top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  オープンレジデンシア中野平和の森公園【全体的にオプレジらしからぬ柱】2階58㎡4,298万円(坪単価246万円)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

オープンレジデンシア中野平和の森公園【全体的にオプレジらしからぬ柱】2階58㎡4,298万円(坪単価246万円)
2017-11-15

続けて、オープンレジデンシア中野平和の森公園。

設計はカイ設計、施工は風越建設です。
カイ設計はオープンレジデンシア虎ノ門オープンレジデンシア大井町など当ブログではオプレジでしか登場していない会社さんになります。

当物件の最大の注目点は、前回の記事でも述べたように「こういったゆとりある土地にオプレジが設計されるとどうなるのか?」という点でしょう。

敷地形状はL字型ですし、鉄塔があることも影響し、「南向き」感の弱い住戸が中心となっているのは残念ではあるのですが、妙正寺川沿いに設けられたオプレジらしからぬ優雅な車寄せはインパクトのあるもので、当物件の最大の売りと言っても過言ではないでしょう。

空地率約59%と上々の空地を確保しながらも空地の大半を1階住戸の専用庭及び平置駐車場(9台)としているので、緑豊かなガーデン(共用)などを設けることは出来ていませんが、新しいオプレジを見ることが出来た感じでちょっと嬉しい気持ちにはなりますね。

駐車場台数はけして多くはなく、それなのにこのような優雅な車寄せが必要?、という疑問もなくはないのですが、車寄せはタクシーなどを利用する際にも関係してきますし、今後もこういった大き目のオプレジを見てみたくなりますね。

なお、外観デザインは近年のオプレジらしい高級感を意識したもので、大手デベ物件と比べても遜色のないものとなっています。いつもは小規模物件になりますが、このスケールでこのデザインを採用するとより高級感が得られますし、エリア及び価格帯からすると上々と言えるもので周辺でも結構目立つものになるのではないでしょうか。

前回のオープンレジデンシア中野平和の森公園

公式ホームページ
IMG_0018[1]
お部屋は58㎡の2LDK、南西向き中住戸です。正面方向、道路の向かいは変電所になりますが、1階住戸に奥行のある専用庭が設けられていることからも分かるように前建までの距離は結構確保出来ており、低層階でも日照時間が長そうなお部屋になります。

間取り的には、やはりオプレジらしからぬ柱のアウトフレームが特徴的ですね。
南西面がやや雁行に設計された物件であるため、LDK内に若干柱の食い込みが見られますが、それ以外は完全にアウトフレーム化された悪くないものです。

玄関出てすぐのところにはエレベータがありますが、扉の開く向きがエレベーターとは反対方向になっているので、扉を開けた際に人がいても玄関の中が丸見えになることはなさそうですし、収納が充実している点も1つの魅力と言えるでしょう。

収納が充実している分、居室畳数は面積のわりに若干小さめな感じですし、1317の浴室も残念ではあるのですが、無駄が目立つプランでないのは良い点と言えます。

坪単価は246万円。低層階ながら先ほどの角住戸と大きな差のない水準でコンパクト目のお部屋なりに単価を幾分強めの設定にしているようです。

設備仕様面は、食洗機、天然石のキッチン天板、トイレ手洗いカウンターと単価的に上々のものとなっていますね。
なお、オプレジとしてはスケールがあるとはいえ総戸数51戸ですのでディスポーザーはありません。

管理費は203円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですので、けして安くはありませんが、スケールからして妥当な範囲内かと思います。

2017年10月の首都圏マンション発売戸数 | topページへ戻る | オープンレジデンシア中野平和の森公園【平和の森公園及び小学校至近】5階71㎡5,448万円(坪単価255万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る