top  >  【新築】江東/台東/墨田  >  レーベン浅草AYAGINU【凝り過ぎとさえ思う外観とエントランス】38㎡3,795万円(坪単価331万円)

当サイト内検索    (累計2450棟5400室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2450棟5400室)



レーベン浅草AYAGINU【凝り過ぎとさえ思う外観とエントランス】38㎡3,795万円(坪単価331万円)
2018-01-24

続けて、レーベン浅草AYAGINU。

設計は設計室京、施工は川田工業です。
レーベン北千住フェリシスタワーと同じ組み合わせになりますね。

フェリシスタワーも墨堤通りから距離を設けた奥行あるホテルライクなエントランス周りに見所がありましたがこちらはそれ以上でしょう。

デザイン監修にはレーベン青砥LICELTに続きウイアンド・エフ・ヴィジョンが起用されており、やはりウイ・アンド・エフヴィジョンが携わりデザイン性の高かったディアナコート尾山台翠景と同等かそれ以上にインパクトのあるものとなっている印象です。

マリオンや3種類のバルコニー手摺を採用することで格子状のモノトーンラインをこれ以上ないぐらいに際立たせた外観も絶品ですが(西面だけでなく南面も凄い!)、それ以上にインパクトがあるのは西側エントランス周りの設えでしょう。

道路からしっかりとセットバックした位置にガラス面豊かなエントランス、その手前、両サイドには重厚感のある石積みと植栽が施され、非常に洗練された美しい空間が実現しています。

総戸数64戸とは言っても37~61㎡で構成された物件ですので、そこまでのスケールがあるわけではないですし、この価格帯(グロス帯)の物件でこのレベルのデザインパフォーマンスは立派という他ないでしょうね。

エントランス脇の植栽はクロマツやクスノキなど存在感のあるものを採用しており、よくある密度の高い配置とするのではなく、その1本1本が活きてくるような趣ある配置となっているのも非常に素晴らしいと思います。

木々の間に「空間」を設けたことで奥行や広がりを感じやすいものとなっていますし、エントランス周りのこの豊かな空間は物件スケールからは想像しにくい出色のものと言えます。
※ちなみに、当物件は昨年末から分譲されており、昨年のデザイン部門で【銅賞】としています。
2017年デザイン部門

前回のレーベン浅草AYAGINU

公式ホームページ
IMG_0237[1]
お部屋は38㎡の1LDK、西向き中住戸です。低層階なので視界抜けは得られませんが、低層階ゆえに眼下にそのエントランス周りの空間を望むことの出来るポジションとなります。建物自体が西側道路からしっかりとセットバックした位置に設計されているので、道路の向かいの前建までの距離がかなり確保出来ているというのも好材料でしょう。

間取りとしては、物件内では最も小ぶりなものとなります。
スパンのわりに開口部幅が地味なのは先ほどのプランと同様ですが、当物件内では柱の影響の少ないプランニングとなっているのは少なからず魅力となるでしょうか。

やはりバルコニー側の柱が中途半端に食い込んでいるのは玉に瑕ですが、1本の柱以外は隣戸側になっているので、全体として柱の影響は非常に少なくなっています。

そのため38㎡の1LDKにしてはLDKで10.4畳とそこそこの広さが確保出来ているのは良い材料なのですが、その一方であまりにも少ない収納は疑問でしょうね。

浴室も1216と小さくなっていますし、限られた専有面積の中で居室畳数を少しでも広く見せようとした結果、他の部分がかなり小さくなってしまったように見受けられます。

近年は30㎡台前半の1LDKも少なくありませんし、限られた面積の中で居室畳数を重視するというのも1つの有効な戦略と言えますし、そういった面を重視する方にとっては魅力となるはずですが、もう少しバランスを考慮してくれても良かった印象はあるでしょうね。

また、常々言っていることなので読者の方であればお分かりかと思いますが、玄関前に一切凹みのない設計が残念ですね。
コンパクト目のお部屋が多いとは言え、ワンルームマンションではないのですから、しっかりとアルコーブ的な空間を設けて欲しかったです。プライバシー面で難があるのももちろんですが、そもそもこのドア位置でドアを開いた場合、人の通行を妨げてしまいます…。

坪単価は331万円。かなり面積を絞ったタイプですので、面積帯のわりにはまずまず単価が抑えられている印象にはなるでしょうか。他プランよりも柱の影響が少ないですし、エントランス周りなどの共用面の魅力が大きな物件ですので、こういったコンパクト住戸の方が価格面の魅力が出やすいのではないでしょうか(コンパクトなお部屋はコンパクトな物件に多く、ここまで共用面に魅力があるケースは少ない)。

設備仕様面は、ディスポーザーや水回りの天然石天板仕様はありませんが、食洗機やお馴染みのたからの水、さらに最近のレーベンでは定番化している浴室テレビがついています。
ただ、価格帯を考えるとトイレ手洗いカウンターぐらいはあって欲しかったですし、浴室照明がダウンライトでなくブラケット照明なのも残念ですね。

管理費は269円/㎡。ディスポーザーはありませんが内廊下ですのでまずまずの水準と言って良いでしょう。

駐車場は全9台で身障者用を含む3台が平置、残りの6台が機械式となります。



ルネ北綾瀬【いずれは徒歩5分×ウゴクロ】6階78㎡5,498万円(坪単価234万円) | topページへ戻る | レーベン浅草AYAGINU【LDK16畳超×アイランドキッチン】61㎡6,201万円台(坪単価336万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る