top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  シティハウス四谷坂町【繊細なデザイン×複数の吹抜】55㎡6,200万円台(予定)(坪単価370万円)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

シティハウス四谷坂町【繊細なデザイン×複数の吹抜】55㎡6,200万円台(予定)(坪単価370万円)
2017-07-30

続けて、シティハウス四谷坂町。

設計・施工は大豊建設です。
外観デザインは近年のスミフさんの物件で頻繁に採用されているクールな打ち放しと木調の温もりを共存させた類のものとなるのですが、当物件はそのような中でもバルコニー周りをかなり細かに設えており、幾何学ラインが生み出すアシンメトリーな外観はインパクトと高級感を両立させることが出来ているのではないでしょうか。

総戸数46戸の物件ということで特別なゆとりを感じることができる共用空間こそありませんが、エントランスホールの床は部分的にヘリンボーンを採用することでかなりデザイン性が高いものとしていますし、スケールに欠ける分デザイン面に力を入れている様子が伺えるのは評価できる点でしょう。

内廊下はこの価格帯の物件としてはかなり淡泊、かつ、ありきたりなデザインなのは残念ですが、中住戸においても開口部を確保するためにフロア中央部に複数の吹抜を設計しているあたりも大きな特長と言えるでしょう(詳細は下部で)。

前回のシティハウス四谷坂町

公式ホームページ
IMG_2114[1]
お部屋は55㎡の2LDK、北向き中住戸です。北方向は靖国通り沿いに背の高い建物があるものの、その手前は細い道路に面しており、その道路沿いは背の低い建物となるので低層階でも圧迫感があるレベルではありません。

間取り的にはLDを10畳超確保することを念頭に置いた都心近郊では適度な大きさの2LDKで、中住戸としてはオーソドックスな居室配置となったプランなので一見驚きはないでしょう。

しかしながら、マンションオタク的な視点で言うとこのプランニングで吹抜が設計されているのはかなり凄いこと、かなり珍しいことだと思っています。

内廊下物件の中住戸であっても2LDKであれば行灯部屋となる洋室が1室存在していても「リビングイン」とすることで建築基準法上の居室要件(LDと一体で建築基準法上の開口部要件を満たせば行灯部屋でも居室とみなすことができる)を満たすことが出来るので、わざわざ吹抜を設けてまで吹抜側に開口部を造る必要はないのです。

そもそも吹抜を設けたところでさして採光は得られませんし、当物件の南向き中住戸のように「リビングインでない行灯部屋」が生じてしまうケースにおいてだけ吹抜を設計しておくのがよくあるケースなのですが、当物件は採光だけでなく通風面も加味したためかこのようなタイプの吹抜プランも設けており、内廊下の中住戸としては通風がかなり期待出来そうなものとなっているのは大いに評価して良い点かと思います。

また、柱・梁との関係上、洋室2の引き戸の方立てが大き目となっているのは残念ですが、結構幅のある連窓サッシが採用されているのも魅力の1つでしょう。バルコニーの奥行はやはりもう少しあって欲しかったですけれども。

坪単価は予定価格で約370万円。先ほどの上層階南東角住戸との単価差は小さめで専有面積がコンパクト目な分、単価が多少高めの設定となっているようです。
ただ、この広さであれば資産価値上、芳しくない日照はあまり気になりませんし、利便性上々の立地条件からするとこの単価帯でのニーズはわりとありそうですね。

設備仕様面は、総戸数43戸とは言えファミリータイプも少なくないこの価格帯の物件でディスポーザーついていないことに驚かされますが(お隣のジオは同規模ながらしっかりとついていました)、食洗機、天然石のキッチン天板、トイレ手洗いカウンター、ミストサウナなどそれ以外はそれなりのものとなっています。

管理費は304円/㎡。内廊下ではありますが、ディスポーザーがついておりませんので、少し高めの水準と言えるでしょうか。

駐車場は全4台で身障者用1台を除き機械式となります。

プラウドシティ越中島【東京駅まで4分+4分】14階83㎡8,700万円台(予定)(坪単価約348万円) | topページへ戻る | シティハウス四谷坂町【住友さんにしては現実的な価格設定】76㎡9,200万円台(予定)(坪単価400万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る