プレシス鎌倉材木座【約13年ぶりの材木座】4階111㎡11,980万円(坪単価358万円)

プレシス鎌倉材木座。

鎌倉駅徒歩13分の4階建総戸数19戸のマンションです。
鎌倉駅の他に江ノ電の和田塚駅が徒歩9分で利用できるポジションになります。

鎌倉駅から海側に同じ徒歩分数となるウエリス鎌倉由比ヶ浜の販売がかなり長期化し、つい最近ようやく完売したという状況にはなりますが、こちらは約13年ぶりの材木座アドレスの物件とのことで、ここ数年の間にウエリスの他にもライオンズ鎌倉由比ヶ浜レジデンスザ・パークハウス鎌倉若宮大路などの供給が行われていた由比ヶ浜アドレスよりもさらに希少性の高いポジションになってくると思います。

由比ヶ浜側は観光客も多く比較的賑やかですが、こちらは戸建住宅ばかりでお店などもほとんどありませんので、本当に落ち着いた趣のあるエリアとなりますね。

買物利便性は高いとは言えませんし、外部の方からすると由比ヶ浜の方が知名度が高いのかもしれませんが、材木座海岸までは徒歩5分ほどで行くことが出来ますし、鎌倉界隈が地元の方にとっては一目置けるポジションの物件ではないでしょうか。

公式ホームページ
IMG_0935[1]
お部屋は110㎡超の3LDK、南角住戸です。周囲は戸建ばかりですのでこの最上階住戸からは日照だけでなく視界抜けも得ることが出来ます。最上階と言っても4階ですので、眼下にパノラマビューが広がる感じではありませんが、このポジションならば海も望めそうですね。

間取りとしては、そのような恵まれたポジションだけあって100㎡どころか110㎡超というかなりゆとりある面積が確保されています。

鎌倉界隈もマンション価格高騰により狭小化の波が押し寄せてはきているものの、それでも未だに平均専有面積が80㎡近い物件が多くなっており、当物件も狭小プランで知られるプレシスシリーズにしては大き目のものが多くなっていますね。

このプランは最上階のプレミアム住戸的な位置づけゆえに突出した大きさになっていますが、これ以外も70~80㎡台が中心になっており、その材木座という土地柄も影響し、全体的にそこそこの広さを確保したプランで構成された物件になります。

さてこちらのプランですが、柱位置を確認いただければ分かるように、70㎡程度のプランを西側に拡張した類のものとなります。

田の字プラン中心のマンションの上層階住戸によくみられるタイプのもので、柱の食い込みが目立つプランとなっていることも少なくないのですが、当プランはバルコニー側も共用廊下側も柱をアウトフレーム化しているため、柱の食い込みは細い中間柱の1本だけと言う優秀なものです。

一建設さんはこういった低層建の物件においては壁式構造を採用することが少なくなく、柱の凹凸が生じない壁式構造を採用していないのは少々意外ではあったのですが、このプランに限らず当物件は柱のアウトフレームをしっかりしており、壁式構造ではおそらく難しかったであろう豊かな開口部を実現出来ている点も評価できるところでしょう(壁式構造はその名の通り壁で支えるため、一般的なラーメン構造よりも開口部が小さくなりがちです)。

先日のザ・パークハウス東陽町翠賓閣の記事でも書いたばかりですが、南に面した位置にルーバルが施されるケースは多くありませんし、プレミアムプランだけのことはある希少性を感じることのできるものですね。

居室配置的には田の字感のあるものですし、この広さのプランながら玄関廊下がほぼほぼ一直線なのはちょっと残念ではあるのですが、玄関側にはしっかりした幅のあるホールが設計されていますし、2WAYの洗面室、アイランドタイプのキッチンなど、このような面積帯なりと感じる水回りの設計にも見所のあるプランですね。

また、収納が非常に充実しているあたりにも好感が持てます。

坪単価は358万円。ウエリス鎌倉由比ヶ浜は平均坪単価約330万円という近年のマンション価格高騰をしっかりと折り込んでしまっていた水準だったがゆえに前述のように販売が長期化し、完成後は値引き販売を強いられることとなりました。

そういう意味では当住戸の単価も強気な部類にはなるのでしょうが、最も条件の良いプレミアムプランなりの単価であるのは確かで物件全体の平均は300万円を少し超えるぐらいの水準となりますので、ウエリスの不振をそれなりには考慮した値付けと言えるでしょうね。

0 Comments



Post a comment