幕張ベイパーククロスタワー&レジデンス【レジデンス棟の方が高いんだ…】3階91㎡5,780万円(坪単価210万円)

幕張ベイパーククロスタワー&レジデンス。

既に紹介済ですが、設備仕様についてはまだ述べていませんでしたし、お部屋もタワー棟のみでレジデンス棟については扱っていませんでしたので、再度取り上げようと思います。

当物件の第1期は200戸で、一度に730戸を供給するザ・タワー横浜北仲こそ次元が違いますが、パークシティ武蔵小山ザ・タワーとほぼ同じ戸数ですし、このご時世としては上々のスタートと言って良いでしょう。

なお、内訳としてはタワー棟が194戸、レジデンス棟が6戸となるようです。
レジデンス棟は8階建の総戸数49戸で全戸が80~90㎡とそこそこゆとりあるものにはなっていますが、タワー棟の低層階にも80~90㎡台がありますし、単価にも差はありませんので(むしろタワー棟の低層階の方が安いぐらい…。タワー棟は免震構造なのに…)当然でしょうね。

同じ物件内にはなるので、タワー棟の共用施設はむろん使えるのですが、階高がタワーよりもかなり低くなっていることが影響し、最大天井高はタワーの2.6mに対してレジデンスは2.45mしかないわけですし、普通に考えてもっとお買い得感を出すのが普通だと思うのですがなぜにこのようなお値段設定になっているのでしょうね。

前回までの幕張ベイパーククロスタワー&レジデンス

公式ホームページ
IMG_0107[1]
お部屋は90㎡超の4LDK、南東角住戸です。東方向にはタワー棟が少し被ってはきますが、基本的には敷地内の植栽を望む形になりますし、南東~南にかけては若葉3丁目公園となる低層階でも魅力あるポジションです。公園の向かいには以前の記事でも述べているようにタワマンが建設予定ですので、将来的に日照には幾分影響がありそうですが、タワーは当住戸からはかなり離れた敷地南端に予定されてはいるので、悪くないでしょう。

間取りとしては、レジデンス棟は全戸80~90㎡台となっており、南西角住戸の次に大きなものにはなるのですが、タワー棟の低層階角住戸にはもっと大きなものもありますので、インパクトは大きくはありません。

借地物件にはなりますが、幕張ベイフロントタワー&レジデンスのレジデンス棟は、100㎡のお部屋が中心となっていましたし、プランもかなりのワイドスパンが採用されていたことを考えると当物件のプランは尚更残念に感じます。

広大な敷地からすると、レジデンス棟はもっと横長の板状とすることも可能だったでしょうし、「価格」が無理なのであれば「プラン」だけでもタワー棟との違いを出して欲しかったなと…。

プランはいわゆる「タワマンの角住戸」とは異なりますので、「違い」はありますが、明確な長所ということになると、南面バルコニーの深い奥行ぐらいでしょうか。

南面バルコニーの奥行は約2.4mもあり、普通の物件ではなかなか実現しないものとなります。専有部形状自体の奥行(玄関からバルコニーまでの距離)がかなりあるので、廊下が長くなってしまっているのは残念ではあるのですが、キッチンからバルコニーにかけての空間的な広がりはかなりのもので、バルコニーの大きな角住戸に住みたい方には魅力あるタイプということになってくるのかなと。

坪単価は210万円。タワー棟の同じ階の南東角や南西角よりも高い水準で正直なところかなり違和感のある値付けなのですが、低層階であってもタワー自体が好きでない方も中にはいらっしゃるでしょうし、バルコニー好きはこちらに…って感じなのでしょうか。

設備仕様面は、ディスポーザーに食洗機、トイレ手洗器など、上々のものとなっています。
水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものは見当たりませんが、浴室照明はダウンライトですし、この単価水準でトイレ手洗器がついているだけで平均以上と言えますね。

ただ、せっかく大きなバルコニーがあるわけですし、レジデンス棟だけでもスロップシンクがついていると良かったという思いはあります。

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/09 (Fri) 20:54 | REPLY |   
モモレジ

モモレジ  

Re: タイトルなし

おっと、うっかり間違えてしまったようです。
修正させていただきました。

ご指摘いただきとても助かりました!

2018/03/09 (Fri) 21:44 | REPLY |   


Post a comment