top  >  【新築】世田谷/杉並  >  ブランズ二子玉川テラス【246と丸子川に挟まれた徒歩6分】4階74㎡9,790万円(坪単価435万円)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

ブランズ二子玉川テラス【246と丸子川に挟まれた徒歩6分】4階74㎡9,790万円(坪単価435万円)
2017-12-04

ブランズ二子玉川テラス。

二子玉川駅徒歩6分の5階建総戸数79戸のレジデンスです。
2015年以降、強気なお値段で販売していたシティハウス二子玉川(駅徒歩5分)よりも幾分駅には遠くはなりますが、そこそこのスケール感があり、外観等のインパクトもかなり意識した物件なので気になっていた方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、当物件はファミリータイプ中心の総戸数79戸ですが、プラウドタワー二子玉川ライズタワー&レジデンス(全3本)の2つのタワマンを除くと、二子玉川駅徒歩5分圏内で大き目となる物件は同じく東急不さんが分譲したブランズ二子玉川(17階建総戸数110戸)ぐらいなので、わずかに徒歩5分は超えてしまうものの「低層建」でそこそこのスケールを持った当物件はまずまずの希少性を持っていると言えるでしょうね。

ただ、「5階建」という時点で落ち着いたポジションをイメージした方もいらっしゃるのではないかと思いますが、246に隣接したポジションとなるのは印象的にもお値段的にも悩ましいところではあるでしょう。

当物件の敷地は西側が246に面しておりちょうど厚木街道と玉川通りに分かれたところになっているので、より車線数が多いですし、厚木街道が高架となっていく部分なので、西向き住戸は上層階でも高架が視界に影響を与えることとなります。

公式ホームページ
IMG_0112[1]
お部屋は74㎡の2LDK+サンルーム、南西角住戸となります。上層階住戸ではありますが、南は当物件とほぼ同じ高さのパレ二子玉川、西は高架となりますので、視界は芳しいとは言えません。ただ、日照的にも申し分のないポジションにあり、サンルームを設けているのが大きな特徴となります。

LDの外側にサンルームがあることで引き戸を閉めるとLDは西日の影響を最小限に抑えることが出来、真夏も快適そうですね。
サンルーム内の日照は西日が中心となり、真夏の午後はあまり心地良いものではないので、普通の居室とせずにあえてサンルームにすることでメリハリを持たせているのかもしれません(思う存分太陽を浴びたい場合はサンルーム、むしろ浴びたくない場合はLDという感じ)。

そんなんなら最初から窓なしの部屋で良かったんじゃ…という意見も出てきそうですが、LDの外側にサンルームを施すことでLDは246の喧騒の影響もより抑えることが出来そうですし、サンルームがあることで柔軟性のある使い方が可能となっているようには思いますね(引き戸が完全に開け放てるものとなっているとさらに良かった)。

なお、当プランは地味に柱位置が素晴らしいと思います。サンルームにこそ食い込みが見られますがそれ以外は完全アウトフレームで居室形状も申し分のないものです。

玄関がいい感じに窪んだ位置にあるので、角住戸としては廊下が短めで済んでいますし、やや大き目に設計された玄関下足スペースも広がりがあって印象の良い空間となりそうです。

坪単価は435万円。丸子川向き(東向き)は低層階から500万円を超えるぐらいの単価設定となっており、246沿いであることが考慮された値付けにはなっているようです。

ただ、こちらよりも駅距離があるとはいえ、246沿いで2014~2015年に分譲されたパークホームズ二子玉川ヒルトップザ・パークハウス二子玉川ガーデンの246に面したお部屋は330万円前後が多かったですし、そこから3割程度の上昇と言うのは港・中央・千代田などの都心区を除くとかなり出色な値上がりと言えるでしょう。
このエリアがそれだけ人気ということも言えるのだとは思いますが…。

ブランズ二子玉川テラス【太陽光追尾機能付の吹抜】3階77㎡11,980万円(坪単価514万円) | topページへ戻る | オープンレジデンシア表参道神宮前ザ・ハウス【やはりここも駐車場とディスポーザーなし】3階43㎡7,680万円(坪単価590万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る