ヴェレーナ浦和ザ・ハウス【秀逸な外観×豊かなプランニング×必見の最上階プラン】2階67㎡4,349万円(坪単価216万円)

続けて、ヴェレーナ浦和ザ・ハウス。

「ヴェレーナグラン」と「ヴェレーナ~ザ・ハウス」のブランドコンセプトが今一つ不明ではあるのですが、前回の記事で言及したように大和地所レジデンスの物件の中でもかなり工夫が凝らされた物件で、特にプラン面の魅力が高いですね。

敷地北側隣接地への日影規制に配慮した結果、最上階フロアだけ奥行が短く設計されているので、最上階住戸は全戸これ以上ないぐらいのワイドスパン設計となっているのが最大の特長ですが、1階住戸にはヴェレーナならではのオープンエアリビングプラン、さらに前回の記事で紹介したダイレクトコーナーサッシのある角住戸など、よくある田の字プランが中心となりがちなエリア内では特に貴重な属性の物件となります。

両サイド(角住戸)にダイレクトコーナーサッシを採用したことで外観的なインパクトも施すことが出来ていますし、最上階に設けられた軒裏が木目調になった大庇も外観デザイン上の大きなアクセントとなっています。

総戸数52戸とそこまでスケールがあるわけではありませんし、エントランス周りなどの共用部分のインパクトはヴェレーナグランシリーズには及ばない印象がありますが、デザイン面の総合力ではヴェレーナグランシリーズを勝るとも劣らない物件と言えるのではないでしょうか。

設計はオンズデコ、施工は森組です。
オンズデコの実績はブログ内検索で「オンズデコ」と入れていただくと一目瞭然のようにほぼほぼ一建設のプレシスシリーズで構成されており、当物件のライバルとなるプレシス浦和とも同じになるのですが、ヴェレーナ湘南江ノ島ヴェレーナグラン鎌倉大船などヴェレーナシリーズでの実績もいくつかありますね。

直床なのは残念ですが、ヴェレーナグラン横濱井土ヶ谷も直床だったので、グランでないから二重床でない(二重床でないからグランではない)ということではなさそうです。

前回のヴェレーナ浦和ザ・ハウス

公式ホームページ
IMG_0291[1]
お部屋は67㎡の3LDK、南東向き中住戸です。低層階なので視界抜けこそありませんが、南東は接道しているので前建との距離はしっかりと確保されており、日照的に申し分のないポジションとなります。

間取りとしては一般的な田の字プランでやはり共用廊下側の柱の食い込みと三角な出窓設計が微妙ではあるのですが、スパン目一杯に連窓サッシが採用されたバルコニー側は魅力あるものですね。
引き戸は完全に開け放てるタイプではありませんが、方立てが小さいのは良い材料です。

非常に大きな2WAYのビッグウォークインクローゼットを施しながらもLDを10畳確保しており専有面積なりにバランスがとれている印象のあるプランとなります。

なお、上で述べた最上階の中住戸はこんな風なものとなります。
IMG_0292[1]

完全アウトフレームの超ワイドスパンタイプというだけでも凄いのですが、玄関の正面方向に大きな窓が設けられているのが最大にして最強の特長と言えると思います。

このタイプの玄関ホールは玄関を開けた時のまばゆい光がたまらなく心地よく(「内廊下からの~」だと、さらなるインパクトがありますね)、70㎡台という一般的な面積帯でこのようなプランが設計されることはほぼありませんので、希少性という意味でも高い評価が出来ますね。

坪単価は上の低層階中住戸が216万円、最上階ワイドスパン中住戸が269万円となります。最上階中住戸はエリア的にはかなりの強気な設定ということにはなってくるのでしょうが、この単価でも納得できるであろう素敵なプランだと思います。

こういったタイプのお部屋に入ったことがある方はかなり限られているはずで、青田売りでこのプランの魅力を100%伝えるのは難しいとは思いますが…。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんが、この単価帯で水回り天板が天然石となっているのは魅力ですし、食洗機、ミストサウナもついています。トイレ手洗いカウンターは最上階住戸のみのようです。

管理費は196円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、総戸数52戸で200円/㎡未満ならば悪くない水準でしょう。

駐車場は全24台で機械式となります。

0 Comments



Post a comment