川沿いにはアクアリーナ川崎の3兄弟タワーが並んでいるので多摩川パノラマビューとはいきませんが、アズリーノとヴェルデの間から間近に花火大会が望めるようです。屋上テラスから間近に眺める花火は圧巻でしょうね。

公式ホームページ
IMG_1642[1]
お部屋は85㎡の4LDK、南角住戸です。南西は府中街道に面したポジションなので静かな環境とは言えませんが、南東は戸建住宅中心のエリアとなりますし、低層階でも日照は何ら問題ありません。気になるのは府中街道沿いの歩道橋でしょうか。2階住戸あと歩道橋と同じぐらいの高さとなるので少々気になる存在でしょうね。

間取り的には物件内で最も大きなタイプでこそありませんが、大きな部類のプランで、物件内で最も日照条件に優れたポジションゆえのプランニングとなっている印象です。

3LDKでなく4LDKとは言え、85㎡超というのはなかなか見ませんし、先日紹介したばかりの川崎駅からの距離に大差のないガーラレジデンス川崎プロムナードに69㎡の4LDKが設計されていたことからもこの物件がかなりゆとりある設計となっていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

日本エスコンさんは最近でこそかなり勢いを感じますが、一般的にはまだまだネームバリューの乏しいデベロッパーですので、ガーラ並のコンパクトプランになっていても何らおかしくはなかったのですが、物件全体としても結構面積を確保しているように思いますし、グロスの嵩みを恐れることなくこういったプランを供給できるあたりにも昨今のレ・ジェイドの勢いをより一層感じることが出来ると言うものです。

先日の紹介したばかりの同じ神奈川県のレ・ジェイド横濱花之木は60㎡台の3LDKが中心だったので、余計にこの物件にゆとりを感じてしまう面がなくはないのですが。横濱花之木とは、「単価」及び「スケール」はそこまで大きくは変わらないんだけどもコンセプトには結構違いがあって興味深いです。

さて話がそれまくりなので戻りましょう(汗)。

当プランは85㎡超あるとは言え、4LDKなのでLDKで15.2畳とけしてゆとりある畳数が確保出来ているわけではありません。ただLDの入口付近のデッドスペースは一般的なプランよりも小さめですし、洋室3の引き戸を開け放つと二面採光で開口部豊かな3LDKにもなるという高い柔軟性にも大きな魅力のあるプランです。

玄関はあまり凹んだ位置になく、玄関前のポーチは角住戸としては小さめ、かつ、玄関及び廊下による面積消費はそれなりではあるのですが、廊下が長いのではなく玄関の下足スペースが大きなものとなっているのは非常に素晴らしいですね。

玄関は収納も充実していますし、これだけ奥行があれば来客時なども余裕があるでしょう。
最近は面積を削った狭小プランが横行していますし、80㎡超あっても玄関がワンルームや1LDKクラスの広さしかないようなプランも見かけることがあるのですが、そういうのを見ると悲しくなりますね…。
玄関周りはLDなどの居室の広さほど意識しづらい部分かと思いますが、実物を見ることが出来ない青田売り(モデルルームプラン除く)では特に入念に吟味すべき部分でしょうね。

なお、玄関以外の収納は専有面積のわりには多いとは言えませんが、柱が完全にアウトフレーム化されたプランですし、ゆとりある洗面室や1620の浴室などを見ても無駄なく無理なくまとまった好プランと言えそうですね。

坪単価は210万円。前述のように歩道橋が気になる低層階、かつ、グロス価格の嵩む専有面積の大きなプランということもあり日照良好な南の角住戸ということを考えると目に優しい水準となっているのではないでしょうか。

川崎駅までの距離は大差ないとは言え、ガーラレジデンス川崎プロムナードは矢向駅や尻手駅が徒歩10分圏内なのでそういった面を加味する必要もあるのでしょうが、面積を絞り単価高を目指している感のあったガーラレジデンスよりは単価を抑えることが出来ている印象です。

【緑は少ないが敷地を上手に使った物件】レ・ジェイド川崎3階64㎡3,898万円【坪単価203万円】 | topページへ戻る | 【内廊下×吹抜、そして3層吹抜のインナーアプローチ】プレシス横濱紅葉坂2階77㎡7,500万円【坪単価322万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る