リビオレゾン渋谷笹塚【物件スケール以上と感じる豊かなエントランス】1階35㎡3,598万円(坪単価336万円)

続けて、リビオレゾン渋谷笹塚。

設計は三輪設計、施工はアイサワ工業です。隣接するリビオ笹塚と同じ組み合わせですね。

総戸数はリビオ笹塚よりも多いですが、当物件は30㎡台のコンパクトタイプが最も多くなっており、スケール的にはかなり小ぶりな類の物件となりますね。

ただ、敷地は南西角地に位置しており、その南西頂点部をエントランスとしたことで広がりを感じることのできる空間設計となっているのは大きく評価できる点でしょう。スケール以上のものであるのは間違いありません。

コーナー部分に施された植栽もいい感じですし、エントランスに向かって緩やかな坂(上傾斜)になっているあたりもエントランスとしての価値を高めているように思います。

外観デザインにも縦のラインを意識させるべくシックな色味のタイル素材を採用するなどの工夫がありますし、随所にセンスの良さを感じる物件ですね。

前回のリビオレゾン渋谷笹塚

公式ホームページ
IMG_0784[1]
お部屋は35㎡の1LDK、西向き中住戸です。1階住戸にはなりますが、西側道路の手前には当物件の自転車置場が設計されているので、道路の影響は皆無で自転車置場との間にも植栽が施されています。

間取りとしては物件内で最も小ぶりなもので物件の大半を占める西向き中住戸は多少のプランの違いこそあれ全てこの大きさとなります。

近年都心部では30㎡台前半の1LDKが設計されることも少なくありませんので、そういったものと比べれば多少大き目にはなりますが、LDKで10畳確保するには至っていませんし、洋室は3.3畳と面積なりの狭小感の強い1LDKタイプとなります。

ただ、先ほどのプラン同様に面積帯からするとかなり収納を重視した設計で、玄関のあまりにも巨大なシューズインクロークには少々驚かされますね。

また、先ほどのプランとは異なりバルコニー側の柱がしっかりとアウトフレーム化出来たことで方立てを小さめとすることが出来ており、洋室の引き戸を開くと違和感なく大きなスタジオタイプとして利用することが可能となるのも好材料でしょう。

パイプスペースとの関係上、連窓サッシが採用出来ていないのは残念ですけれどもね。

坪単価は336万円。コンパクトプランらしい単価帯となっていますが、1階住戸ということでこれでも物件内ではかなり抑えられている方になります。
上層階は400万円近い水準ということでかなり上下階の単価差が大きな設定となっていますね。

設備仕様面は、少戸数、かつ、コンパクトプラン中心の物件のため、ディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様などもありません。
食洗機さえもないのは残念でなりませんが、トイレ手洗いカウンターや浴室のフラットラインLED照明などは施されています。

管理費は301円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、ファミリータイプ換算では総戸数30戸程度の物件と同等のスケールしかないのでこのぐらいの水準になってしまうのも致し方ないところでしょうか。
消費税の差はあるでしょうが、リビオ笹塚は分譲時に245円/㎡でしたので、もう少し安く出来ていてもおかしくなかった気がしますが…。

駐車場は身障者用を含む全3台で全て平置となります。

0 Comments



Post a comment