プラネスーペリア四番町【外濠を彷彿させる豊かな水盤】4階56㎡9,490万円(坪単価565万円)

続けて、プラネスーペリア四番町。

設計は日建ハウジングシステム、施工は鍛治田工務店となります。
前回の記事でも申し上げた通り大林組の施工ではないのですが、設計には日建ハウジングシステムが起用されており、立地・価格帯なりの高級感のあるデザインにも注目できる物件となっています。

二七通り沿いのエントランスには城を思わせる高さのある石垣が施されていますし、格子や煉瓦調のタイル使いにも注目出来ますが、最もインパクトを感じるのはエントランス脇に設けられた水盤でしょうね。

総戸数27戸というスケールの物件で水盤が設けられること自体レアなのですが、中でもこの物件はかなり大きなものを施しており、2層吹抜のエントランスホールから望む水盤(とその先の植栽)はかなり印象的なものとなるでしょう。

階段を上った先の2階部分にはラウンジも設けられており、小規模物件ながらしっかりと高価格帯を意識した造りになっていますね。

近いスケールのザ・パークハウス三番町テラスも同様の設計になっていましたし、あちらはさらに双方向エレベーターという特長もありましたが、いずれにしろマンション価格が高騰するこのご時世ならではの力を入れた設計ということになってくるでしょう。

前回のプラネスーペリア四番町

公式ホームページ
IMG_0589[1]
お部屋は56㎡の2LDK、北東西の三方角住戸です。北は二七通りで、人通り車通りがあり、向かいは15階建のプラウド九段南とお見合いになりますので、北側にこれだけ豊かなダイレクトサッシを設けているのはやや疑問ではあるのですが、これだけの窓があればレースカーテンを閉めたとしても採光は問題なさそうです。

間取りとしては、やはりダイレクトサッシを多用したことで柱の食い込みが目立ち、かつ、2LDKとしてはやや小ぶりな面積ということもあり、1室1室は最低限の広さという感じにはなりますが、2つのベッドルームの形状は上々で使い勝手は悪くなさそうです。

4畳のベッドルームの引き戸はもう少し大きく開け放てるタイプになっていると良かったのではないかと思いますけれども。

こちらは先ほどのプランとは異なりバルコニーに向かう浴室窓は設けられていませんが、LDの東側にはL字サッシが採用されており、100㎡超のプレミアムプランに限らずかなり開口部を意識した物件と言えるでしょうね。

坪単価は565万円。低層階は当然囲まれ感がありますし、プラウドとお見合いになることを考えてもやや強気な印象のある価格設定でしょうか。
前回の記事で言及したように、面積の大きなプレミアム住戸の単価を当初(土地の仕入れ時)の想定ほど伸ばせなかったことのシワ寄せが若干きているのかなと…。
面積帯は少々異なりますが、ザ・パークハウス三番町テラスどころかパークコート一番町の低層階よりもかなり高い水準となっています。

設備仕様面は、少戸数でもしっかりとディスポーザーがついていますし、食洗機、ミストサウナ、フィオレストーンの水回り天板、カップボード、天然石使いの浴室、LDビルトインエアコン(プレミアムプランは主寝室とキッチンにも)、天然石貼の廊下床・洗面床・トイレ床など、違和感のないものとなっています。

管理費は531円/㎡。小規模ながら内廊下、かつ、ディスポーザー付なので驚きはありませんが、2017年の管理費ランキングに当てはめるとワースト10にランクインしてしまう水準で500円/㎡を切るぐらいに出来ていると良かったでしょうね。水盤の影響も大きいのかな???

駐車場は5台のみで機械式となります。このクラスの物件としてはかなり少ないですが、100㎡超の3戸を除くと他は全て40~60㎡台ですので、大きなマイナス要素とはならないでしょう。

0 Comments



Post a comment