top  >  【新築】豊島/板橋/練馬  >  【桜並木通り沿いの全戸南向き】ザ・グローベル南大塚10階60㎡6,688万円【坪単価367万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【桜並木通り沿いの全戸南向き】ザ・グローベル南大塚10階60㎡6,688万円【坪単価367万円】
2017-06-16

続けて、ザ・グローベル南大塚。

設計はPCMCアーキテクトサポート、施工は吉原組です。

デザインコンセプトはいつも通りの「グローベルな感じ」と言えば伝わるでしょうか。
グローベルシリーズでは最高単価水準の物件とは言え、敷地面積は約350㎡というスケールしかない物件ですし、20~60㎡台のコンパクト目の物件であることを考えてもこれ以上の高級感を演出するのは難しいのでしょうね。

けして安っぽくはないのですが、平均坪単価360万円(ぐらい?)の物件であることを考えると何かもうひと工夫あって欲しかったという印象はあります。
南面の桜並木はとても美しいので、その桜並木側にガラス貼のエントランスラウンジ(ソファセット1つだけでも十分)を設けるとかね。

前回のザ・グローベル南大塚

公式ホームページ
IMG_1669[1]
お部屋60㎡の3LDK、南向き中住戸です。桜並木通りを挟んだ南側には10階建のプラウドフラット新大塚があるので、南東方向の視界に多少の影響がありますが、細い物件なので影響は少なく、10階住戸であれば高台ポジションらしい開放感のある眺めが享受できます。

間取り的には物件内では貴重な60㎡台、かつ、3LDKとなっています。本来であれば南東角や南西角にこのようなタイプがプランニングされるのでしょうが、そのプラウドフラットの影響や前回の記事で書いたような販売価格上グロスが高額となりすぎることを加味した結果、中住戸にこのようなプランが用意されているものと思われます。

田の字ベースの横長リビングプランでそれほど意外性のあるプランではないのですが、キッチンが窓際に設計されている点は1つの特長と言って良いでしょうね。

キッチンが窓際にあることでいわゆる一般的な横長リビングプランに比べると開口部を確保しづらくなってはいるのですが、水回りの動線にも優れていますし、このキッチン位置に魅力を感じる方もいらっしゃることでしょう。

注意すべきはLD畳数でしょうか。やはりLDKで纏めた13畳表記となっており、キッチンが大き目なプランなのでLDはかなり小さめです。入口付近にも実質的には廊下と言える部分が大き目に混入していますし、実質8畳あればいい方という感じでしょうか。

60㎡の3LDKですし、収納が専有面積のわりに充実している印象のあるプランであることを考えると当然とも言えるのですが、このLDKを纏めた表記は褒められたものではありませんね。

ベッドルーム1及び2も畳数表示自体はまずまずですが、いずれも柱が食い込んでのものですし(食い込み部分は畳数にカウントされている)、60㎡というかなりの狭小3LDKのわりには効率性の追求が今一つという印象があります。

坪単価は367万円。視界抜けが得られる上層階住戸ですので、驚くような水準とまでは言いませんが、65㎡超であれば優に7,000万円を超える単価水準であり、このような強気な単価水準で販売したいがゆえに面積を限界まで絞っているのは間違いないところと言えます。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーがないのは仕方ないにしても、この単価水準で水回り天板が天然石仕様となっていないのは残念ですね。
ただ、食洗機、トイレ手洗器、キッチンのカップボード(専有面積の小さなプランを除く)、さらにLDだけでなくキッチンにも床暖房(1K除く)を搭載している点は評価できるでしょう。

全戸南向きで標準的な物件よりも冬場暖かい住戸が多いことを考えると、多少のチグハグさを感じなくもないですが…。

管理費は325円/㎡。20~60㎡台の総戸数41戸という小スケールとは言え、外廊下、かつ、ディスポーザーなしであることを考えるともう少し安く出来ていると良かったでしょうね。

駐車場は身障者用を含む全2台でいずれも平置となります。

2017年5月の首都圏マンション発売戸数 | topページへ戻る | 【2駅4分、住環境にも優れた高台立地】ザ・グローベル南大塚3階54㎡5,658万円【坪単価345万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る