クリオラベルヴィ武蔵小杉グレイス【優雅過ぎるコルティーレとコレドール】2階33㎡3,393万円(坪単価345万円)

続けて、クリオラベルヴィ武蔵小杉グレイス。

設計は企画設計事務所オルト、施工は奈良建設、そしてデザイン監修にはウイ・アンドエフ・ヴィジョンが起用されています。

ウイ・アンドエフ・ヴィジョンは先日紹介したばかりのレーベン浅草アヤギヌでもかなりインパクトのある素敵なデザインを提供してくれていましたが、こちらも勝るとも劣らないものとなっています。

会社は同じでも担当デザイナーはまた別の方ですので、当然ちゃ当然なのですが、レーベン浅草とは全く異なるコンセプトを採用しており、こういった複数の引き出しがあることで今後はより一層様々な立地及びデベロッパーの物件で活躍してくれそうな気がしています。

さて、当物件はイタリアンデザインが採用されており、コルティーレ(中庭)とコレドール(回廊)が30~50㎡の総戸数32戸の物件とは思えないあまりに優雅な造りとなっています。

一昨年のクリオラベルヴィ武蔵小杉も「内側で魅せる」と書いたようにエントランス内はかなり凝ったデザインになっていて高級感がありましたが、こちらはデザイン云々もさることながらそのゆとりある空間設計に度肝を抜かれますね。

西側道路沿いのガラス張りのアプローチを入った先、数十メートルに渡りコレドールが続いており、その途中にコルティーレが存在しています。

公開空地などではないもののこれらはあくまで屋外の空間となりますが、このスケールの物件でこういった気持ちの良い豊かなアプローチが施されていることまずないですし、その先のガラス扉の先には通常のエントランスホール(屋内)がさらにあるのですから凄いですよね。

前回の記事でも書いたように当物件の敷地形状はかなり歪なL字形で囲まれ感も少々強いため、住戸配置が難しくなっており、そうであるがゆえにこういった特殊な共用部が実現出来たであろうことは否定しませんが、理由はさておいても非常に素晴らしい空間設計及びデザインと言えると思います。

好き嫌いの分かれそうなデザインではありますが、ヴェレーナのユーロデザインほどではないでしょうね。

ちなみに自転車置場は敷地の最も奥深い位置にあり、コレドールやコルティーレを介して道路に出ることになります。新しいわぁ…。

前回のクリオラベルヴィ武蔵小杉グレイス

公式ホームページ
IMG_0665[1]
お部屋は33㎡の1LK、北向き住戸になります。位置的には北西角住戸的な感じにはなるのですが、西側は当物件の階段がありますし、隣接敷地の建物の影響も強いため、開口部は施されていません。
北側は4階建の建物が多く、低層階でも凄く圧迫感があるわけではないのですが、東側と西側にも北側にせり出すような位置に建物が存在しているので、囲まれ感は強いですね。

間取りとしては、北東角住戸同様に面積をギリギリまで絞った形でこの物件のメインとなる「1LK」プランとなります。

クリオの明和地所さんはクリオラベルヴィ市ヶ谷クリオ横須賀中央で40㎡台の「2LKプラン」を設定しており、「LK」という独自(?)のプランニングを採用していますが、DKとどう違うのか未だに不明ですね(笑)。

普通このようなプランであれば1DKだと思うのですが、1LK。
そこはダイニングでなくリビングだから飯は食うなってことでしょうか(笑)。

近年よくある天板の大きなオープンキッチンが採用され、シンク前方のスペースがダイニングテーブルとして使えるのであれば分からなくはないですが…。

ツッコミはこれぐらいにしておいて、ベッドルームの引き戸が大きく開け放つことの出来るものとなっているのは良いですね。
やはりクリオシリーズにしては柱の食い込みがある気がしますし、専有部内のパイプスペースもやや気にはなりますが、柔軟性のあるプランとなっているのは好感が持てます。

また、収納はやはりかなり充実しています。共用部のデザインも含め女性を意識している部分が強いのでしょうね。この物件に限らず近年の30~40㎡台中心のマンションはどこもかしこも女性を強く意識したものが多くなっています。

坪単価は345万円。30㎡台前半というギリギリの水準まで面積を絞ったがゆえの単価水準であるのは間違いないでしょう。
元住吉側にはなりますが、武蔵小杉駅までの駅距離に大きな差のない一昨年のクリオラベルヴィ武蔵小杉の低層階の30㎡台は坪単価330万円弱からの設定でしたので、囲まれ感のあるポジションを考慮すると5%程度は値上がった計算になります。
魅力豊かな共用部でどこまでカバーできるかがポイントになるでしょう。

設備仕様面は、コンパクト、かつ、小規模ゆえに当然ディスポーザーはありませんが、食洗機、トイレ手洗いカウンターなど違和感のないものとなっています。
キッチン天板は人造タイプですが、水晶含有率の高いそこそこ見栄えのするものです。

管理費は386円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですのでなかなか強烈な水準になります。小規模物件ですので想定される範囲内ではあるのですが、350円/㎡以内に抑えることが出来ていると良かったでしょうね。

駐車場はありません。接道面の少ない敷地形状ですし、この立地条件・面積帯であればなくても問題ないでしょう。

0 Comments



Post a comment