top  >  【新築】千葉県  >  パークシティ柏の葉キャンパスサウスフロント【変える必要はないから直床?】3階70㎡4,158万円(坪単価196万円)

当サイト内検索    (累計2350棟5200室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2350棟5200室)



パークシティ柏の葉キャンパスサウスフロント【変える必要はないから直床?】3階70㎡4,158万円(坪単価196万円)
2018-01-02

続けて、パークシティ柏の葉キャンパスサウスフロント。

設計・施工は長谷工です、サウスレジデンスは二重床ですが、ユニバーサルレジデンスには直床が採用されているというかなり珍しいケースとなります。

前回の記事で言及したお隣162街区の29階建タワマンも長谷工の設計・施工となりますし、デュオセーヌ柏の葉キャンパスも含め柏の葉にも長谷工が大分増えてきましたね。

デザイン面は、三井物件でお馴染みの光井氏でこそありませんが、光井純&アソシエーツ設計事務所の村田氏が携わっているので、非常にパークシティらしいものとなっており当然ながら既存のパークシティとの調和を図った手堅い印象のあるものとなっています。
バルコニーに複数パターンのガラス手摺を用したことで外観に動きを生み出すことが出来ているのも〇ですね。

ちなみに、20階建でも物件によっては「タワー」と名付けられることもあるわけですが(タワーとなることの方が多いぐらいかな…)、1番街~3番街に生粋の高層タワマンがある以上、タワーと名付けるのは違和感があったということでしょう。
(まぁ、3番街こそ「ゲートタワー」となっていますが、1と2は1番街・2番街そのままの名称でそもそも「タワー」とはついていないわけですが…。)

当物件は板状の20階建で特にガラス面を意識させたデザインというわけでもないため、外観からも「タワマンらしさ」は感じづらいです。

なお、敷地北側には商業施設が予定されていますが詳細は未定となっており、共用部はエントランス横のオーナーズラウンジと小ぶりなセンターガーデンぐらいで総戸数176戸の物件にしては結構地味ですね。

ブライトサイトは総戸数78戸ながらサードプレイス的な存在のフレックスホールを設けるなどスケールのわりに頑張っている印象がありましたが、こちらはスケールからすると意外にも淡泊です…。

総戸数176戸ならパーティールーム(兼キッズルーム)ぐらいあっても良かった気がしますし、2層吹抜のエントランスが見たかったですね。
そういったものを求める方は162街区のタワマンまで待ってねってことかね…。

前回のパークシティ柏の葉キャンパスサウスフロント

公式ホームページ
IMG_0246[1]
お部屋はユニバーサルレジデンスの70㎡の3LDK、北東角住戸です。東側には道路の向かい側に29階建の後発タワマンが建設される予定ですが、敷地は東西に長いですし、三井さん自身が行うものなので、全戸東向きのユニバーサルレジデンスに全く日が当たらないと言ったようなものとなる可能性は限りなく低いでしょう。

間取りとしては、ちょうど70㎡ですので、全戸70㎡以上となったサウスレジデンスのプランの中では小ぶりなものとなりますが、ユニバーサルレジデンスの中ではむしろ大き目のものとなります。

サウスレジデンスのコンセプトは「ゆとりと開放感を楽しむ住まい」、ユニバーサルレジデンスのコンセプトは「ずっと愛せる住まい」となっており、近年の物件の中ではゆとりある面積を確保したサウスレジデンスとは異なり、ユニバーサルレジデンスは少々小ぶりなものが中心となっているようです。

「小ぶりなのにずっと愛せるの?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、ユニバーサルレジデンスは、メーターモジュールの廊下、全て引き戸となった扉、水回りに配慮した動線など、高齢者に配慮した細やかな設計となっており、「そのまま」でどんな世代にも受け入れられるものを目指したということのようです。

前述のように二重床が採用され、可変性もあるサウスレジデンスに対して、ユニバーサルレジデンスは直床なのが残念ではあるのですが、高齢者にも対応できるこのプランならば後々大規模リフォームなどを考える必要はないですよ、と言いたいのでしょう。

そんな引き戸だらけで回遊動線目白押しな興味深い当プランなのですが、最大の見所は玄関周りではないでしょうか。

サウスレジデンスの共用廊下側は普通に柱の食い込みが見られるのですが、こちらユニバーサルレジデンスの共用廊下は完全アウトフレームで、玄関前のゆとりが半端ないですね…。こんだけゆったりしていれば車椅子などもさぞ快適でしょう。
ちなみに当物件は玄関の上がり框を5mmに抑え、段差を限りなく小さなものとしています。徹底していますね。

坪単価は196万円。サウスレジデンスの低層階は南向きで南面条件(日照条件)良好であるにもかかわらず坪単価180万円台~となっています。コンセプトの違いをダシにやや理不尽とも言える単価設定になっているのは感心出来ませんが(確かにコストがよりかかっている部分もあるのでしょうが、直床ではコストダウン出来ているわけですし…)、ユニバーサルレジデンスの方が柱のアウトフレームなどにより効率性で優れているのでそういったあたりを加味しての設定でもあるのでしょう。
それにしても…な印象はありますが…。

設備仕様面は、基本的にブライトサイトと同様のようですね。ディスポーザーはありますが、食洗機はなく、水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものは見当たりません。
ブライトサイトも同様ですが、トイレ手洗いカウンターぐらいはあると嬉しかったですね。

管理費は197円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付ですので、まずまずの水準でしょうか。ただ、スケールで上回るにもかかわらずブライトサイトの175円/㎡よりも大分高く、全台平置のブライトサイトとは異なり駐車場が1台を除いた117台が機械式であることが少なからず影響してしまった形でしょうか。



オープンレジデンシア新中野【またまた中野のオプレジ、デザインに目新しさ】2階48㎡4,790万円(坪単価328万円) | topページへ戻る | パークシティ柏の葉キャンパスサウスフロント【14階建の14階ならばこのような単価にはならなかった???】14階86㎡5,848万円(坪単価226万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る