グランレ・ジェイド御茶ノ水【いろんな場所から出入りできるクローゼット】37㎡4,348万円(坪単価384万円)

続けて、グランレ・ジェイド御茶ノ水。

設計はオームラ建築設計、施工はウラタです。
施工のウラタはグランレ・ジェイド若松町レジデンスと同様ですね。

そして、外観・共用部のデザイン監修に宮川祐一氏、ランドスケープデザインに近年のコスモスイニシアの物件のほとんどを手掛けるいろ葉デザインの大武氏を起用し、価格帯なりに力の入った物件となっている印象をうけます。

エントランス内部はリゾートっぽい雰囲気を採用しており、このような立地の物件としてはちょっと珍しいコンセプトではあるのですが、レ・ジェイドシリーズらしさを感じることのできる部分ということにはなるでしょうし、内廊下設計(よくあるシックなデザイン)となっている点も良い材料でしょう。

前回ご紹介した100㎡超、15,000万円超のお部屋の検討者にとっては共用部が寂しく映るかもしれませんが、そのお部屋を除くと30~70㎡台というプランニングですので、違和感はありません。
まぁ、一般的にそういった事情があるがゆえに、物件内で突出した高価格帯のプランを設定しにくいということにはなるわけですが、当物件はあえてそこにチャレンジしてきた物件と言え、価格はさておきこのエリアで面積の広い新築物件をお探しの方には貴重なものとなるでしょうね。

前回のグランレ・ジェイド御茶ノ水

公式ホームページ
IMG_3182[1]
お部屋は37㎡の1LDK、西向き中住戸です。西側は接道していないので、隣接建物がありますが、その手前には当物件の駐車場や駐輪場があるので、前建までは約14m確保されており、圧迫感のあるレベルではありません。

間取り的には物件内で最も小さなタイプでこそありませんが下限付近のコンパクトなものとなります。

前回の100㎡超は例外中の例外で、それ以外はこのような30㎡台中盤の1LDK、50㎡台中盤の2LDK、70㎡ちょっとの3LDKと全体的にコンパクト目でグロス価格の嵩みを抑えたプランニングとなっています。

柱がきれいにアウトフレーム化されたプランニングなのは好印象ですが、面積が小さい分、スパンに対して奥行が出てしまっており、廊下が少々長めとなっている点には注意が必要でしょう。
一見廊下は短いですが、LD内に実質的な廊下部分がかなり大き目に混入していることとなります。

ただ、表記のようにクローゼットがウォークスルータイプとなっており、洋室の他、LDや洗面からも入れるようになっているのが面白いですね。
こういった回遊動線があることで専有面積以上の広がりを感じることが出来ると思いますし、間取り(部屋)に飽きにくいという効果もあると思います。

一方、洋室の引き戸はもっと大きく開け放つことの出来るウォールドアタイプとなっているとなお良かったでしょうね。

坪単価は384万円。低層階でも面積を絞っている分それなりの単価にはなりますが、前回の記事で書いたようにこの界隈の供給は連続しており需要がかなり奪われた後ということでそこそこ現実的な水準にはなっているのかなと。
40~50㎡台であればこの単価は至って普通という感じですが、30㎡台ですのでそのような印象となります。

設備仕様面は、総戸数53戸とは言え30~50㎡台も多い物件ですのでディスポーザーがついているのはかなり意外でした。このあたりにも前述のグランレ・ジェイドシリーズの気概を感じることが出来ますね。
食洗機、ミストサウナ、フィオレストーンの水回り天板、トイレ手洗いカウンター、タイル貼の廊下、LDビルトインエアコン(70㎡超のみ)、とそれ以外も全体的に力の入った仕様となっています。

管理費は335円/㎡。そこまでスケール感のある物件ではないので、内廊下、かつ、ディスポーザー付でこの単価はリーズナブルに感じますね。

駐車場は全9台で身障者用を含む3台が平置、残りの6台が機械式となります。

0 Comments



Post a comment