プレシス等々力緑地グリーンパークス【開口部に対する意識に変化???】2階64㎡4,290万円(坪単価223万円)

続けて、プレシス等々力緑地グリーンパークス。

設計は西尾建築設計、施工は今井産業で、どちらもプレシスシリーズでお馴染みの会社となります。

同エリアのプレシス武蔵新城プレシス等々力緑地もひと頃のプレシスシリーズに比べるとデザイン性に富んでいる印象がありましたが、ここもその流れを引き継いだなかなかにスタイリッシュなものとなっていますね。

当物件は総戸数85戸とプレシスシリーズとしては珍しいほどのスケール感を有していますし、要所要所に高さ・幅のあるFIXサッシを用いたことで外観的にもかなり迫力あるものとすることが出来ているのではないでしょうか。

プレシス葛西ルヴェールはサッシ高が不自然に低かったりして、なにやら勿体ない印象もありましたが、ここはスケール・デザイン共にこの界隈では目立つ物件となりそうですね。
立地的なインパクトではプレシス横濱山手パークフロントプレシス横濱紅葉坂などには及びませんがスケールでは上回っていますし、ちょっとしたプレシスの代表作となってもおかしくない物件です。

前回のプレシス等々力緑地グリーンパークス

公式ホームページ
IMG_0284[1]
お部屋は64㎡の2LDK+S、東向き中住戸です。東側も道路の向かいは2~3階建の低層住宅街となるので、低層階でも日照が得られる悪くないポジションとなります。

間取りとしては、60㎡台前半の実質3LDKということでかなり面積を絞った中小デベ物件らしい狭小感の強いタイプにはなりますが、こちらの棟も壁式構造により効率性を高めているので、面積から受ける印象以上の使い勝手のあるプランということになるでしょう。

洋室2は4.4畳と少々小さな感じではありますが、LDKの13.9畳は64㎡という面積帯からするとかなり大きく出来ている方ですし、収納も違和感のない水準を確保出来ているのが立派ですね。

ウォークインクローゼットは扉が開き戸でなく引き戸の方が使い勝手が良かったとは思いますが、あまり見ることのない横長のタイプで縦長で奥行のあるタイプに比べると大分収納力が高いと思います。

洗面所と浴室は専有面積なりの手狭感の強いものとなりますが、他の部分で「専有面積以上」と感じることが出来るプランなので致し方ないでしょう。

LDにはL字サッシが採用されており、やはり以前のプレシスシリーズとは異なり開口部に力を入れている様子が伺えますね。
先日ご紹介したプレシス相模原リベールもそのような印象がありましたし、今後は開口部にも力を入れた物件が増えてくるのでしょうか???
期待したいですね。

坪単価は223万円。日照時間の違いが影響し、南向きの低層階に比べると幾分かは安くはなっていますが、限界まで面積を絞ることでグロス価格を抑えた典型的なケースで、単価的にはそこまで目立つものにはなっていません。

ただ、総戸数85戸というプレシスシリーズでは出色な戸数を捌かなくてはならない物件であることも影響してか先行するプレシス等々力緑地と比べると幾分目に優しい水準となっているように思います。

設備仕様面は、総戸数85戸のそれなりの価格帯の物件ながらディスポーザーがないのは残念ですし、水回りの天然石天板仕様もありませんが、食洗機、トイレ手洗いカウンターはついています。
なお、プレシス等々力緑地は床暖房がないという少々意外、かつ、残念な仕様でしたが、こちらはついています(電気式)。

管理費は176円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしで総戸数85戸という適度なスケール感を有していることを考えると物足りなさがありますが、違和感のある水準ではないでしょう。

駐車場は34台で身障者用を含む3台が平置、残りの31台が機械式となります。

0 Comments



Post a comment