top  >  【新築】豊島/板橋/練馬  >  リリーゼ光が丘アベニュー【区画整理事業地内×個性的なプラン】5階68㎡4,540万円(坪単価220万円)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

リリーゼ光が丘アベニュー【区画整理事業地内×個性的なプラン】5階68㎡4,540万円(坪単価220万円)
2017-08-21

リリーゼ光が丘アベニュー。

光が丘駅徒歩14分の5階建総戸数18戸のレジデンスです。

リリーゼ光が丘よりもさらに光が丘駅まで距離のあるポジションになりますが、大江戸線の延伸構想のあるエリアで、延伸が実現すれば当物件から徒歩1~2分ぐらいの場所に土支田駅(仮称)が出来る可能性が高くなっています。

実現すれば駅前となるこのエリアはパークホームズ光が丘ブライトアベニューの記事でも書いたように大規模な土地区画整理事業が行われており、当物件の敷地もギリギリではありますが土地区画整理事業地内と言うことになりますね。

光が丘公園を初めとして駅周辺には数多くの豊かな緑を有する公園が存在していますし、さらに近隣には土支田の森公園も新設されましたので、環境な魅力も大きいポジションと言えるでしょう。

設計はインタープロデュース一級建築士事務所、施工はデベロッパーでもある田中建設です。

リリーゼシリーズではお馴染みの耐震等級2を確保し、かつ、リリーゼ光が丘同様に壁式構造を採用したことによるスッキリしたプランに注目できる物件です。

デザイン面はこちらもすっかりお馴染みとなった感のあるインタープロデュースの澤村氏によるもので、シンプルながらも垢抜けたデザインは上品で素敵ですね。

当物件は通りから目立つ位置にFIXサッシを採用していることで透明感が増し、これまでのリリーゼシリーズよりもさらに洗練された印象を醸し出しているのではないでしょうか。

公式ホームページ
IMG_2447[1]
お部屋は68㎡の3LDK、北東角住戸です。物件内では唯一のノン南向きとなったプランで通り沿いになってしまうのも気になる材料の1つですが、二面とも接道していることにより開放感のあるポジションです。

なお、当住戸を取り上げた最大の理由はこの間取りにあります。
物件内では唯一の70㎡未満のプランということで南向きでないがゆえか面積を絞っている印象があるのですが、その反面、かなり特徴あるプランとなっており非常に興味深いものなのです。

リリーゼシリーズらしく壁式構造が採用された物件で、雁行設計となっている部分も多いせいか角住戸にしては開口部があまり豊かでない点は少々残念です。しかしながら、「プランに合わせた雁行設計」となっていることは当プラン最大の肝であり、収納や浴室を無駄なく収めつつも居室形状を良好なものと出来ているのは細かに凹凸を設けているからに他なりません。

頂点部を雁行設計と出来たことで「玄関から遠くなる部分」を減らすことが出来たため、玄関廊下は非常にコンパクトながら洋室2室をノンリビングインと出来ていますし、廊下が短いながらも空間的な広がりのある玄関周りの設計にも見所がありますね。

トイレはモロに玄関前ですし、プライバシー面では難がありますが、こういった広がりのある玄関はとても気持ちの良いもので魅力に感じる方も少なくないでしょう。

また、洋室1に設けられた2WAYの大きなウォークインクローゼットも面白いですね。
なお、洗面所はリビングの目立つ位置からのリビングインとなっているので、クローゼット側に抜けられる2WAY設計となっているとさらに柔軟性があり良かったかもしれません。

壁式構造なので洗面所と浴室の間など、耐震壁(柱)が専有部内部に入っている部分がありますが、かなり小さなものなので将来的にリフォームをする際にも大きな障害となることはなさそうです。

坪単価は220万円。南に面した角住戸との単価差はほとんど設けられておらず、このような立地(都心部とは異なり南向きか否かがものを言いやすい)の物件ということを考えると少々疑問が残る単価設定ではあるのですが、物件内では小さめのプランでグロスの嵩みが抑えられていることが影響しているのでしょう。

ちなみに、リリーゼ光が丘は平均坪単価210万円弱、パークホームズ光が丘ブライトアベニューは平均坪単価210万円強という水準で、ここもほぼ同じ水準となっているようです。
それら2物件はマンション価格がピークに達する前に分譲されていますので、ここ数ヶ月の相場下落を考慮してもまずまずの水準と言えるでしょうか。
ただそのあたりは誤差の範囲内で資産価値の観点から言うと、結局のところ新駅の実現可否が最大のポイントになるのでしょうね。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし、フローリングに天然素材を使用しているためか床暖房がないのもいつも通りです。ただ、天然オーク材の突板フローリングはやはり質感の良いものですし、珪藻土クロス、天然石のキッチン天板、オリジナルのキッチン(+食器棚)、無に帰することが出来そうなバスルームとリリーゼならではの「美しい住まい」となっています。

管理費は210円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしの総戸数18戸という小スケールからするとリーズナブルな印象です。管理形態も「巡回」でなく「通勤」ですし。
駐車場は全2台で平置となります。

ベルジェンドセンター南デュアリエ【敷地形状を逆手に取ったプランニング】7階61㎡4,810万円(坪単価262万円) | topページへ戻る | ドレッセ用賀【最上階フロアぐらいは特別な設計があっても良かった???】6階74㎡9,260万円(坪単価412万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る