ノブレス日吉ウエスト【最上階だけでも全戸ワイドスパンにするなどの工夫が欲しかった】7階71㎡6,180万円(坪単価289万円)

続けて、ノブレス日吉ウエスト。

設計・施工は長谷工で直床となりますが、ノブレスシリーズならではの免震が大きな特長となる物件です。

ちなみに、ここはノブレスシリーズでは初の長谷工施工となりますね。
ノブレス湘南藤沢センタースクエアなんかは14階建総戸数188戸ということで長谷工設計・施工におあつらえ向きな物件でしたが、東鉄工業他によるものでしたし…。

さて、その免震についてですが、これまでの幾度となく紹介しているノブレスシリーズの記事の多くで言及しているように、「このような7階建程度、かつ、支持層まで約23m程度の物件で免震構造を採用するメリットがどこまであるのか…」という思いは少なからずあるのですが、ある程度広範囲を見渡しても免震物件として思い当たるものはありませんし、「安心材料」としての差別化要素になるのは確かでしょう。

免震を採用しなかったら販売価格がいくらになったのかを知りたい気持ちはありますけれども(汗)。

デザイン面はナイスさんらしいレンガ調のもので近年のトレンドとは少々異なる独自路線のものとなりますので、好き嫌いが分かれるところではあるでしょう。

なお、エントランスは通り沿いの目立つ位置にありますので、2層吹抜のようなよりインパクトのあるものとしてくれていても良かったかもしれませんね。

また、空地率は約50%と言うことでそこそこ優秀ですが、空地の大半は平置駐車場と自転車置場となっているので、植栽などは今一つですね。
駐車場は37台と多くはありませんが、駅徒歩2分の物件ですし全台平置という点も1つの特長となるでしょう。

前回のノブレス日吉ウエスト

公式ホームページ
IMG_0772[1]
お部屋は70㎡超の3LDK、南西向き中住戸です。南西方向は戸建住宅街が広がっているので、この最上階住戸は日照だけでなく視界抜けも良好です。

間取りとしては、他デベの物件であればいたって普通なのですが、ナイスさんの物件であることを考えると前回の記事でも書いたように「意外なほど大きい」という印象になります。

共用廊下側の柱が微塵もアウトフレームされていないあたりが残念ではあるのですが、メーターボックスなどで共用廊下側に凹凸を設けたことで、玄関前にアルコーブ的な空間を多少なりとも設けることが出来ているのは悪くないでしょう。

一般的な田の字ベースの横長リビングプランなので多く語るほどのことはないのですが、特徴の1つとして洋室3が廊下からもリビング側からも入れるようになっている点が挙げられます。

こういった位置に3番目の居室が設計されている物件は山ほどありますが、廊下側にドアが施されているものはかなり少ないですね。

坪単価は289万円。低層階より1割弱高くなる水準で単価以上にグロスの嵩みが気になりますね。最上階とは言え大きな特長のない田の字ベースの中住戸が6,000万円超とは…。
このような価格帯にするのであれば、最上階住戸だけでも全戸ワイドスパンプランとするなどの工夫があると良かったかもしれません。

駅距離は大きく異なりますが、東横線徒歩圏のプラウド綱島SSTクリオ横濱綱島などと近い単価水準となっており、免震であることを加味しても少々強気な印象があるでしょうか。

ちなみに、グリーンライン沿いでは同じ駅徒歩2分でイニシア港北ニュータウンが分譲中ですが、ここよりも1割程度お安い単価設定となっています。

設備仕様面は、水回りの天然石天板仕様どころかトイレ手洗いカウンターさえもないのは残念ですが、総戸数92戸というスケールを活かしディスポーザーを搭載することが出来ていますし、食洗機、ミストサウナはついています。また、バルコニーにスロップシンクが施されている点も魅力の1つとなるでしょう。

管理費は150円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付ですのでリーズナブルな水準と言えるでしょう。スケールメリットが効いていると感じる水準です。
駐車場が全台平置と出来ているのも大きいでしょうね。

0 Comments



Post a comment