top  >  【新築】港/中央/千代田  >  ピアース赤坂【2LDKはリビング床までタイル貼】10階64㎡11,690万円(坪単価602万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



ピアース赤坂【2LDKはリビング床までタイル貼】10階64㎡11,690万円(坪単価602万円)
2018-03-16

ピアース赤坂。

赤坂駅徒歩3分(6~22時まで利用可能な7番出入口利用)、溜池山王駅、六本木1丁目駅及び乃木坂駅徒歩9分、六本木駅徒歩10分の14階建総戸数119戸(他店舗1戸)のマンションです。

プラウド赤坂の向かいとなるポジションで12階建のプラウド赤坂よりも背の高い物件となります。
※プラウド赤坂は竣工後数年で視界を塞がれるという憂き目に…。

当物件は20㎡台のスタジオタイプも少なくありませんが、広いものだと60㎡台まである総戸数119戸というそこそこのスケールのある物件で屏風のように広がった佇まいからもスケールを感じることの出来ますね。

平均専有面積は40㎡ほどになるはずで、平均専有面積60㎡ほどのマンションであったならば総戸数100戸超にはならないので特段秀でたスケールを有した物件ではないのですが、赤坂駅徒歩5分内の住居系用途地域の総戸数100戸以上の物件は1997年以降、当物件のみとなるとのことです。

そういったそこそこのスケール面や日照条件も悪くないポジションであることを考慮すると、70㎡以上のプランも施した「ディアナコート」が見たかったというのが本音なのですが(その方がプラウド赤坂も浮かばれるかもしれない…)、「タイミング的にピアースが適していた」ということになりそうですね。

ピアース銀座8丁目の記事でも言及したようにモリモトさんは昨年ピアースワイズクラブを発足し、都心部のコンパクトレジデンス市場に本格的に進出したのですが、その目玉となるのが立地・スケールを兼ね備えた当物件なのです。

ピアース南麻布やピアース銀座8丁目では起用されていなかったアーキサイトメビウスをデザインに起用していることからも当物件への力の入れようが伝わってくるというものですね。

公式ホームページ
IMG_1228[1]
お部屋は64㎡の2LDK、南角住戸です。北から南にクランクした稀有な敷地形状の物件なのですが、当プランは敷地南端に位置した三方角住戸の上層階ということで物件内では最も条件の良いポジションの1つと言えるでしょう。
日照はもちろんのこと、視界抜けもそこそこ得られるポジションですね。

間取りとしては、10~14階にのみ設けられたプランで要するに条件の良いポジションだからこそ設けられたプランということになります。

ピアース南麻布の2LDKはキッチンからLDにかかるあたりまでがタイルでしたが、こちらはリビング全体までがガッツリとマラッツィ社製のタイルになっており、一段と高級感がありますね(こちらの1LDKは南麻布の2LDKと同じあたりまでがタイルでLD全てではありません。また、1Kは廊下まで)。

ディアナコート都立大学の記事で言及したように100㎡超などのプレミアムなプランであれば、標準でリビング全体までが天然石貼・タイル貼などとなっているケースは何ら珍しくありませんが、二桁の面積のプランでこういった仕様がなされるというのは非常に稀なことでこんなことをやるのは今の時代においてはモリモトさんだけでしょうね。

ピアース南麻布同様に柱のアウトフレームはこのクラスの物件とは思えない雑なもので、20㎡台の1Kプランに合わせたかのような設計になっているのは残念な印象にはなってしまいますが、64㎡という近年の都心部2LDKにしてはゆとりある面積が確保されているので居室形状の悪さはそこまでは気にはならないかなぁ…。

LDKで16.3畳は大きいですし、収納もかなり充実させることが出来たプランです。

むしろ、それよりもLDの南西開口部の小ささ、と言うかLD全体の開口部の小ささが気になりますね。
キッチンからもバルコニーに出られるようになっているのは良い点ですが、なぜにLDの南西側開口部はこんなに小さいのでしょうか。

なお、玄関廊下はコンパクト目で効率性を意識しながらも玄関を微妙にクランクさせることでプライバシー面への配慮がなされているのも良い点でしょう。

坪単価は602万円。西側の角住戸は同階水準でも1割近く下の水準ですし、物件内でも条件の良い南の角住戸なりに物件内では上限に近いものとなっているようです。

こういった都心部の20㎡台が多く存在する物件は「20㎡台の低層階の単価」に比べ「40~60㎡台の上層階の単価(ワンルームマンション条例により、物件全体をワンルーム(1K)と出来ないので上層階のみに大き目のお部屋を設けるのが通例)」の方が同じかそれ以下になるのが近年のトレンドで、ピアース南麻布なんかもそのような傾向が強かったのですが、当物件は40~60㎡台のプランにもしっかりとした単価が付けられたやや珍しいケースになりますね。

ただ、モリモト(×アーキサイトメビウス)によるデザイン性に富んだ物件ですし、専有部内のデザイン性・グレード感も非常に高いものですので(特に2LDK)、このような値付けとなっているのもおかしなことではないでしょう。



ピアース赤坂【靴箱は…】2階26㎡4,060万円(坪単価500万円) | topページへ戻る | ルフォンリブレ蔵前コンセール【ヘリンボーンフローリング調タイル採用】3階38㎡3,698万円(坪単価323万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る