top  >  各賞発表  >  【本年も多くの皆様にご覧いただき、とても嬉しいです】マンション番付完全版①【大関~小結発表】

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2350棟5200室)



【本年も多くの皆様にご覧いただき、とても嬉しいです】マンション番付完全版①【大関~小結発表】
2017-12-31

さて、ここからはいよいよマンション番付の未公開部分に入っていこうと思います。

横綱以外を発表してしまいましょう。
SnapCrab_NoName_2017-12-29_13-36-12_No-00.jpg

【小結】
パークシティ武蔵小山ザ・タワー幕張ベイパーククロスタワー&レジデンスです。
どちらもJVですが、デベロッパーオブザイヤーの三井さんが中心となったプロジェクトでどちらもスケール感と将来性を感じる魅力と安心感のあるものです。

これより上位にランクインした物件と比べると「驚き」や「インパクト」といったような要素に欠けたがためにこの位置となりましたが(特にパークシティ武蔵小山は「三井さんの高額タワー」ということを考えると間取り面・構造面のパフォーマンスが今一つと感じた)、どちらも2017年を代表する物件の1つでしょう。

ちなみに先日の番付表ではパークシティ武蔵小山は「寺尾氏(元関取ではない方)が大人買いする商店街隣接」と記載していました(笑)。
寺尾聰さんが大人買いするのは「パルム」ですね(笑)。

【関脇】
アトラス中野南台アトラス品川中延です。

どちらもデザインに優れた物件ですが、中野南台はデザイン部門でも金賞としたぐらい素晴らしい物件で総戸数68戸とは思えないエントランス周りのスケール感にも注目して欲しいですね。インスタ映えすると思います(笑)。

2017年デザイン部門

アトラス品川中延も申し分のないデザイン性を有する物件で、旭化成の十八番とも言える木造密集地域の建替案件となります。こういった大規模建替PJは、地権者はもちろんのこと防災面で周辺住民にとっても大きなメリットとなるのは言うまでもありませんし、敷地北側に設けられた第三者も利用可能な広場空間もとっても素敵でしたね。

なお、アトラス品川中延は超安い管理費にも注目できる物件でした。

2017年管理費ランキング

【大関】
パークコート山下公園ブランズ永田町になります。

先日の番付表で「クラシックモダンの頂点」としていたパークコート山下公園はやはりデザイン部門の金賞受賞物件で、山下公園至近、ホテルニューグランド隣接という立地ならではの外観及び共用部デザインが本当に素晴らしいものでした。
横浜市内では約16年ぶりとなる「パークコート」と言うことからも横綱にしようかどうか迷ったぐらい深く印象に残る物件だったのですが、流石にオーシャンビュー最前列ではありませんし、価格帯的にもかなり強気な印象がありましたので大関にしておきました。

一方、「忖度ならこれ」としたのはブランズ永田町で、究極のPP分離と言える「異なるエレベーターで異なる玄関」にアクセスするプランニングは脱帽ものでした。

それに加え管理費ランキングでワースト1となってしまうぐらいサービスの行き届いたホスピタリティあふれるコンセプトも採用しており、差別化という点でも群を抜いていた物件だったと思います。

この後はいよいよ横綱とマンションオブザイヤーとなります。あと少しで今年も終わってしまいますが、もう少しお付き合いいただけますと幸いです。



【本年も多くの皆様にご覧いただき励みになりました】2017年マンション番付完全版②【マンションオブザイヤー発表】 | topページへ戻る | 【4社も挙げちゃいます…】2017年デベロッパーオブザイヤー(デベロッパー部門)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る