【本年も多くの皆様にご覧いただき励みになりました】2017年マンション番付完全版②【マンションオブザイヤー発表】

本年最後の記事となります。あと数時間で今年も終わりとなるこんな時間までお付き合いいただいている方々、本当に有難うございます。

さて、今年の横綱ですが、3物件あります。
先日24日時点ではまだ迷っており、横綱・大関候補としてシークレットとしていた5物件中2物件を横綱、残りの3物件を大関とする予定でいたのですが、悩みに悩んだ結果、横綱が3物件となりました。

最上位の東の横綱が「マンションオブザイヤー」となるのは変わりませんが、ここ数年では最も悩んだ末のマンションオブザイヤーとなるでしょうか。

早速行ってみましょう。
2017年の輝かしいマンションオブザイヤーは…


















ザ・タワー横浜北仲です!

SnapCrab_NoName_2017-12-29_13-38-38_No-00.jpg

結果的には非常にありきたりなものとなってしまったかとは思うのですが、常々客観性を強く意識して書いているブログですのでやはり北仲タワーが妥当なのかなと。

今年は全体的に各賞受賞物件のレベルが高かったこともあり、北仲タワーは販売部門の受賞だけにとどまってはいるのですが、24日の番付表上で「値付け下手過ぎ?」としていたように価格設定がお粗末ではあったとはいえ、マンションが売れないこのご時世に一度に730戸(最高倍率38倍)を供給するのは尋常ではないことですし、タワーとしてはスーペリアフロアの間取りに物足りなさ(最大天井高2.45m、中住戸は開口部幅も短い。一方、ホワイエを設けたゆとりある玄関周りには見どころも…)があったことを除けば総合的に高いパフォーマンスを有していたように思います。

2017年販売部門

周囲には後発タワー計画もありますが、横浜市の地区計画により当エリアでは当物件だけが容積率930%(他は高くとも600%)、高さ200m(他は高くとも150m)となることが決まっていることからしてもマンションオブザイヤーに相応しい物件と言えると思っています。

近隣のみなとみらいエリアのレジデンスは高さ制限が厳しく高くとも31階建ですので、そういう意味でのインパクトもあります。

なお、惜しくもマンションオブザイヤーにはならなかったシティタワーズ東京ベイパークタワー晴海の2物件ですが、いずれも総戸数1,000戸を超える超大規模物件で、がっぷり四つのまさしく「番付」に相応しい戦いは非常に見所がありました。

シティタワーズ東京ベイは隣接する商業施設がどのようなものとなるのか未だ明らかになっていない状況ですので(ミッドタウンやららぽーとなどの多くの実績のある三井さんがやるのであればなんとなく想像はつきますが、商業施設としては少々の難しさもあるポジションですし、そういった実績に乏しい住友さんがやるとなると未知の部分が大きい)、これ以上の評価をするのが難しかったのですが、それ次第でマンションオブザイヤーとなるポテンシャルを秘めていた物件だと思います。

あまりに贅沢な共用施設を有する有明を代表するブリリア3兄弟とは異なり共用施設を絞ったセコさを感じずにはいられない造りは残念でしたが、間取り部門で銀賞となった原動力の全戸の完全アウトフレーム(+内廊下物件ながら行灯部屋はゼロ)は本当に素晴らしいものでしたし、ザ・タワー横浜北仲に匹敵するインパクトを与えてくれました。

2017年間取り部門

そしてこちらも惜しくもマンションオブザイヤーとはならなかったパークタワー晴海ですが、オリエンタルランドがデザインに関わったことで実現した1つの共同住宅とは思えない世界観はやはり高く評価されるべきもので、三井さんのタワマンらしい優れた三次元構造にも見所のある物件だったと思います。

こちらもシティタワーズ東京ベイも他の年であればマンションオブザイヤーになっていてもおかしくなかった印象で最後の最後まで悩んだ結果であることをご理解いただけますと幸いです。

さて…、今年も皆様とのお別れの時間が来てしまいました。

今年もモモレジワールドにお付き合いいただきまして本当に有難うございました。
とにもかくにも客観性を第一と考え、淡々と物件を取り上げ続けることをモットーとしておりますので、始めた当初は多くの方々に受け入れられるか不安に思っていたこともあったのですが、今では本当に多くの方々にご愛読いただいており、それが大きな大きな励みになっております。本当に有難いことです。

末筆ながら、今年、当ブログをご覧いただいた全ての方に深く感謝すると共に、皆さまのより一層のご健勝とご多幸をお祈り申し上げて今年を終わりたいと思います。

皆様、良いお年をお迎えください!

2 Comments

月島民  

毎日楽しみに拝読しております。今年で丸4年、スムログ含めて全ての記事を拝読しておりますので、私の頭には既にモモレジさんによる3,000件近い間取りの解説が叩き込まれていることになり(アルコールにより大部分が消滅している可能性が濃厚ですが汗、それでもやはり)間違いなくモモレジさんに洗脳されているものと思われます(笑)
今年は特に、スムログの名作マンション訪問シリーズに釘付けにされ、あらためてモモレジさんの引き出しの多さ?感性?のようなものに酔いしれました。
また、モモレジさんの知性的でありながら時にユーモアある文章からは、ドライな投資目線とともにレジデンスへの愛がヒシヒシと伝わってきますが、今年も変わらず毎日2件以上のペースでの更新を継続されてきたことは、本当に驚異的な事だなあと、年末になりあらためて感服しております。
長々となりましたが最後に、今年も本当にありがとうございました。来年もブログ、スムログ等楽しみにしておりますが、まずはご健康とご多幸を第一に過ごされますよう祈念しております。良いお年をお迎え下さい。

2017/12/31 (Sun) 20:09 | REPLY |   

モモレジ  

Re: タイトルなし

月島民様

明けましておめでとうございます。

年の瀬に今年も有難いお言葉をいただきまして本当に有難うございます。
ご連絡遅くなりまして申し訳ございません。

引き出しの多さ、感性、知性、ユーモアなど、現実世界ではなかなか言っていただく機会のない未熟者の私(笑)ですが、マンション愛と客観性の高い分析は誰にも負けないと思っていますので、今後も引き続き楽しんでいただけるよう精進していきたいと思います。

本当に有難うございます。

2018/01/05 (Fri) 18:48 | REPLY |   


Post a comment