プレシス等々力緑地グリーンパークス【等々力緑地至近の好環境×39種類のプラン】4階72㎡5,990万円(坪単価274万円)

プレシス等々力緑地グリーンパークス。

武蔵中原駅徒歩12分の5階建総戸数85戸のレジデンスです。
一昨年より分譲中のプレシス等々力同様に等々力緑地や多摩川が近い豊かな自然環境に魅力を感じることのできる物件です。

こちらの方が武蔵中原駅から少しだけ距離がありますし、武蔵小杉駅からも遠くはなりますが、府中街道からしっかりと奥まった住宅街に位置していますし、5階建ながら総戸数85戸というスケール感にも魅力を感じることができる物件ではないでしょうか。

敷地面積2,500㎡超を有するこの界隈では珍しいスケールの物件で、プランも53~99㎡の39タイプと凄くプランが充実した物件でもあります。こういったエリアは田の字ベースの数種類しかプランが設けられていないことが少なくないので、この物件はかなり珍しいケースと言えます。

また、通学校の宮内小学校までほど近いポジションというのも子育てファミリーにとっては良い条件ではないでしょうか。

公式ホームページ
IMG_0285[1]
お部屋は72㎡の2LDK+S、南西角住戸です。敷地南側道路がカーブしている付近に位置するお部屋で西側には当物件の別の住戸がありますが、南側は戸建住宅ばかりのエリアとなりますので、日照だけでなく視界抜けも得られる恵まれたポジションとなります。

間取りとしては、そういったやや複雑なランドプランが採用された物件ゆえに「南西角住戸ながら玄関が西側」にあることが最大の特徴となるでしょう。

北側に玄関が設けられる一般的なケースと比べると廊下を短めに出来ていますし、プレシスの十八番とも言える壁式構造を採用した物件なので、専有面積から受ける印象以上の有効面積を確保出来たプランということになるでしょう。

LDの入口付近には実質的な廊下部分が大き目に混入している点に注意が必要ですが、収納がこの面積帯のお部屋としてはこれ以上ないぐらい充実していますし、壁式構造ならではのきれいな居室形状にも注目できるプランです。

洋室2の引き戸を開け放つと違和感のない広々とした空間が実現しますし、ワイドな南面スパンを活かした豊かな開口部にも注目できるプランですね。

プレシスシリーズは開口部に力を入れることは少ないですし、壁式構造ですので(壁で支える必要がある)、一般的なラーメン構造と比べ開口部を豊かにしづらい側面もあるはずですが、このプランはかなり開口部を豊かに出来ておりそれが大きな差別化要素になっていると思います。

特にLDは豊かな南面開口部が奥行のあるバルコニーに面しているので、畳数以上の開放感と広がりを感じることが出来るでしょう。
また、キッチン西側の窓は通風面でかなりの効果を発揮してくれそうですね。

坪単価は274万円。最上階でこそありませんが、この階でも十分な視界抜けが得られる好条件ということで物件内で上限に近い単価設定となっています。
1階だと230万円台となりますので、日照面が大差ないことを考えると少々大きな単価差にはなりますが、今後も視界抜けが保たれる可能性が高そうなポジションですし、このご時世なりのごくごく一般的な印象の値付けということにはなるでしょう。

先行するプレシス等々力よりも階建が出せていない分、同階水準で比べると強気な印象にはなりますが、間取り面の魅力を考えると数字ほどは高く感じません。

0 Comments



Post a comment