top  >  各賞発表  >  【今年もモモレジ比率に注目してね】2017年管理費部門②

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2350棟5200室)



【今年もモモレジ比率に注目してね】2017年管理費部門②
2017-12-26

先ほどの記事の続きでまずは【銀賞】を解説していきます。

後ほど2017年管理費ランキングを掲載しますので、そちらをご参照いただくと一目瞭然なのですが、モモレジが把握できている物件の中で2017年において管理費が安かった上位4物件を【銀賞】としました。

アーデル横濱弘明寺(93円/㎡)
セイガステージ大泉学園(101円/㎡)
ファインスクェア新横浜(102円/㎡)
ファインスクェア海老名(112円/㎡)

いずれも外廊下、かつ、ディスポーザーなしの物件にはなりますが、平均的な物件(外廊下、かつ、ディスポーザーなしの物件に限ると200円/㎡程度のはず)の半分程度の水準で、平均的なファミリータイプを想定するとその差は月額で6,000~7,000円にもなります。
借入期間35年で0.5%の変動金利を想定した場合、月々の7,000円は約270万円の借入に相当することとなりますので、そういう意味でも価値ある水準ですよね。

そして、【銅賞】ですが、こちらは昨年同様で「モモレジ比率」の高さが受賞理由となります。
モモレジ比率は言わずもがな私が勝手に作った比率で「物件の平均坪単価が管理費の何倍」にあたるかを計算したものとなります。

普段から幾度となく言及しているように「支払能力の高い方が購入する高額物件ほど管理費単価が高くなる傾向にある」のは明白で「高額物件であるにもかかわらず(高額でも売れるだけのパフォーマンスがありながら)管理費が安い」というケースはかなり珍しく、物件の価格帯に大差なくとも管理費単価で150~200円/㎡という大きな差が出るケースもあるので、ぜひとも比べてみていただきたいですね。

アトラス品川中延(124円/㎡、約2.8倍)
ローレルコート大井町(190円/㎡、約2.0倍)
ザ・パークハウス本郷(217円/㎡、約2.2倍)

モモレジ比率が2倍を超える物件は非常に限られており、中でもこれらの物件は共用部・専有部共に一定以上のグレード感(高級感)を醸し出しつつも管理費を抑えることが出来ているあたりに価値を感じることが出来ますね。

アトラス品川中延はかなりの高価格帯、かつ、総戸数195戸というスケールがありながらディスポーザーを導入しないというある種の暴挙とも言える施策が影響しての結果であることは否定しませんが、それを加味しても出色の水準であり、マンション価格高騰を少なからず補ってくれる「意味のある試み」です。

個別記事で書いたようにこういった建替案件は既存の管理会社をそのまま起用することで管理費を抑えるケースもありますが(地権者の意向でそのようになることも少なくない)、アトラス品川中延はデベ系列の旭化成不動産コミュニティで124円/㎡という水準なのも大きな特長の1つと言えるでしょう。

ザ・パークハウス本郷は平均坪単価500万円近い高額物件で総戸数92戸というそこそこのスケールがありはするものの200円/㎡ちょっとに抑えることが出来ているのが素晴らしいと思います。
コンシェルジュサービスこそありませんが、内廊下、かつ、ディスポーザー付ですし、この管理費で敷地内及び物件内がきれいに保たれるのであれば非常に魅力的でしょう。

同様の設備・サービスが得られる坪単価400万円超の物件での300円/㎡未満はほとんど見かけることがないのです。



【384物件の平均は270円/㎡と横ばい】2017年管理費ランキング(トップ10・ワースト10) | topページへ戻る | 【金賞はディスポーザー付ながら管理費のお安い3物件】2017年管理費部門①

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る