top  >  【新築】横浜/川崎  >  クオス金沢八景シーサイドハウス【これぞベイフロント×豊かな開口部】70㎡5,020万円(坪単価236万円)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

クオス金沢八景シーサイドハウス【これぞベイフロント×豊かな開口部】70㎡5,020万円(坪単価236万円)
2017-07-21

クオス金沢八景シーサイドハウス。

金沢八景駅徒歩5分(シーサイドライン。京急は徒歩6分)の7階建総戸数25戸のレジデンスです。

駅前の土地区画整理事業が進む金沢八景駅を最寄りとするマンションでその区画整理事業地内に誕生したパークホームズ金沢八景ステーションベイフロント以降もマンション供給が盛んになっています。

当物件は、同時期分譲となるクレヴィア金沢八景ザ・ベイ同様に平潟湾に面したポジションで眺望面の魅力が少なくないポジションとなります。

設計はイクス・アーク都市設計、施工は門倉組で直床です。
シンプルなデザインではありますが、クオス新川崎夢見ヶ先公園などと共通点を感じるクオスらしいものでベイフロントのこの地に適した爽やかさがありますね。

敷地面積約550㎡の小粒な物件ではありますが、建物1階部分を中心に平置駐車場を8台有しており、エリアニーズにあった設計となっている点も評価出来ると思います。

なお、小さなスペースではありますが、敷地南側ベイフロントとなるポジションにはサイドテラスというベンチを設けたスペースがあり、平潟湾が一望できます。

公式ホームページ
IMG_1895[1]
お部屋は70㎡の3LDK、南東角住戸です。南は平潟湾、東も低層建物なので、南東~南にかけてパノラマベイビューが楽しめる物件内で最も魅力的なポジションとなります。

当物件は敷地形状が理由で全戸東向き、つまり、この南端の角住戸を除くと「正確には」ベイフロントではなく、そういう意味でもこのプランは魅力的でしょうね。同時期分譲にこちらよりも駅近でベイビューとなるクレヴィアがなければもっと注目されていたことでしょう。

間取り的には、単調な設計とすることなく立地に即したものとなっている点が評価出来ますね。
L字型の奥行のあるバルコニーを設け、かつ、LDの両面に幅のある開口部を施したベイフロントの魅力を余すことなく楽しめるプランとなっています。
キッチン位置に工夫があり、キッチン正面が湾方向となっているのもニクイですね。

バルコニー手摺が透明でなく半透明タイプとなっている点が残念に感じたりもしますが、湾内やシーサイドラインからの視線に配慮してのものなのでしょうか。

なお、角住戸にしては若干小ぶりな面積ではあるのですが、中住戸と同じように玄関廊下を一直線としたプランなので、有効面積的には3LDKとして悪くない水準に達しており、収納が非常に充実している点からもそのように言えると思います。

坪単価は236万円。エリアのランドマーク物件であるパークホームズ金沢八景ステーションベイフロントが平均坪単価約215万円でしたのでその後の相場上昇を少なからず感じてしまう水準ではありますが、北側道路向かいのセルアージュ金沢八景プラージュはこれを上回るぐらいの水準だったことからも分かるようにひと頃よりは落ち着いた水準にはなっていると思います。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし、当然ながら水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものも見あたりませんが、食洗機はついています。
なお、トイレはキャビネット型となります。

管理費は240円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしにしては高い水準ですが、総戸数25戸という小スケールの物件なので致し方ないでしょう。
駐車場が修繕維持コストのかからない全台平置で8台あり、1台あたり駐車場収入が月額2万円程度予定されていることからするともっと安く出来ていてもおかしくなかった印象はありますけれどもね。

オーランド横濱反町【3系統が5~9分×駐車場多め】10階63㎡6,080万円(坪単価317万円) | topページへ戻る | プラウド上鷺宮【プラウドもここまできたか】2階66㎡5,190万円(坪単価261万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る