top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  ブリリア本郷レジデンス【小規模のハンデを補う設計とデザイン】2階70㎡7,590万円(坪単価358万円)

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)

ブリリア本郷レジデンス【小規模のハンデを補う設計とデザイン】2階70㎡7,590万円(坪単価358万円)
2017-07-06

続けて、ブリリア本郷レジデンス。

設計は陣設計、施工は岩田地崎建設です。
オーベルアーバンツ神楽坂クレヴィア成城で見所のあるデザインを提供してくれていた陣設計さんのデザインが施された物件で積層石の基壇部やテクスチャーの異なる2種タイルを用いるなど、かなりの小規模物件というハンデを補うべくデザインに力を入れた物件となっています。

エントランス周りの植栽も敷地面積約330㎡というスケール以上に充実していますし、エントランスコリドーを何度も曲げることであえてエントランス動線に奥行を持たせた物件で、共用部にスケール以上のゆとりを感じることのできる物件となっていることは確かでしょう。

まぁ、ソファセット1つぐらい置けるスペースはあって欲しかったとは思いますし、内廊下のデザインもありきたりな感じのものでそのあたりで差別化が図れているとなお良かったのかなとは思ってしまう部分はありますけれどもね。

前回のブリリア本郷レジデンス

公式ホームページ
IMG_1826[1]
お部屋は70㎡の3LDK、北東角住戸です。低層階なので視界抜けも日照もほぼ得られませんが、両面共に接道しているので、それほど圧迫感があるわけではありません。

間取り的には玄関の目の前にエレベーターがあるのはどうかと思いますが、やはり角住戸にしては廊下をほどほどの長さに出来ています。

広さもほぼ同じですし、基本的には先ほどのプランと大差ない印象なのですが、柱に関してはちょっと異なる印象がありますね。

こちらの方がバルコニー内に逃がせている柱がない分、柱の食い込みが大きくそれによる面積消費が気にならないと言えば嘘になります。

北側バルコニーがこのような雁行形の設計となっている点は外観デザイン的には大いに評価できる点ではあるのでしょうが、専有部的に言えばこの形及びポジションのバルコニーはちょっと疑問ですね。

ちなみに2階住戸だけは、地上からの視線に配慮してか東面のダイレクトサッシのサッシ高が低くなるようです。

坪単価は358万円。両面共に接道しており低層階にしては囲まれ感が少ないため、同階南東角住戸よりも幾分高い水準となっています。ただ、それでもここ1~2年の物件の中ではリーズナブルな水準と言え、ここ最近の右肩下がりの市況感が反映されたものとなっていると思います。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんが、食洗機、シーザーストーンの水回り天板、トイレ手洗いカウンター、廊下、洗面所、トイレ床のタイル貼など、違和感のないものにはなっています。
また、近年のブリリアシリーズでお馴染みの3タイプのキッチンセレクトも可能です。

管理費396円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下ですし、1フロア2戸のかなりの小規模物件であることが大きく影響してしまった水準ということになるでしょう。
駐車場は身障者用を含む全2台でいずれも平置となります。



パークタワー晴海【強弱入り混じった値付け、階差にも注目】30階57㎡5,860万円(坪単価338万円) | topページへ戻る | ブリリア本郷レジデンス【このエリアでは小規模実績豊富な東建物件】15階70㎡9,690万円(坪単価457万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る