top  >  【新築】横浜/川崎  >  ザ・マスターズガーデン横濱上大岡【ミッドグリーンパサージュ×ソトコネクト】1階79㎡5,590万円(坪単価235万円)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

ザ・マスターズガーデン横濱上大岡【ミッドグリーンパサージュ×ソトコネクト】1階79㎡5,590万円(坪単価235万円)
2017-07-18

ザ・マスターズガーデン横濱上大岡。

上大岡駅徒歩5分(京急線。ブルーラインは徒歩6分)の4階建総戸数99戸のレジデンスです。

年初に注目マンションとして挙げたこちらのマンションは、南西垂れの第一種低層住居専用地域という恵まれたポジションに誕生します。

竹中工務店の社宅跡地ということで、野村不(売主)×竹中工務店(売主・設計・施工)のJVという形になっており、その「ザ・マスターズガーデン」という名前を聞いただけでもこの物件への力の入れ加減が分かるというものです。

上大岡駅前はかなり賑わいのあるエリアとなっているわりには駅徒歩5分圏内の物件はそこそこあるのですが、駅東の高台ポジションの物件となると極端に少なくなります。

まして当物件はその高台の南西の先端付近に位置しており、南傾斜及び西傾斜のポジションとなっているので、上層階住戸からは日照と眺望を両立することが可能となるのです。

さらに言うと、当物件は高台感を味わいづらい東向き住戸の眼下に約2,400㎡の広大なプライベートガーデンを施すことで、いずれの方角の住戸にも魅力を生み出しており、そのポジションはもちろんのことそのポジションを活かしたランドプランにも大きな価値を感じることが出来ますね。

竹中社宅時代とは全く異なる配棟計画となっており、南からの日照とガーデンビューが両立した住戸がないことに若干の残念さを感じたりもしますが、「総戸数99戸のバランス」という観点からはこれがベストと言っても過言ではないエリア内では並ぶものの見当たらない物件ではないでしょうか。

駅前とは約40mもの標高差があるため、徒歩5分という数字以上の労力がかかるのは言うまでもないわけで、近年はひと昔前ほど「高台立地」がもてはやされることがなくなったこと(とにもかくにも利便性が重視されるようになりつつある)は気になる材料の1つではあるでしょうが、それらの懸念材料を上回るだけの魅力ある物件と言えるでしょうね。

公式ホームページ
IMG_2073[1]
IMG_2074[1]
お部屋は西棟の80㎡弱の3LDK、北西角住戸です。西側は道路の向かいにルネ上大岡があるので若干圧迫感がありますが、北~北西方向にかけてはやはり下傾斜しており、北側敷地内平置駐車場のグラウンドレベルは0.5階分ぐらい下にあるので、感覚的には1.5階相当と言えるでしょうか。

間取り的には角住戸ながらLDが角位置にないのは残念に感じますが、西面は幅のある連窓サッシが採用されているので、LDの開口部だけでも十分な幅がありますし、低層建物件ならではの柱の細いスッキリしたプランニングにも好感が持てます。

専用庭こそありませんが、バルコニー先には豊かな植栽が施されていますし、1階住戸は西棟と東棟の間に設けられた「ミッドグリーンパサージュ」という植栽豊か、かつ、デザイン性も高い共用廊下を通って住戸までアクセスできるというのも好材料でしょう。

玄関前までそのミッドグリーンパサージュが施されているのも大きな魅力と言えますが、さらに言うとそのような1階住戸ならではの特長ある部分がありながらも、窓からの景色に「1.5階感」があるというのも貴重ですよね。敷地は南に行くほどグラウンドレベルが高くなっているのでこの北西頂点部にあたるこの住戸は1階住戸の中で最も「1階感」が薄いのです。

80㎡近い専有面積がありながら玄関がしっかりと凹んだ位置にあり角住戸にしては廊下が短く出来ていることで有効面積も上々ですし、マンション市況が芳しくない状況下ではありますが、このお値段でまだ売れていないのが不思議に感じるぐらいのプランですね。

このプランに限ったことではありませんが、玄関に換気窓が施されている点にも素晴らしさを感じる物件で、高台物件らしく風通しにも拘ったコンセプトも評価できる点でしょう。。

なお、当物件には風通しの良さをお知らせする「ソトコネクト」という日本初実装の試みがなされています。
ソトコネクトは竹中工務店が開発した集合住宅向けの外部環境表示システムで、インターホンにて気温・湿度・風向き・風速・PM2.5・花粉など多岐にわたる情報を確認できるとのことです。
これは素晴らしいし、とっても面白い試みでもあるのではないでしょうか。

坪単価は235万円。年初の記事でプランを掲載した90㎡超の南に面した角住戸プランは坪単価約330万円という水準で良いポジションの住戸はかなりのお値段となった物件ですが、物件内では地味な部類となるこのような住戸は物件パフォーマンスからするとお得感のあるお値段設定となっている印象です。
これだけ特長ある立地その他のパフォーマンスを有した物件ですので総戸数99戸程度であれば下限をもっと高くしても完売はそう難しくはなかったはずですが、販売時期が市況停滞期にモロにぶつかってしまったがゆえに下層階等はパンダ感のある値付けにせざるを得なかった模様です。第1期前後はかなり大盤振る舞いな販促(集客するためのプレゼント攻勢)も行っていましたし、このパフォーマンスをもってしても完売までの道程は簡単ではないようです。

ザ・マスターズガーデン横濱上大岡【秀逸なランドプランとデザイン】3階76㎡6,390万円(坪単価279万円) | topページへ戻る | クリオ鷺沼マスターテラス【中住戸なのに80㎡近いゆとり×ライオンズ風キッチン】5階79㎡7,787万円(坪単価327万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る