top  >  【新築】江東/台東/墨田  >  プラウドシティ越中島【ホロレンズ×豊富なセレクトメニュー=理想の青田売り】2階73㎡5,800万円台(予定)(坪単価261万円)

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)

プラウドシティ越中島【ホロレンズ×豊富なセレクトメニュー=理想の青田売り】2階73㎡5,800万円台(予定)(坪単価261万円)
2017-07-31

続けて、プラウドシティ越中島。

設計・施工は長谷工ですが二重床が採用されています。

デザイン面はありきたりな感じで坪単価300万円前後の価格水準からすると少々の物足りなさがあるのは否定出来ませんが、2層吹抜のエントランスホールはスケール・価格なりの高級感のあるものですし、最上階に共用施設を複数用意しているあたりに意外性を感じることのできる物件です。

最上階にはスカイラウンジの他、リラクゼーションルームと2つのコンビネーションルーム(パーティールームとゲストルームの用途として利用可)を施しており、15階建の物件としてはかなり珍しい設計と言えるでしょう。

タワマンでは最上階もしくは高層階に共用施設が設けられるのが一般的(最近は少しでも売上を伸ばしたいがために最上階に共用施設を設けることが少なくなりましたし、スミフさんの一部の物件のように低層階にしか共用部を設けないケースもありますが…)なのですが、15階建以下の一般的な階建の物件においてこういったポジションに共用施設が設けられることは非常に稀なのです。

湾岸エリアで分譲する以上タワマンがライバルとなるのは避けられず、タワマンと戦うための施策と言う側面もあるのでしょうが、他物件との兼ね合いを抜きにして単純に当物件が「15階建ながら眺望良好」ということを反映させた結果でもあるのでしょう。

また、当物件にはその最上階共用施設以上に注目すべき点があります。スタイルセレクトという豊富なセレクトメニューです。

一般的な物件同様に建具等のカラーセレクトはもちろんですが、それに加えキッチンや洗面浴室の設備などを対象とした豊富なセレクトメニューが用意されているのです。

細かな説明は割愛しますが、大まかに言うと「充実スタンダード」「時短コンフォート」「大人スタイリッシュ」というコンセプトの異なる3つのライフスタイルを想定したものから選べるようになっており、それぞれの枠の中でもさらに細かに選択できる部分があるので、選択できる余地が非常に多く無償セレクトは実に最大2,592通りにもなるとのことです。

ちなみに、最も特徴的なのは「時短コンフォート」でそれ以外の2プランで採用されている水回りの天然石天板仕様こそないものの、浴槽がお掃除浴槽となっており時短コンフォートの名に恥じない好仕様となっています。

当物件は青田売りながらマイクロソフトの「ホロレンズ」を用いて物件を体感できる日本初の試みを採用しており、青田売りのデメリットをカバーしつつも豊富なセレクトプランで青田売りの良さを最大限に発揮するという非常に理にかなった消費者ライクな試みがなされていると感じます。

これを売りにしている以上、第1期時点で既にアクアテラスの1~3階がセレクト対象外(施工時期との関係上)となっているのはどうかと思いますが、今後他物件でぜひとも導入して欲しいぐらい興味深い施策と言えると思います。

前回のプラウドシティ越中島

公式ホームページ
IMG_2078[1]
お部屋はブライトテラスの73㎡の3LDK、南西向き中住戸です。豊洲運河沿いには14階建のルネベイグランデ門前仲町があるので、視界抜けが得られるわけではありませんが、その手前に戸建住宅が並んでいるので、低層階でも日照は良好で視界的な圧迫感等もないでしょう。

当物件の中住戸は3LDK(2LDK+S含む)に限ると68~77㎡のレンジとなっており、物件内では中ぐらいの大きさになるのですが、ブライトテラスはアクアテラスに比べやや面積が小さめの構成となっているので、当プランはブライトテラスの中では大き目のものとなります。

プラン的には田の字ベースの横長リビングプランということでオーソドックスなタイプではあるのですが、近年の中住戸としては広めの面積が確保されているので各所にゆとりがありますし、物件内では比較的柱の影響が少ないプランとなっている点も良い材料ではないでしょうか。

1~4階は5~15階に比べリビングの天井高が5cm高い2.5mですし、こちらブライトテラスの低層階は前述のセレクトメニューが対応可能となっているのも大きなメリットでしょう(第1期時点)。

坪単価は予定価格で約261万円。前回の記事で書いたように上層階比率が低い物件なので、上層階はかなり強烈な単価設定となっていますが、住戸数の多い中層以下はほどほどのお値段設定で特に視界抜けのない低層階は3LDKでも5,000万円台(1,000万円単位)が多くなっていますね。

パークタワー晴海有明トリプルにも5,000万円台の3LDKはありましたので、けしてインパクトのある価格帯ではないのですが、それらの5,000万円台住戸は基本的に北向きなど日照が芳しくない方角にあるので、南向きに拘りのある方にとっては検討対象となり得るでしょう。

まぁ、その2つのタワマンは昨年分譲されていたらもっと高額となっていたことが確実、つまり、市況の悪化に伴い北側を中心にパンダ部屋を設定してきているわけで、そういう意味ではここももう少しパンダ感のあるお部屋があっても良かったとは思うんですけどもね。

設備仕様面は、ディスポーザー、食洗機、トイレ手洗いカウンターなど一般的なものは備わっていますし、前述のように多彩なセレクトメニューによる「+α」が望めることを考えると単価以上のものと言って良いでしょう。

管理費等は正式価格発表後に言及しようと思います。



ファインスクェア海老名【グレーシアタワーズの隣に】3階63㎡4,218万円(坪単価220万円) | topページへ戻る | プラウドシティ越中島【東京駅まで4分+4分】14階83㎡8,700万円台(予定)(坪単価約348万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る